記事

「家族」を考えさせられるふたつの事件。の巻 - 雨宮処凜

 このところのISILなどの問題で、書こうと思いながら書けなかったふたつの事件について、書きたい。

 それはどちらも昨年に起きた殺人事件。

 ひとつは昨年12月、前橋市で起きた高齢者殺傷事件だ。刃物で刺されて亡くなったのは、81歳の男性。男性の妻も首などに重症を負った。

 この事件で逮捕されたのは26歳の土屋和也容疑者。警察の調べに対して、「食べ物と金がほしかった」と供述しているという。

 そんな容疑者の生い立ちは、困窮に満ちている。1歳頃から経済的な理由で施設に預けられ、両親は幼い頃に離婚。高校時代からは祖父母と叔母が暮らす家で生活し、卒業後は会津地方の塗装会社に就職するも、8ヶ月で解雇される。その後、前橋市に移り住んだ容疑者は、5ヶ月の食品工場勤務ののち、建設会社に就職。しかし、7ヶ月で解雇され、ラーメン屋に転職。通常は数ヶ月で正社員に登用されるらしいが、アルバイトのまま約4年間働き、昨年6月、退職。その後、警備会社に入るものの、そこも昨年10月、解雇された。

 部屋の電気やガスは止められ、消費者金融に約130万円の借金があったという。ラーメン屋時代の月収は16万円。そんな容疑者は昨年11月、やはり前橋市で93歳の女性が遺体で見つかった強盗殺人事件への関与も認めているという。

 「仕事がうまくいかず、金に困っても相談する人がいなかった」

 そう供述しているという容疑者は、事件後に自分が働いていたラーメン店に侵入したことがきっかけで逮捕されたのだが、その時の所持金はごくわずか。また、店からは4千円分のチャーシューとメンマがなくなっていたという。更に、夫婦殺傷事件を起こした家では複数のリンゴを食べたことがわかっているという(朝日新聞1月15日、1月22日夕刊)。

 経済的に困窮し、食べるにも事欠いて犯した殺人事件。

 以前から書いてきたことだが、私が出会う比較的若年層のホームレス状態の人たちには、児童養護施設などの出身者が多い。この国最大のセーフティネットである「家族」「親」の不在は、施設を出た若者をあっという間に困窮に追いやってしまう。家賃滞納で部屋を追い出されそうになった時にお金を借りることができる親、そして住む場所を失った時、帰れる実家。ちなみにこの容疑者は、高校生の頃は祖父母と叔母が住む家に住んでいたわけだが、その後、様々な理由から家族と暮らせない青少年を支える施設に移り住んでいる。報道では、叔母との折り合いが悪かったことにも触れられている。イギリスなどでは、「児童養護施設出身者はホームレス化しやすい」ことが広く知られ、特別な支援が用意されているという。翻って、日本では公的な支援はあまりにも乏しい。

 が、現在は児童養護施設などの出身者が問題にぶつかった時に相談に乗ってくれる団体はある。例えば「アフターケア相談所ゆずりは」だ。しかし、おそらく彼は相談に乗ってくれて、助けてくれるような団体があることを知らなかったのだろう。

 もちろん、どれほどの困窮状態にあったとしても、殺人や人を傷つけることは決して許されるものではない。ただ、彼の26年の人生の中で、誰かが親身にかかわれるチャンスはなかったのかと思うと、私たちが、そしてこの社会が問われているとも思うのだ。

 さて、ここまで書いてきた事件は「家族の不在」がひとつのキーワードだが、もうひとつ、書きたい事件は「家族」がいることによって起きてしまった事件だ。

 それは昨年10月、北海道で起きた事件。高校2年生の三女が就寝中の母親と祖母を殺害した事件だ。その背景には、三女が10年以上にわたって受け続けてきた虐待があった。殴る、蹴る、竹刀で叩く、火のついた煙草を押しつけるなど。また、庭の草むしりや早朝に雪かきをする姿も近所の人に目撃されている。さらには、冬に庭に立たされてホースで水をかけられることもあったという。食事もマトモなものなど与えられていなかった。知れば知るほど、扱いは「奴隷」に等しい。

 周りが関与できるチャンスはあった。6歳の頃、彼女は祖母に足をかけられ何度も転倒して脳内出血の重傷を負っている。この時に病院からの通報で児童相談所に保護されたのだ。しかし、ほどなくして家に戻されてしまう。小学校低学年の時には家出したが、警察に保護されて連れ戻される。虐待は、子どもが非行に走ることなどから発覚することも多いようだが、三女にはその兆しはまったくなかったという。

 逮捕後、三女は自分の置かれた境遇を「厳しいしつけだと思っていた」と語ったという。その上、「私は弁護に値しない」と弁護士を拒否している。

 この事件を巡っては、三女の同級生やその保護者が、処遇に配慮を求めるよう署名活動をし、2ヶ月で約1万8000人の署名が集まった。

 そうして今年1月21日、三女には医療少年院送致の保護処分が下された。

 家族の不在によって困窮し、その果てに起きた殺人事件。そして家族に10年以上虐待され、追いつめられた果ての殺人事件。

 「家族」は多くの場合、「とにかく大切で素晴らしいもの」と語られる。ここ数年見ていないが、最後に見た紅白歌合戦でも、演歌歌手なんかがやたらと「家族」を連発していて興ざめした記憶がある。家族に恵まれているならそれでいい。しかし、「家族」にセーフティネット的な機能を丸投げすることによって「家族」から弾かれた者が困窮するという現実があり、また一方で、「家族」という密室だからこそ、10年以上にわたる虐待が起きてしまうという現実がある。

 ふたつの事件から、改めて、「家族」を考えている。

あわせて読みたい

「貧困」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  3. 3

    外国人選手が逮捕 試合なく薬物

    阿曽山大噴火

  4. 4

    安倍首相の言葉と行動大きく乖離

    畠山和也

  5. 5

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  6. 6

    布マスクは金の無駄 飛沫防げず

    諌山裕

  7. 7

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  8. 8

    誹謗中傷の規制急ぐ政治家を危惧

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    森法相の迷走 元凶は安倍首相

    猪野 亨

  10. 10

    慰安婦団体 真の目的は日韓分断

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。