記事

社会を変えるチームは今年も生まれるのか?──第2期「次世代リーダー フューチャーセッション」

1/3
画像を見る

2月14日、ベストチーム・オブ・ザ・イヤー実行委員会が主催する「社会を変えるチームを創造する」フューチャーセッションの第2期が、いよいよスタートしました。

フューチャーセッションとは、これからの社会を変えたいという熱い想いを持つメンバーが集まって、「社会にインパクトを与え、日本を変える」チームを作る全4回のワークショップ。同じ課題に対して一緒になってアイデアを出し、関係性(=チーム)をつくり、それぞれができることからアクションを起こし、未来へのプロジェクトを創っていきます。

昨年度の第1期からは7つのチームが生まれ、そのうちの1つのチーム「エリアル」「移住フェス」というイベントを開催し、テレビなど多くのメディアでも取り上げられ、反響をよびました。 テレビに特集が組まれた際のVTRが会場に流れると、このワークショップから生まれたチームがここまで成長する可能性を秘めているんだ、と興奮冷めやらぬ様子に。

今期は30名を超える男女が集合。第1期に続き、社会を変える活動の創造を目指し、セッション終了時には「思っていたことが実現しそうでワクワクする」「こんなに数時間も自分のしたいことを話したことはなく興奮した」といった感想も。では、さっそく第1回目の様子をご紹介しましょう。

「全員でONE TEAMを目指す!」―――ファシリテーターの主旨説明でスタート

リンク先を見る 今回ファシリテーターを担当する株式会社フューチャーセッションズの上井雄太さん

「今回は、スポーツ/アート/フード/ローカルの4つのテーマに共感した方々に集まってもらいました。日本を明るくしましょう!社会を変えていきましょう!」という上井さんの熱い言葉からスタートしました。

第1回目の目的は、「社会を変えるチームを創造するための土壌をつくる」こと。
「そのために対話のプログラムを通して、まず、今日集まったみんなが“ONE TEAM”という関係性をつくります。そして、社会を変えるチームとはどんなものかを深く理解し、最後にひとりひとりがやりたいことを明確にしていきます」

今日の流れに真剣な表情で耳を傾ける様子から、参加者の緊張感やワクワク感が伝わってきます。

各テーマですでに知見を持つサポーターも会に参加

参加者相互の自己紹介タイムが終わり、喋ったり動いたりすることでジワジワと緊張がほぐれてきた会場。そのまま、サポーターの紹介タイムになりました。

今期は4つのテーマごとに、すでにその分野で活躍されている5名の方を迎え、チームづくりのサポートをしていただきます。第1回は3名のサポーターが参加されました。

「スポーツ」村松邦子さん/Jリーグ理事・ウェルネス・システム研究所代表

リンク先を見る

「人と組織を健康にするというテーマで活動や支援をしています。日本は“体育”や“運動”というと、ツラいとか苦手という先入観があると思います。本来、スポーツは遊びで、楽しいものなのに、それがなかなか伝わっていない。“スポーツは楽しい”ということが伝わると社会は元気になるし、豊かになると思っています。ぜひ、スポーツを通して、みなさんの活動を“つなぐ”というお手伝いをしたいと思っています」

「スポーツ」岡田真理さん/NPO法人ベースボールレジェンド・ファウンデーション代表

リンク先を見る

「もともと野球が好きでした。スポーツライターとしてニューヨークで取材した際、スポーツにおける社会貢献活動が充実していることに驚きました。日本と大きく違うと思ったのは、支援先が野球という枠にとらわれず、本当に困っている人たちだということでした。そして、チャリティだと忘れてしまうぐらい楽しいことでした。ぜひ日本でも、そういったスポーツの楽しさを生かした活動をやっていきたいと思っています」

「ローカル」栗生はるかさん/文京建築会ユース代表

リンク先を見る

「見落としがちな地域の魅力を再発見する、地域愛を育むといった活動をしています。たとえば、銭湯。実は全国で毎日1軒ずつ廃業しています。でも、高齢者の方々は家にお風呂があっても銭湯にやってきます。地域のサロンとして、なくてはならない存在になっている。このように地域に残しておきたいものを共有しておくことが大事だと考えています」

あわせて読みたい

「起業」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  2. 2

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  3. 3

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  4. 4

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  5. 5

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  6. 6

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  7. 7

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  8. 8

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  9. 9

    第4波から何も学ばなかった政府 リーダーは意思とメッセージを明確にせよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月31日 08:55

  10. 10

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。