記事

スプートニクの瞬間!

米国のオバマ米大統領は勝負の年となる3年目の一般教書演説を25日に行いました。

冒頭、大統領は中間選挙での民主党の敗北を受けて民主・共和両党議員に対して、党派の違いを乗り越え、世界経済における米国の生き残りをかけた戦いに立ち向かう為の協力を求めました。

大統領は、「世界的な競争」に立ち向かうため、半世紀以上前の旧ソビエトによる世界初の人工衛星「スプートニク」の打ち上げを例示し「我々世代にとってスプートニクの瞬間」だと強調しました。

競争力強化、インフラ整備、雇用創出を掲げ、25年ぶりの法人税引き下げと合わせて財政再建のための5年間の歳出増の凍結を打ち出しました。

政策目標として、大統領は数学と科学、技術の教師を10万人増やすこと、2035年までに電力の8割をクリーン・エネルギー源で賄うこと、25年以内に国民の8割が高速鉄道へのアクセスを獲得すること、5年以内に国民の98%が高速ワイヤレス・サービスの恩恵を享受することなどを示しました。

また朝鮮半島問題では同盟国の韓国と協力して北朝鮮が核開発という約束を守るよう迫りました。

菅総理の施政方針演説と違い具体的かつメッセージ性に富んだ内容です。

気になることは今年も演説の中に「日本」の言及がなかったことです。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相を吊し上げ 予算委の惨状

    青山まさゆき

  2. 2

    コロナで世帯数激減 23区の危機

    中川寛子

  3. 3

    感染減 季節性よりGoToが要因か

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    河野大臣のTwitterに感じる恐怖

    文春オンライン

  5. 5

    日本は親の資産で人生決まる国に

    ABEMA TIMES

  6. 6

    志村さん TVに映らぬ圧倒的努力

    PRESIDENT Online

  7. 7

    絶望する今の日本を歓迎する人々

    NEWSポストセブン

  8. 8

    携帯新料金 武田氏一転して評価

    赤木智弘

  9. 9

    バイデン氏の大統領令に反発も

    My Big Apple NY

  10. 10

    二階氏の「努力不足」発言に疑問

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。