記事

地方議会の「土日・夜間開催」 ~日本のど真ん中の千代田区から実現できないか

原英史・株式会社政策工房 代表取締役社長】

地方議会はこのままでよいのでしょうか?

昨年は、号泣議員やセクハラ野次問題など、地方議員の質が問われる事案が続きました。「あまりに低レベル」と感じられた方が多いことでしょう。しかし、そんな議員たちを選んだのは、私たち有権者です。ただ、「ダメだ」と言っているだけでは、問題は解決しません。

4月の統一地方選挙が近づく中で、どうしたらよいのか、改めて考えるべきではないでしょうか。

2月26日、「地方議会を変える国民会議」という団体を、筆者も参画し、立ち上げました。

26日夕方に半蔵門で行なわれたキックオフ会合には、堺屋太一氏(作家、元経済企画庁長官)、屋山太郎氏(政治評論家)、佐々木信夫氏(中央大学教授)、岸博幸氏(慶應義塾大学教授)、藤原里華氏(プロテニスプレーヤー)らが参加。また、ビデオメッセージを寄せた竹中平蔵氏(慶應義塾大学教授、元総務大臣)ほか、20人を超える発起人が名を連ねました。

ポイントは、結論から先にいえば、地方議会の「土日・夜間開催」です。

欧米各国の地方議会は、「土日・夜間開催」で、普通の人が仕事をもったまま議員になることが当たり前です。一方、日本の場合は、「議員=特殊な仕事」です。議員になるといったら、勤めていた会社は退職し、すべてをなげうって立候補することが一般的です。これは決して世界標準ではありません。そして、「議員=特殊な仕事」となっているが故に、議員になる人材の幅がごく限られ、多様性や質を損なっているのではないか、ということです。

こうした問題提起は、かなり以前からなされています。例えば、政府の地方制度調査会(総理大臣の諮問機関)では、2005年に、「休日、夜間等に議会を開催」「勤労者が議員に立候補でき、また、議員として活動できるような環境の整備」を進めるべきとの答申が出されました。しかし、10年経っても、何も進んでいません。

「議会は平日昼間にやらないといけない」と法律で決まっているわけでも何でもありません。それぞれの議会で、「土日・夜間開催」と決めればできることです。しかし、現実の地方議会では、これがなかなかできないのです。

できない理由は、地方議員の現状をみればわかります。

「地方議会を変える国民会議」の資料で、現状を整理していますが、簡単にご紹介しておきましょう(資料は以下のサイトでご覧いただくことができます)。

日本の地方議員は、総数34,879人(都道府県:2,739人、市・特別区:20,425人、町村:11,715人)です。議員たちに報酬などの形で支払っている総額は、試算してみると、2,690億円(報酬、期末手当、政務活動費、費用弁償・諸経費の合計)に達します。例えば、ゲームソフトや携帯電話向けゲームの市場規模は0.2~3兆円ですから(経済産業省ホームページより)、これに匹敵する、かなりの規模の“産業”なわけです。

また、一人あたりの報酬等の合計額(年額)は、試算によれば、都道府県:2,026万円、市・特別区:833万円、町村:370万円です。これは、多くの国の地方議会と比べると、かなり突出しています。例えば、イギリスの地方議会は一人あたり支払が73万円、ドイツは50万円程度、フランスの基礎自治体はほぼ無報酬です。アメリカも、100万人以上の都市を除けば、交通費や日当程度(50万円程度)とされています。(いずれも佐々木信夫『地方議員』PHP新書より。)もちろん、こんな金額で生活はできませんから、ふつうの仕事をもったまま議員を務めることが当たり前なのです。

世界的に異常な金額を支払っていても、金額に見合う成果があがっているならば、まだよいでしょう。現実はどうでしょうか? 

議会の平均会期日数をみると、都道府県:98日、市・特別区:85日、町村:44日です。キックオフ会合で佐々木教授も指摘されていましたが、一日当たりこれだけの金額を稼げる人は、日本にそう多くいません。

もちろん、仕事の成果は、日数がすべてではありません。そこで、実質的な活動ぶりはどうかというと、

・議員提案の政策条例が一つもない「無提案」議会が91%
・首長が提出した議案を全く修正・否決していない「丸のみ」議会が50%、
(2011年朝日新聞アンケートによる)
などといった状態です。つまり、到底機能を果たしているとはいえない議会が大半なのです。

一方で、90日程度とはいえ、これが平日昼間に開催されますから、ふつうの仕事をもった人の兼職は難しくなります。「議員専業」が多くを占めるわけです。

この結果、日本では、地方議員になることは、多くの場合は仕事をやめ、高いリスクを背負って、「政治」という特別な世界に飛び込むことを意味します。これは、ほとんどの人にとって、およそとりえない人生の選択肢です。「議員=特殊な人」になってしまうわけです。

もし、多くの国でなされているように、地方議会は「土日・夜間開催」にし、ふつうの仕事のある人が地域貢献の一環として(いわばPTA活動や地域活動などのように)、ふつうに務めることが当たり前になったら、どうでしょうか。もっと多様な知識・経験・能力のある人材が参画し、議会の機能を高めることができるのでないでしょうか。

一方で、ふつうの仕事のある人が兼務するならば、報酬等の額はずっと少なくてよいのでないでしょうか。

これが私たちの問題提起です。(提案の詳細は、前記のウェブサイトをご覧ください。)

議論しているだけでは、10年経っても進みません。どこかでまず、具体的に実現してみることが必要です。

そこで、私たちは、まず日本のど真ん中の千代田区で、区議会の「土日・夜間開催」を実現することを提案しています。

千代田区には、永田町・霞が関・丸の内・大手町はじめ、日本の政治・経済・文化の中心がすべて集まっています。こうした特別な場所だからこそ、先端的な変革を実現できる可能性が十分あります。そして、キックオフ会合で岸教授も強調したように、こうした特別な場所だからこそ、その効果と意義も極めて大きいと考えられます。これまでならば決して議員にはならなかったような人たちが、「土日・夜間開催」を前提に参画することで、議会と地方行政を大きく転換できるはずです。

「地方議会を変える国民会議」は、特定の政党や党派に与するものではありません。政党・党派を超えて、問題意識を共有できる方々とともに、「土日・夜間開催」を実現したいと考えています。当面は、

・これまでならば決して議員にならなかったような人たちに、議員兼務という可能性の検討を呼びかける
・企業の経営者などに、自社の役職員の議員兼務を認める(さらには、地域貢献の一環として奨励する)よう呼びかける
・現職の地方議員を含め、できるだけ多くの方々との意見交換の場を設ける

といったことを進めていくつもりです。

ぜひ、一人でも多くの方々に、この運動にご賛同・ご参画いただければ幸いです。

あわせて読みたい

「市議会」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    「ここまでのコロナ対策が失敗だったと認めた方がよいのではないか」杉尾秀哉議員

    立憲民主党

    07月29日 19:13

  3. 3

    コロナ感染急拡大で日本医師会が緊急声明、全国への宣言検討を

    ロイター

    07月29日 20:40

  4. 4

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

  5. 5

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  6. 6

    菅首相 SNSでメダリストを祝福も感染爆発には“取材拒否”「総理辞めて」の大合唱

    女性自身

    07月29日 14:00

  7. 7

    太陽光発電を推進することは、国家安全保障上危険

    赤池 まさあき

    07月29日 10:12

  8. 8

    部下に怖いと思われるのは、「等身大の自分」を分かち合えていないから

    サイボウズ式

    07月29日 17:00

  9. 9

    高校に通わなかった東大名物教授の独学勉強法 本や教科書は疑って読むクセ

    宇佐美典也

    07月29日 12:00

  10. 10

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。