記事

「西川前農水大臣の説明の根拠が崩れた」高木国対委員長

画像を見る

 高木義明国会対策委員長は27日昼、定例の記者会見を開き、同日の衆院予算委員会で行われている集中審議について感想を述べた。

 午前の予算員会では、後藤祐一、柚木道義の両議員が、安倍内閣閣僚の「政治とカネ」の問題として西川前農林水産大臣、下村文部科学大臣、望月環境大臣、上村法務大臣の疑惑についてただし、古川元久、松本剛明の両議員は経済政策や税制について質問した。

 高木委員長は、「古川、松本両議員は、経済・財政問題について非常に論点を突いた、いい質問をしていた。同時に、国のトップリーダーの足元で『政治とカネ』の問題がある。政治姿勢についてただしていくべきことはただしていくのが野党の責務だ」と感想を述べた。特に西川前農水大臣の問題については、「補助金の交付を受けていた企業から多額の顧問料を受け取っていたことが明らかになった。しかも顧問を務めていた時期と補助金の交付決定の時期とは完全に重なるということだ。補助金の交付について『知らなかった』という西川前大臣の説明は根拠が大きく崩れたと言える。この点については、参考人招致を要求したが、理事会で扱われることになったので、協議を見守りたい」と述べた。

 「政治とカネ」の問題について集中審議を求める考えがあるかとの問いには、小渕前経済産業大臣の問題も含めて説明責任を果たすことを求めていく考えを示した。

 なお高木委員長は、来週3月2日の衆院予算委員会での質疑を民主党は「女性デー」と位置づけ、西村智奈美、山尾志桜里、鈴木貴子、阿部知子、金子恵美の5人の女性衆院議員が質問に立つことを明らかにした。

あわせて読みたい

「下村博文」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    埼玉県でマスク30万枚が野ざらし

    SmartFLASH

  2. 2

    中韓が日本産盗む?対立煽る報道

    松岡久蔵

  3. 3

    安倍首相の暴走許す自民党は末期

    田原総一朗

  4. 4

    ひろゆき氏 五輪の開催は難しい

    西村博之/ひろゆき

  5. 5

    新型コロナで公共工事中止は愚策

    近藤駿介

  6. 6

    権限ない休校要請 保護者は困惑

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    在宅勤務に賛成して休校否定の謎

    やまもといちろう

  8. 8

    政府の無策が招く東京五輪中止

    渡邉裕二

  9. 9

    マラソン決行 主催の説明に呆れ

    WEDGE Infinity

  10. 10

    石破氏 船内対応巡る発言を反省

    石破茂

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。