記事

岡田民主党代表は下村大臣の献金疑惑を天佑と心得えよ

下村文科相の献金疑惑はあらたな事実が次々と明るみになり、それを否定する下村大臣のウソも、次々とばれている。

きょう発売の週刊フライデーの記事一つを見ても、このまま下村大臣が大臣としてとどまる資格はないと国民は思うはずだ。

民主党も下村疑惑だけは他の大臣の疑惑とは別格だとして、追及を止めないといっているらしい。

ならば下村大臣の首を取らなければいけない。

そして、それはそのまま安倍政権の崩壊につながる。

西村農水大臣の時、私は書いた。

ここで西村大臣の首を取る事が出来なければ民主党は終わると。

安倍・菅コンビは先手を打ってあっさり西村大臣を更迭した。

しかし下村大臣は更迭しない、できない。

なぜならば西村大臣と違って下村大臣は側近中の側近だ。

下村大臣を更迭することは自らを更迭することになる。

だからこそ安倍・菅コンビは絶対にそれをしない。

だからこそ民主党は下村疑惑の追及を緩めてはいけないのだ。

勝ち目はある。

文部官僚が反旗をひるがえしているからだ。

文科省の官僚だけではない。

安倍・菅政権の暴走に、政府部内で静かな反乱が起きつつある。

献金疑惑だけではない。

安倍・菅政権の暴政に、政府内外の良識派が、さすがにこれではいけないと思い始めているのだ。

国民は後に続くだろう。

このチャンスを見逃してはいけない。

このままでは死んでも死にきれないと言って民主党代表になった岡田克也は、この降って湧いた千載一遇のチャンスを活かすのだ。

安倍首相と刺し違えることにこそ、民主党代表になった唯一、最大の天命であるといまこそ岡田代表は気づくべきである(了)

あわせて読みたい

「下村博文」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。