記事

「派遣は使い捨て、モノ扱い」に憤り

厚生労働省幹部が、1月27日の日本人材派遣協会の団体の新年会の挨拶の場で、「これまで派遣労働は期間が来たら使い捨てだったというふうなモノ扱いだったのが、ようやく人間扱いするような法律になってきたと思う」と発言していたことが発覚し、問題となっています。映像も残っており、本人も民主党の会合で発言の趣旨を認めています。

発言は明らかに派遣形態で働いている人に対して配慮の欠く発言であり、派遣業監督規制の大元を司る厚生労働省の責任者として極めて不適切と言わざるを得ません。「真意が正確に伝わっていないのなら残念」と発言していますが、一体どの真意を伝えたかったというのでしょうか。

労働者派遣法の成立とその改正の歴史は、都合良く人材を使いたい企業と、安定した雇用を求めたい労働者とのせめぎ合いの歴史でもあります。時の政権が企業の都合を優先するのか、それとも労働者の立場を代弁するのかの立ち位置によっても大きく変わってきます。しかしながら、既に多くの企業にとって派遣社員の活用は必須となっており、またその活用のニーズも高まっていることから、ますますその軋轢が強くなっている分野でもあります。

100歩譲って、もし厚労省のこの幹部が、派遣労働法の今回の改正が派遣労働者の立場を高めるものであると考えての発言であるならば、派遣労働者のキャリアアップ措置について、実効性を担保するための措置を具体的に示すべきでしょう。これを派遣元企業の報告に基づいて監督するだけでは不十分です。さらに、派遣社員の正社員化の推進についても同様に厳しくチェックするべきでしょう。

現在の派遣業の実態は、規制で定めている趣旨と現場の実態との大きな乖離にあります。法律を変えることで終わるのではありません。厚生労働省はとてもそんな手間暇はかけられないと答えるかもしれません。「労働条件相談ほっとライン」が昨年開設され、開設から12月末までの4カ月間で6,101件の相談があったと報告されていますが、企業監督だけではなく、労働者側からの相談窓口の強化をもっとすべきです。

もっとも、このような発言をするようでは厚生労働省にどこまで信頼が寄せられるか疑問に思われてしまいます。その意味でも今回の発言には憤りを感じます。

あわせて読みたい

「労働者派遣法」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    橋本会長、「選手のプレイブック違反」証拠をお見せします 出場資格を取り消せますか

    田中龍作

    07月23日 08:33

  2. 2

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  3. 3

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  4. 4

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  5. 5

    ホロコースト揶揄を報告した防衛副大臣に呆れ 政府のガバナンスは完全崩壊か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月23日 10:46

  6. 6

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  7. 7

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  8. 8

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

  9. 9

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  10. 10

    感染爆発は起こらないことが閣議決定されました

    LM-7

    07月23日 22:45

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。