記事

暮らしと政治のあいだで、何がおきているのか?

2015年2月24日第648回目(計1657時間目)の街頭活動は、都筑ふれあいの丘駅にて行いました。



SNSでも皆様からあたたかい応援を頂き、心から感謝です(*^_^*)



皆様も見かけたら是非お声かけてください(^_^)

最近は、「~暮らしと政治のあいだで、何がおきているのか?~」と題しまして政治参加の必要性についてお話をさせて頂いております。

1 戦後最低の投票率


 昨年の衆院選は「戦後最低の投票率」という結果となりました。

  端的にいえば、このことは、戦後70年間で、もっとも「有権者の声が反映されない政治」が、実現しているということになります。

 政治の目的とは、まず、国民生活の最大幸福を実現することにあります。

 しかしこの状況は、有権者である皆様の「幸福」という目標、すなわち「暮らしの充実」から、その手段であるはずの政治が、最大限離れてしまっている状況。それが現在になります。

2 何が問題か?なぜいま「選挙」が重要なのか?


 皆様は政治には何を言っても変わらないと思っていませんか。

 しかし、私が政界に入って実感したのは、何を言っても変わらないのではなく、何も言わないから変わらないという現実でした。

 政治は放っておけば必ず、権力により近い一部の人にとって都合のいい方向へ進んでしまいます。

 だからこそ、そうした政治を定期的に正し、「より多くの皆様」の幸福、すなわち「暮らしの充実」のために、税金の使い方を変える唯一のチャンスが「選挙」であり、そこで私たち生活者により身近な政治家を選ぶことが重要です。

3 「地方選挙」では自分に近い候補者をさがしてみる


 しかし、こうしたことを訴えた時、一番多い声が、「政治はわからない」「良く知らないから興味を持てない」というものです。特に地方議員を選ぶ地方選挙では、こうした声をよく聞きます。

 「民主」だ、「維新」だ、といった政党選択が中心となる国政選挙とはことなり、身近な生活の課題に取り組む地方議会の選挙では、党派ではなく、まず「自分に近い候補者を見つけ出す」ことが大切になります。 

 「わからないから無関心」ではなく、その人の経歴や主張から、自分の立場により近い、つまり、自分と状況を共有し、自分たちの代弁者となってくれる人を見つけだす。そして、思い切って、その人へあなたの一票をたくしてしてみてください。

 必ず結果は、政治を通して私たちの暮らしへとかえってきます。

4 政治に「無関心」でいることはできても、「無関係」でいることはできない


 われわれの誰もが、この事実から逃れることはできません。

 だからこそ、皆様の代弁者としてわれわれ政治家には果たさなくてはならない役割があります。

 私自身も、この言葉を心の戒めとして、皆様のお一人お一人の代弁者となれるよう、これからも全力で活動していきます。

あわせて読みたい

「政治」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  2. 2

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  3. 3

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  4. 4

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  5. 5

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  6. 6

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  7. 7

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  8. 8

    中国が支配するディストピア 香港の大量国外脱出「英国だけでも5年で最大83万人超」予測

    木村正人

    08月02日 18:29

  9. 9

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  10. 10

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。