記事

川崎中1殺害

川崎市川崎区の多摩川河川敷で市立中学1年の上村遼太さんが殺害された事件で、18歳の少年1人と17歳の少年2人が殺人容疑で逮捕されましたが、3人とも容疑を否認しているとのこと。

死因は刃物で首などを刺したことによる出血性ショックであるとのことで、事件の残虐性に驚きを隠せません。このような事件において問題になるのが、少年法による被疑者の保護です。

一部ネットでは逮捕された少年の氏名や顔写真などが出回っており、私もフェイスブックで見ました。少年法61条では報道規制が条文として定められていますが、この条文をよく見ると「家庭裁判所の審判に付された少年又は少年のとき犯した罪により公訴を提起された者」となっていますので、指名手配や逮捕された段階の少年はこの条文に該当しないことになり、あくまでも名誉毀損の問題になります。

名誉毀損は個別事件を裁判所が判断することになるので、今回の事例が名誉毀損に当たるかどうかは告訴されない限りは分かりません。しかし、特に18歳の少年に関しては、今後選挙権が18歳にも与えられ、より成人としてみなされる範囲が広がること、少年法が、刑事処分年齢を14歳以上に引き下げたり、量刑を重くしたりという厳罰化の方向に累次改正されています。

従って、名誉毀損に当たらない、つまり公共性、公益性、真実性などの観点から免責されるケースが増えてくるのではないかと思います。私個人としては、少年法というものがまだ未成年には更生の余地があるという趣旨で設けられていることは理解しつつも、仮に報道があっても止むを得ないのではないかと思います。

あわせて読みたい

「川崎中1殺害事件」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。