記事

トヨタ新体制は何を意味するか

1/2

トヨタ自動車が役員体制を大幅に刷新します。 これは、社長の豊田章男さんが販売台数1000万体制下の “新生トヨタ”の人事の姿そのものといっていいでしょう。 章男体制は、幾つかの試練を経て、この6月で7年目に入ります。 その大ナタぶりは、いまや驚くべき“腕力”といっていいでしょうね。

新体制のポイント、すなわち大ナタは、大きく二つあると思います。 一つは、副社長に初めて外国人を登用することです。 初の外国人副社長に昇格するのは、専務役員のディディエ・ルロワさんで、 トヨタ開闢以来、初めて外国人が副社長ポストを占拠することになります。

トヨタは2015年3月期の連結営業利益が前期比17.8%増の 2兆7000億円になると発表しました。 このまま円安が進むと、営業利益は3兆円に達するのではないか といわれています。 いまや、押しも押されぬ世界一の自動車メーカーです。

その意味で、外国人のボードへの起用は、グローバルな視点を取り込み、 世界一の自動車メーカーに見合った経営体制をつくっていくうえで必然です。

また、世界一の自動車メーカーになれば、内外から厳しい目が 向けられることを覚悟しなければいけません。 女性役員を初めて常務役員として登用するのは、 これまた当然といえるでしょうね。 米国で長く広報を務めてきたジュリー・ハンプさんがそうで、 4月から東京に常駐します。

いま、「必然」「当然」と書きましたが、いずれも、 章男さんが世界の目を強く意識している結果にほかなりませんね。 外国人の役員の登用は、とかく内向きになりがちな トヨタの企業文化に新風を吹き込むことでしょうね。

あわせて読みたい

「トヨタ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    石破氏 コロナ報道に強い違和感

    石破茂

  2. 2

    雇用保険を否定? 厚労省の暴言

    田中龍作

  3. 3

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  4. 4

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  5. 5

    京都市財政難 寺社の協力不可欠

    川北英隆

  6. 6

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  7. 7

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  8. 8

    伊藤忠変えた利益追求のカリスマ

    ヒロ

  9. 9

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    石田純一のYouTubeに低評価殺到

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。