記事

中国の経済発展は、まだまだ止まらない【1】 -対談:前中国大使/伊藤忠商事元会長 丹羽宇一郎×田原総一朗 - 田原総一朗の「この人に聞きたい!」

1/2

村上 敬=構成 宇佐美 雅浩=撮影

冷え込んでいた日中関係だが、昨夏以降、改善の機運が高まりつつある。2014年11月10日、北京で2年半ぶりとなる日中首脳会議も開催された。2012年、尖閣問題で日中が揺れたとき中国大使として渦中にいた丹羽宇一郎氏は、習近平体制と日中関係をどのように見てきたか。田原氏が核心に迫る!(注:同対談は2014年10月14日に実施)
画像を見る
丹羽宇一郎氏

【田原】丹羽さんが中国大使をされていたときにいろいろなことが起きました。一つは、10年9月に尖閣で中国の漁船が巡視船に衝突して船長が逮捕された事件です。あのときはどうでしたか。

【丹羽】あの事件には、二段階ありました。04年3月、小泉(純一郎)さんが総理のときに今回と同じような事件(中国人活動家7人が尖閣に不法上陸。入管法違反で逮捕)があり、小泉さんはすぐに彼らを逮捕した後、強制送還しました。今回も同じように対処すればよかったのに、まずは、逮捕して何日か拘束し、中国と何度かやり取りをした後、処分保留で釈放した。それならそれできちんと起訴すればよかったのです。一貫性がありません。

【田原】中途半端な対応でしたね。いったん拘束しておいて、中国がレアアースを売らないと決め、日本企業の社員の身柄を拘束すると、釈放した。

【丹羽】選挙が近いことが影響したのでしょう。政治家の思惑と官僚の考え方が一致していなかったと思います。

【田原】さらに大きいのは尖閣諸島の国有化問題です。12年9月9日、ウラジオストクのAPECで、野田佳彦総理(当時)が胡錦濤国家主席(当時)に「尖閣を国有化したい」といった。胡錦濤は断固反対したにもかかわらず2日後の11日に国有化を閣議決定しました。これはどうしてですか。

【丹羽】何か齟齬があったのではないですか。実は、この2カ月前の12年7月7日の時点で、野田元総理は「国有化を考える」といっています。中国側はそれに強く反対しました。私が中国の外交部の連中と話していても、「国有化は絶対やめなければいけない」「もしやれば大変なことになるぞ」という話が出ていたのです。ところが、単なるミスか、あるいは意図的なのかはわかりませんが、中国側の意思が野田元総理にうまく伝わっていなかった。だから野田元総理は胡錦濤との立ち話のとき、尖閣問題が出るとは考えていなかったと思います。

画像を見る
田原総一朗氏

【田原】野田さんのほうから国有化の話をしたのではないのですか?

【丹羽】あのとき野田元総理は、胡錦濤に雲南省の地震のお見舞いをいっていました。そうしたら、胡錦濤が国有化の問題で異議を唱えたのです。野田さんは寝耳に水で、ビックリされたのではないですか。

問題は、会議を誰がアレンジしたのかということです。あの状況で2人が会えば国有化問題が話題に出るのは当然で、われわれ大使館はまだ首脳会談はないと考えていました。

ところが、誰がアレンジしたのか2人が会ってしまって、おまけに2日後に尖閣諸島の国有化を宣言した。どう考えても、外交上、大きなミステークでしょう。

【田原】国有化はダメだといった胡錦濤のメンツはまるつぶれです。

【丹羽】中国ほどメンツを大事にする国はありませんからね。1カ月か2カ月ならともかく、会った2日後に宣言するのはいかにも拙劣です。

【田原】それにしてもわからない。どうして野田さんは会った2日後に決定してしまったのですか。

【丹羽】私にもわかりません。野田元総理は、いずれ国民に対して、尖閣についてきちんと説明責任を果たすべきでしょう。

【田原】国有化問題では、丹羽さんも批判を受けました。「フィナンシャル・タイムズ」のインタビューで、「計画が実行されれば日中関係にきわめて深刻な危機をもたらす」と答えたと。

【丹羽】私は週刊誌をあまり読まないのですが、私の周りの方々が「日本で(丹羽さんの発言に対して)騒いでいます」と教えてくれました。衆議院の外交委員会でも、いろいろ批判が出ていたようですが、批判されるようなことは何もありません。

私は、国有化は大きな問題を起こす可能性がある、時期を見計らうべきだと、現場から警告を発しただけで、尖閣を中国にあげなさいといったわけではない。むしろ領土主権については1ミリたりとも譲歩できないのは当然のことであり、中国側にそういい続けてきました。ですから、騒がれていると聞いても、勝手にいろいろやっておられるなとしか思わなかったのです。

【田原】丹羽さんは習近平と何度も同席されたそうですね。彼は、どういう人物ですか。

【丹羽】彼は知日派で、日本のことをよく知っています。彼は、福建省に17年間いて、上海にもいたことがあります。福建省は長崎県と沖縄県の姉妹都市・友好県省で、日本とは地理的にも近い。(中国の国父〈国家の父〉と呼ばれている)孫文を支援した梅屋庄吉は長崎生まれで、彼はそのこともよく知っています。12年の第一次習近平体制、つまり中国共産党中央政治局委員25人も、知日派を大事にしています。李克強や李源潮、張高麗。それに習近平を支える次のリーダーとして有望視されている孫政才や胡春華も、日本に対してはそんなに悪意を持っていないと思っています。

あわせて読みたい

「中国経済」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  3. 3

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  5. 5

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  6. 6

    処理水の安全 漁業側が自信持て

    山崎 毅(食の安全と安心)

  7. 7

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  8. 8

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  9. 9

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  10. 10

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。