記事

イランの核開発を阻止したいならオバマよりネタニヤフが正しい、しかし・・・

イランの核開発に対する対応策をめぐってオバマ米大統領とネタニヤフ・イスラエル首相の対立が深まっている。それがあたかも国際政治の一大事のごとく報道されている。

確かに両国の首脳がここまで険悪になった事はめずらしい。しかし、これをもって米国とイスラエルの同盟関係に亀裂が入ったと見るのは皮相的だ。

これはイランの核武装阻止に対する手法の違いでしかない。すなわちオバマは協議を続けることによってイランの核開発を送らせ、事実上のイランの核開発封じ込めを狙おうとするのに対し、ネタニヤフはイランが核を持てばその時点ですべてが終わる、サウジアラビアなどへ中東全体に核が拡散し、イスラエルの安全保障は根底から脅かされる、そうならないうちに、強硬策を取れと迫れと言っているのだ。

イランに決して核を持たせてはいけない、という意味ではネタニヤフのほうが正しい。しかし、ネタニヤフのやり方でもイランの核開発は止められない。それどころかイランとイスラエルの戦争が起こり、その瞬間に米国の中東政策が頓死する。オバマならずともいかなる米国の大統領もネタニヤフの対決姿勢は飲めない相談だ。

どうすればいいのか。
それは米国が核不拡散という名の少数国による核の独占を捨て、世界から核兵器をなくす決断をし、率先して米国がそれを実行に移すことだ。

このままいけば、必ずいつか核が再び人間に使われることになる。その危険を知っているがゆえに、キッシンジャーなど米国の安保・外交政策の重鎮がそれを言い出した。

しかし、その重鎮たちも、言い出してはみたものの、本気でそれを実現しようとはしなかった。 ノーベル平和賞を貰ったオバマの就任演説もそうだった。

わかっているのにそれが出来ない。そうしている間に事態は悪化して本当の悲劇が訪れる。それを我々は何度も見て来た。

わかっている事を実行する勇気。いまほどその事が求められている時はない。国際政治においても、そして国内政治においてもである(了)

あわせて読みたい

「イラン核問題」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  3. 3

    鈴木宗男氏が、枝野代表の総裁選への指摘に苦言「論外」

    鈴木宗男

    09月19日 10:53

  4. 4

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  5. 5

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  6. 6

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  7. 7

    4候補のコロナ対策 立憲民主党含めて 具体策、実効性は乏しい

    中村ゆきつぐ

    09月19日 11:52

  8. 8

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  9. 9

    アンタタッチャブル「共演NG説」あった松本人志との共演急増のワケ

    NEWSポストセブン

    09月19日 09:23

  10. 10

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。