記事

川崎市の中学1年生殺害事件の動機「逆恨み」は、職場のパワハラにも通じる話だ - 榊 裕葵

川崎市で中学1年の男子生徒が殺害された事件が大きな注目を集めている。

■動機は「逆恨み」だった

報道によると、主犯とされている18歳の少年の犯行の動機は、男子生徒が顔を腫らしていることに気付いた部活の先輩らが、事件の8日前に、18歳の少年の自宅を訪れ謝罪を要求し、この出来事を「チクリやがったから、むかついた」と、逆恨みして犯行に及んだということだ。

この「逆恨み」という言葉が、私にはとても重く響いた。

■職場における「逆恨み」のきっかけ

というのも、社会保険労務士として仕事をしていると、個人の方から「会社が残業代を払ってくれない」とか「社長からパワハラを受けた」というような相談をいただくことがあるのだが、このようなトラブルの解決を図ろうとすると、しばしば今回の事件と同じ「逆恨み」の構図に直面するからだ。

会社が残業代を払わなかったり、有給休暇を取得させてくれないといったような労働基準法違反がある場合、教科書的には労働基準監督署(以下「労基署」という)に申告をすればよいということになっている。

たとえば残業代不払いの事案であれば、タイムカードと給与明細のコピーを持っていけば、残業したのに残業代が払われていないという明確な証拠になるので、労働基準監督官は会社に対して指導や、場合によっては立入り検査を行ったりする。

そして、検査の結果、残業代不払いの事実が確認されたならば、労働基準監督官は「指導書」を発行する。

この指導書を無視すると、労働基準監督官は司法警察官としての権限を持っており、最終的には逮捕までされる可能性があるので、会社は「指導書」に対する是正として、残業代を支払わざるを得なくなるのが一般的な流れだ。

■犯人探しと仕返し

だが、これで「めでたしめでたし」になるわけではない。

その後、会社で何が起こるかというと、労基署に申告を行った「犯人探し」である。

小さな会社であれば、「犯人」の特定は難しくないであろう。

犯人として特定された社員は、「無視をされる」「仕事を与えられない」「慣れない仕事に職務変更させられる」といったような冷遇を受けることが少なくない。暴力的な社長であればパワハラがエスカレートするかもしれない。

社員が「仕返しをされた」と再び労基署に申告をしても、よほどあからさまでない限り、「無視」のようないじめは立証が難しいし、職務変更にしても「ちょうどジョブローテーションの時期だった」と言われればそれまでである。

結局のところ、在職のまま会社を労基署に訴えたとしたら、実務上は、社員が自分自身の首を絞める結末になる可能性が高いというのが私の実務感覚だ。

■退職するのが最良の方法だ

したがって、私は、労基署に訴えなければおさまりがつかないような会社だったら、退職することが最善の方法であると考えており、相談者の方にそうアドバイスをすることも少なくない。「君子危うきところに近づかず」である。

順法意識のある会社であれば、そもそも残業代の不払いは起きないし、仮に計算ミスや法律の解釈の勘違いで一部の残業代が未払いになっていたとしても、社員からの指摘があればすぐに是正してくれるであろう。パワハラやセクハラだって自浄作用が働く。

社員から指摘があっても労働基準法違反を自発的に改めようとしない会社は、確信犯である。そのような確信犯の会社や、経営者である社長の考えを、いち労働者である自分が、はたして悔い改めさせることができるであろうか。

そんなことにパワーを使うよりも、さっさと見切りをつけて、もっと働きやすい会社へ転職を試みるべきである。

他人を変えるのは至難の業であるし、行政に訴えるなどすれば、それこそ「逆恨み」のターゲットにされてしまうので、そんな会社や社長は相手にせず、自分自身の環境を変えることが、やはり最良の解決策ではないだろうか。

■「甘い言葉」に惑わされないこと

そして、気をつけたいのは、「甘い言葉」である。

意を決して社員が「残業代を払ってもらえないので辞めます」と言うと、社長は「おいおい、ちょっと待てよ。俺も悪いと思ってるから、今度まとめて払うよ。だからやめるなんて言うなよ。」と諭すのである。

このとき、退職を思いとどまったら社員の負けである。社長は「よし、まだこいつは安く使えるな」と、内心ほくそ笑むのである。

そしてまた、残業代不払いやパワハラの日々が始まるのだ。この構図も、今回の事件と全く同じである。

殺害された中学1年生の生徒も、あれだけ目の周りが腫れあがるくらい殴られるというのは尋常ではないことだから、結果論になってはしまうが、謝罪を受け入れず、その時点で18歳の少年との交際をきっぱり絶てば、最悪の結果にはならなかったかもしれない。

■結び

確かに、今いる環境を変えることにはエネルギーや勇気がいることなので、精神的に負担を感じるかもしれない。だが、それはいっときの出来事である。逆に環境をかえられなければ、ずるずると搾取や抑圧が続くのだ。

残業代も払われずに長時間労働を続けたり、パワハラが日常化している職場に長時間身を置いていると、心身の疲労が蓄積し、過労死をしたり、精神を病んで自殺をしてしまったりと、「職場に殺される」ということにもなりかねない。それこそ、最悪の結果である。

繰り返しになるが、労基署に申告しなければならないような劣悪な職場で自分の身を守るためには、「①順法意識の欠如した会社や社長を変えることはできない」、ということを認識た上で、「②どんなに甘い言葉をかけられても、その職場を離れる勇気を持つ」、という2点がポイントである。

《参考記事》
■スカイマークの国際線参入は失敗が運命づけられていたと言える理由 榊 裕葵
http://sharescafe.net/43177514-20150202.html
■東京都内の企業が有期社員を正社員へ転換したら助成金100万円支給へ! 榊 裕葵
http://ore-no-jyoseikin.blog.jp/archives/20377991.html
■“myamya”の眼鏡が1本5万円でも次々に売れる理由 榊 裕葵
http://sharescafe.net/41144431-20141003.html
■銀座久兵衛式!?社員に黙々と仕事をさせないから繁盛するステーキ屋さん「然」の秘密 榊 裕葵
http://sharescafe.net/42065984-20141125.html
■ライフネット生命は「保険」を「貯蓄」という足かせから解放した。 榊 裕葵
http://sharescafe.net/41835101-20141111.html

あおいヒューマンリソースコンサルティング代表
特定社会保険労務士・CFP 榊 裕葵

あわせて読みたい

「パワハラ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    天皇陛下の政治利用疑惑。都議選前夜に、宮内庁長官の発言は軽率と言う他ない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月25日 08:16

  2. 2

    <TBS「週刊さんまとマツコ」>悩みなき萬斎娘・野村彩也子アナに悩み相談させるのは残念

    メディアゴン

    06月25日 09:00

  3. 3

    金融資産1億円はもはや「富裕層」ではない

    内藤忍

    06月25日 11:24

  4. 4

    「天皇陛下が五輪に懸念」…異例の長官「拝察」発言に賛同相次ぐ

    女性自身

    06月25日 08:32

  5. 5

    反ワクチン派への否定に医師「長期的な副作用は不明であることを念頭に置くべき」

    中村ゆきつぐ

    06月25日 08:57

  6. 6

    安倍政権下でおかしくなった霞が関 自民党の良心は失われてしまったのか

    早川忠孝

    06月24日 08:39

  7. 7

    NHK「たけしのその時カメラは回っていた」予定調和の気持ち悪さ

    メディアゴン

    06月25日 08:27

  8. 8

    【Amazon Go】、レジなしコンビニが次々に臨時休業!4店減らし22店も6店が休業の訳?

    後藤文俊

    06月25日 08:42

  9. 9

    NYT「中国製ワクチンには効果が無い」と指摘 接種国で感染状況が悪化

    ABEMA TIMES

    06月24日 15:08

  10. 10

    池袋暴走死傷事故・飯塚被告の“記憶違い”の写真  

    NEWSポストセブン

    06月24日 17:10

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。