記事

健康的なレストラン探しに役立つコマースアプリ「HealthyOut」

画像を見る

米国は日本以上に肥満の人が多く、人口の3分の2の人々が肥満、体重が重すぎるという問題を抱えているという。

そのため同国では現在、かつてないほど食生活を良いものにするための取り組みに対して注目が集まっている。その時流に合わせて食生活に関連したしたスマートフォンのアプリケーションやECサイトが続々と登場してきているのだ。

その中でも際立った機能で注目を浴びているアプリが、今回ご紹介する「HealthyOut」だ。健康への意識が高いユーザーを対象として作られた同アプリでは、どのような食材を使っているかやカロリー、食へのこだわりの条件を指定し、その条件を満たす近隣のレストランやテイクアウト、デリバリーサービスのメニューを探す事ができる。

ニューヨークでは健康に良い取り組みを行っているレストランはいくつも見つけることができるが、どの店がどのような試みを行っているのかを、利用者自身のニーズに合わせて検索したり比較できるのが特長だ。なお2014年10月時点で同国500都市以上、2万以上のレストランを検索することができるという。

同社は2012年12月に米国ニューヨークにて設立。スタートアップのビジネスコンテスト「TechCrunch Disrupt NYC2013」ではファイナリストの1社として選出されている。またiTunesにおいて1500以上のレビューを得、5段階評価で4.5以上の点数を獲得しておりユーザーの高い満足度を得ることに成功している人気アプリだ。

栄養に強いこだわりを持っていても、日常でルールを守るのは難しい

画像を見る

HealthyOutの創業者でCEOのWendy Nguyen(グエン)氏はカリフォルニア大学バークレー校を卒業後、数年にわたっていくつかのコンサルタント会社で経営コンサルタントとして働いてきた人物だ。

同氏はコンサルタントとしてかなり忙しい生活を送る一方で、生活の優先順位として決して譲れないものがあった。それは食生活だ。グエン氏は健康オタクとも言えるほど食に厳しく、自分が食べる食べ物も栄養素をしっかりと知った上で口の中に入れるという厳格なルールを自らに課していた。

しかし、多忙な仕事と生活を送りながら、上のようなルールを守ることは容易なことではない。

自炊するにしてもそのための時間はなかなかとれないし、その代わりにデリバリーフードを頼む、もしくは近隣のレストランにおいて食事をとる場合においても、栄養素をしっかりと表記しているレストランを探すことからして難しいという現実があった。中にはレストランが健康的であるとして推しているメニューもあるが、その場合メニューはたいていサラダであるというオチも多かったのだ。

このような現実を目の前にして考えを巡らせるうち、グエン氏の頭にあるアイデアがひらめいた。それは「スマートフォンのアプリでレストランやデリバリーフードのメニューを栄養素の観点から検索できるサービスがあれば便利に違いない」ということだ。

グエン氏自身もそのようなサービスを欲しいと思っていたし、また人口の3分の2が肥満か太りすぎであるとされている米国でも多くの人からニーズがあると思えた。今後さらに求められるサービスとなると考えたグエン氏は、アプリケーションの開発に取り掛かる。

まずは多くの何百という栄養士、健康食品に関して著名な識者達に会ってはアドバイスをもらい、試作・テストを繰り返した。

そしてどのようなアプリケーションが求められ、役立つのかを突き詰めた結果、レストランのメニューやデリバリフードをカロリーや栄養素別に検索でき、それぞれのメニューの栄養素を細かく閲覧できるアプリケーションを考えついたという。

食事に関する細かな要件を満たしているメニューのみを検索できる

HealthyOutは近隣のレストラン、テイクアウト、デリバリーフードのメニューを検索することができる。ただ検索できるだけでなく、栄養や食材、カロリーなどについて細かな検索条件をカスタマイズできるのが魅力だ。

画像を見る 画像を見る

たとえば「Dietary Desires」の項目では、標準的な「バランスが良いもの」「低カロリー」の他、「グルテンフリー」や「タクトースフリー」、「脂肪分控えめ」のように入れてはいけないもの、抑えめにしたい成分を指定したり、「心臓病対策」「アトキンスダイエット」のように、健康状態やダイエットに合わせた検索を行うことができる。

「Calories & Points」では上限カロリーを指定する。これによりそのカロリー以下のメニューのみを検索できるというしくみだ。「Cuisine」は料理方法のこと。日本食、メキシコ料理、中華料理などを選ぶことができる。

画像を見る 画像を見る

その他、牛や豚、卵、サラダ、魚介類、豆腐、ターキー、小麦、鳥、魚、パスタ、野菜など使われている食材を細かく指定したり、デリバリー、テイクアウト、レストランなど好きな形態を選ぶこともできる。

もちろんこれらの検索条件は複数組み合わせることができる。たとえば地中海料理で700カロリー以下、心臓病向けのもので、ラクトースフリー、炭酸ナトリウムは控えめ、グルコースコントロール、チャイナ・スタディ、ベジタリアンというかなり細かな要件を設けた上で、それにあてはまるメニューを探すことができるのだ。

画像を見る

個々のメニューページでは、栄養素の詳細、プロテイン、脂肪、炭水化物はどのくらい含まれているのかなどの細かなデータを閲覧できる。またデリバリーフードであればHealthyOut上で注文・決済することもでき、注文後90分以内に配達してくれるという。

どの店がどの程度健康的な試みを行っているかを把握できるようになった

ちなみにHealthyOutに掲載するメニューは、利用者の方でも掲載してほしいメニューの追加を申請することができる。

利用者から申請があれば、HealthyOutがメニューを精査。メニューが大手チェーンによって提供されている場合は公表されている資料から栄養素を調べ、小さいレストランなど栄養層に関する資料が出ていないメニューの場合はHealthyOutが独自に栄養素を調べている。

"どれがレストランであるかは、見れば誰でもわかります。でも「健康的な食事」という観点で見るとき、それがどれなのかは分からないのです。"
 - グエン氏

個別に健康に配慮した取り組みを行っているレストランは多く存在する。しかし、どの店がどのような取り組みを行っているかは個別に調べる必要があった。そこでHealthyOutは店の情報を一括して取り扱うことで、どの店が何に対して、どの程度健康的な試みを行っているか把握できるようにしたのだ。

なお同アプリは2012年12月のサービスリリース当初は月額28ドルのアプリケーション利用料金がユーザーに課金されていたが、現在では無料で利用できるようになった。最終的にはテイクアウト、デリバリーを含めた食に関する栄養情報を、全ての都市で検索できるようにしたいと考えているそうだ。

あわせて読みたい

「ダイエット」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  4. 4

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  5. 5

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  6. 6

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  8. 8

    のん巡る判決 文春はこう考える

    文春オンライン

  9. 9

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。