記事

司法の危機:裁判員制度は世界的な潮流に逆行して死刑を定着させるための政策?(追記あり)

1/2
仙台地裁で予想通り、裁判員裁判初の少年の死刑判決が出ました。耳かき店員事件を皮切りに、横浜の事件、本件、そして今度は宮崎でも死刑求刑事件がかかっています。堰を切ったような死刑求刑ラッシュ、まるで機は熟したとばかりに裁判員が死刑判決をだすことを定着させようとしてるように見えます。今回の判決で少年事件分野でのミッションもクリアってとこでしょうか。

いまでこそ裁判員裁判での死刑判決はニュースになりますが、これも直に慣れっこになってニュースバリューがなくなるのでしょう、恐ろしいことです。

それにしても検察はほんとに安易に死刑求刑をするようになりました。以前にどこかで書きましたが、殺人の法定刑は、死刑又は無期若しくは5年以上の懲役と幅が広く、昔は死刑求刑はよほどの時にしかされなかったように記憶しています。しかし今では殺人事件は死刑求刑がスタンダードではないかと思えるほどいとも簡単に死刑が求刑され、それに応えるかのように次々死刑判決が量産されています。

日本では8割以上の国民が死刑制度を支持していますが、先進諸国で死刑があるのは日本とアメリカだけ、そして死刑判決が増えているのは日本だけという情報は意外と国民に知られていません。そういう状況で死刑の賛否について国民的な深い議論など期待する方が無理というものです。ここは世界の潮流から外れた絶海の孤島のよう、まるで鎖国でもしているかのようです。

こんなに圧倒的に死刑が支持されるのは「もし自分の家族が殺されたらやはり自分だって死刑を願うから」というのが大きな理由としてあります。それを思えば、少年事件に於いてだって当然猪野亨弁護士のご指摘通り「もし自分や家族、友人たちが被告人になったら」という想像力を働かすより、「もし自分や家族、友人たちが被害者だったら」という想像力をより働かせるであろうことは容易に想像できます。

今回少年に死刑を言い渡した理由は

・犯罪性向が根深く、他人の痛みや苦しみに対する共感に欠け、異常性や歪んだ人間性が顕著
・事件の重大性を認識しているとは言えず、反省に深みがない。更正の余地無し
・残虐さや被害結果の重大性をみれば極刑もやむを得ない
というものでした。

死刑の言い渡しには慎重でなければなりません。ましてや被告人が少年ならば、慎重の上にも慎重を期さなくてはならないのは、少年法の趣旨から言っても絶対曲げることのできない原則です。ですがそこは裁判員裁判ですから、審議は5日、評議はたった3日だけでした。全く以て疾風のごとき「迅速な裁判」ですね。こんな短期間でどうやって慎重を期せるのでしょう?

今回家庭調査官が作成した成育歴などの記録の大半は証拠請求されず、法廷で鑑別結果報告書の一部がほんの30分朗読されただけだったそうです。そんなんで少年の成育歴がどれほど吟味できたといえるのでしょうか?その程度で更正の余地がないと安易に結論していいのでしょうか?

また、こんな短期間で、おそらく法律に触れたこともない裁判員が、果たして少年法の趣旨を理解し尊重する気になれたのでしょうか?元家裁調査官の浅川道雄・NPO法人非行克服支援センター副理事長は「少年法の趣旨を裁判官が理解し、裁判員に説明している様子がに受けられない」といいます。だとすれば、裁判員は少年法の理念を一番の念頭において判断できたのか、甚だ疑問に思わざるを得ません。

永山基準が引き合いにされる永山事件(犯行当時19才で死刑判決を受けた)ですが、その起訴から刑の確定にまではなんと21年もかかっています。それに比べれば、この裁判は目も当てられないずさんな拙速裁判だった恐れがあります。裁判員の都合のためにさっさと終わらせる裁判を、憲法が要求している「迅速な裁判(憲法37条1項)」とは断じて言いません。そんなものは憲法が要求する公正な裁判からほど遠い拙速裁判、欠陥裁判でしかありません。これは実施前から危惧されていたことですが、それが的中してしまいました。

先日ふなぼりすたさんから考えさせられるコメントをいただきました。

http://akiharahaduki.blog31.fc2.com/blog-entry-577.html#comment2181
先日の「耳かき裁判」で考えさせられた事がありました。
私はあの判決を受けて、「素人が永山基準をたった数日の話し合いで乗り越えるというのは無理だし、そもそもやってはいけないこと」と裁判員は考えたんだろうなあ、などと推測しました。しかし、ある人に言わせると、あの判決は「耳かき店=ふうぞくてん勤務の女性は殺されてもしょうがない、よって加害者は罪一等を減じる、という市民感覚が反映された」女性差別的判決なのだそうです。(>http://legal-economic.blog.ocn.ne.jp/umemura/2010/11/post_8bb6.html(←私注:是非ご一読を))
(引用ここまで・太字は私)

なるほど、このような偏見、女性差別も今の日本では健全な「市民感覚」として通用してしまう可能性は十分にありますね。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  2. 2

    毎日使うスマホ機種代をケチる貧乏性。毎日使う重要な道具こそお金をかけるべき!

    かさこ

    09月17日 09:50

  3. 3

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

  4. 4

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  5. 5

    堀江貴文「西野亮廣の『えんとつ町のプペル』が大成功したたった一つの理由」

    PRESIDENT Online

    09月17日 16:17

  6. 6

    次の首相は誰に? 自民党総裁選の4候補が意気込みや政策語る

    BLOGOS編集部

    09月17日 14:23

  7. 7

    岸田氏と河野氏だけの争いではなくなった自民党総裁選 予断を許さぬ激しい戦いに

    早川忠孝

    09月17日 17:04

  8. 8

    始まった自民党総裁選 次のリーダーは党内の淀んだ空気を変えられるのか

    毒蝮三太夫

    09月17日 15:56

  9. 9

    【演説全文】野田聖子氏「自民党は反省と検証が必要」 自民党総裁選・所見発表演説会

    BLOGOS編集部

    09月17日 14:06

  10. 10

    【演説全文】岸田文雄氏「今求められるリーダーは私だと確信」 自民党総裁選・所見発表演説会

    BLOGOS編集部

    09月17日 13:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。