記事

【映画評】アメリカン・スナイパー

イラク従軍中に160人あまりの敵を殺害し、味方の命を守ったという伝説的なネイビー・シールズのスナイパーの半生を描いた、クリントイースト・ウッド最新作。

『世界にひとつのプレイブック』『ハングオーバー!』シリーズで知られるブラッドリー・クーパーが、祖国の危機を目の当たりにし、海兵隊を志願したテキサスの若者クリス・カイルを熱演している。

クリスの役割は、立ちふさがる敵を予め排除するスナイパーだ。

戦場では女子供までもが武器を取り、立ち向かってくる。引き金を引くのをためらう状況だが、彼ら彼女らを見逃してしまえば同胞たちの身を危険にさらしてしまうことになる。カイルには常に、そうした究極の二者択一をつきつけられることになる。

暗殺対象となる“虐殺者”や、ラスボスめいたシリアの元五輪選手という敵スナイパーなど、物語上のわかりやすい目標を配置しながらも、本作が描こうとしているのはもっと複雑なことだ。それは、敵を倒したとしても"戦争に終わりがない"ということ。

あまりに非現実的で悲惨な体験をしたことによって、兵士たちはその心を蝕まれていくのだ。クリスも、妻と子どもがいる我が家に帰っても心ここにあらずで、安らぐことができない。戦争が彼を変えてしまったのだ。

「兵士が戦後に味わう苦しみ」を描いた映画といえば、真っ先に思い浮かぶのは『ランボー』だ。

"脳筋映画"という誹りを受けやすいシリーズだが実は一作目はきわめてシリアスで、ベトナム戦争でトラウマ的な体験をした1人の兵士の孤独を描いている。祖国の為に命がけで戦ったのに、帰国してみれば批判にあい、1人ぼっちのランボー。怒りのままに街を破壊し尽くし、かつての上司トラウトマン大佐に対して「俺の戦争は終わっていない!」と彼が泣き叫ぶクライマックスは、名シーンだ。

その言葉はまんま、カイルの妻が「あなたの心はまだ戦場にある!」と夫に訴える言葉とリンクする。

そして、彼はまた戦場に戻っていく。生ける伝説として持て囃される彼の立場だからこそ、戦争に本当の勝者がいないことがよりいっそう際立っているような気がする。

カイルにはそれでも、妻があり子どももいた。兵士の中には人の縁に恵まれず、孤独に苛まれる「ランボー」のような兵士も数多くいただろう。カイルの最期も、実はそうした問題の延長線上にある。誤解を恐れずに言えば、戦地から生きて帰ってきたものの、カイルもまた「戦争に殺された」といえるのかもしれない。

実在のカイルが亡くなったのはつい2年前の2013年で、殺害した犯人の初公判がつい先日開かれたというのだから、驚きだ。それだけに、遺族に対しての配慮から、ちょっと表現を抑えめにしているような印象を受けたが、それでも、戦争が兵士から何を奪っていくのか、アメリカに無数の「ランボー」がいることを想像するのには十分な一作だ。

あわせて読みたい

「アメリカン・スナイパー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  3. 3

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

  4. 4

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  6. 6

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  7. 7

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    日当7万円 公務員と比較したのか

    橋下徹

  9. 9

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

  10. 10

    上野千鶴子氏 任命拒否に危機感

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。