記事

スカイマーク経営破綻で宮古・石垣路線から撤退――大手航空社は運賃値上げ

リンク先を見る

石垣島路線へ2013年7月に初就航した当時のスカイマーク機。
(提供/八重山毎日新聞社)

民事再生法の適用を東京地裁に申請し1月29日に経営破綻したスカイマーク社(本社は東京、有森正和社長)の余波が各地に拡がっている。ス社は同日、沖縄県宮古島ならび石垣島路線からの撤退を発表。石垣―那覇便は3月28日で撤退し、今後の再開について「見通しはない」としている。

これを受けて地元住民や旅行代理店などは、日本トランスオーシャン航空(JTA)と全日本空輸(ANA)が下げ止まりだった航空運賃をス社参入前の料金水準に引き上げる可能性を懸念する。

ス社は2013年7月10日に南ぬ島石垣空港と那覇、神戸、成田の3路線に就航したが約1年6カ月で撤退を決定。突然の撤退劇に各市町村も対応に追われている。中山義隆・石垣市長は「宮古島市や県と連携し継続を要請したい」として2月6日、宮古島市と多良間村の代表とともにス本社を訪ね、存続を要望した。日本航空(JAL、JTAの親会社)とANAには料金の現行水準を継続するよう訴え、市議会も9日に臨時議会を開催し、要請決議を提出した。

一方、ス社撤退後の3月29日から、ANAと業務提携しているスカイネットアジア航空(ソラシドエア・本社は宮崎市)が石垣路線に新規就航する。同社の運賃設定は既存社よりも高額だが、新規社を保護・育成する国土交通省の制度により、既存社は新規社の運賃より「安く値段を設定できない」(JTA関係者)、また、この仕組みが「妨げになっている」(同)との理由で既存2社は「現段階で運賃(設定)は未定」としている。

石垣市観光交流協会の高嶺良晴会長は「(石垣島含む八重山諸島の)入域客数が伸びたのはスカイマークのおかげ。住民の足として現状を維持してもらいたい」と語る。八重山内外を結ぶ「人」の交通手段は空路しかない。13年に現空港が開港したが、「離島苦」(格差)が再び押し寄せてきそうだ。

(砂川孫優・『八重山毎日新聞』記者、2月13日号)

あわせて読みたい

「スカイマーク」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  3. 3

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  4. 4

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  5. 5

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  6. 6

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  7. 7

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  8. 8

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  9. 9

    第4波から何も学ばなかった政府 リーダーは意思とメッセージを明確にせよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月31日 08:55

  10. 10

    「桜を見る会」不起訴処分の一部を不当に 検察審査会法の改正は司法改革の大きな成果

    早川忠孝

    07月30日 19:09

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。