記事

サム・スミスとUber、そして新しい時代のマーケティングについて

2/3

■Uberでのスペシャル体験

そして、もう一つ。今回のサム・スミスのライブ、僕はUberのキャンペーンでチケットが当たって、行くことができたのだ。そのことはすごく嬉しいし、「Uberすげえ!!」と単純に思ったわけなんだけど、実際のところ、いろいろ考えることもあった。ここからは、そのことについて。

まずは、キャンペーンの概要。こういうキャンペーンだったのだ。

Uberで、第57回グラミー賞4冠を果たしたサム・スミスのスペシャルライブにいこう! | Uber Blog
サム・スミス×配車サービス Uber コラボキャンペーンでライブに招待 | Musicman-NET

「#SamSmithUber」というハッシュタグをつけてツイートを発信することで、Uber配車の黒塗りハイヤーに乗ってライブに行くことができる、という話。そりゃもう、応募しようと思いましたよ。チケットは当然あっという間にソールドアウトだった。ヤフオクも見てみたけど値段は数万円に跳ね上がっていた。超プラチナチケットだ。一応僕は音楽業界でライターとして仕事をしてるわけで、関係者という枠組みに入るんだろうけど、それでも今回のライブに行けるツテはなかった。そういうワケで、以下のツイートをしました。


そしたら一日後、Uberの人から連絡が来た。当選した、とのこと。

画像を見る

ホントだった。アプリを立ち上げたら「Taxi」や「ハイヤー」みたいな選択肢の隣に「Sam」というオプションがあって、それを選んだらライブの場まで連れてってくれるという。渋谷のヒカリエ前で黒塗りのハイヤーが待っていた。Facebookで誘ったヴィレッジ・ヴァンガードの金田さんと一緒に行ってきました。

リンク先を見る

黒塗りハイヤーでサム・スミスのライブへ。すごい時代だ。#SamSmithUber
という、今回のUberのキャンペーン。2組4名様の当選で、後から誰かのツイートで知ったんだけど、どうやらもう一組はモデルの人だったらしい。ツイッター見てたら「なんだよ、せっかく応募して楽しみにしてたのにやらせかよ」みたいな声もあった。もう一人のモデルの人のブログも見つけた。


Sam Smith!!|ロンロンオフィシャルブログ「Rong Rong」Powered by Ameba

まあ、そう思う人はいるかもしれないよな。とはいえ、誓って言うけど、仕込みじゃない。Uberの人とは面識ないし、事前に連絡もらってたような話じゃない。出来レースではない。

でも、僕はブログもツイッターもInstagramもやってるし、そこで日常的に情報発信をしている。フォロワー数だってそれなりにある。音楽ジャーナリストという仕事をやってるわけだし、自分で言うのもおこがましいけど、いわゆる“インフルエンサー”という括りに入るんだろうな、という自覚もある。ついでに言うなら、過去に『ミュージック・マガジン』誌で彼のアルバムを2014年の年間ベストに挙げてたし、過去にブログで何度も彼の音楽について語ってたりする。

そういう意味では、「やらせ」ではないけど、より効果的なバイラル・マーケティングのターゲットとして「選ばれた」んだろうな、という気はする。

(※追記・元の告知、改めてみたら「メッセージの熱さ、リツイート数・いいね数等をベースに当選者を確定します」 とあった。「抽選」じゃなかったわけだ。なので、最初の公開時から、書き方ちょっと変えました)

さて。

ここからが問題だ。僕はこうやって今ブログにレポを書いているわけなんだけど、これは「ステマ」になるのだろうか?

正直、ステルス・マーケティングの正確な定義はわからない。ちょっと前のバズワードとして消費された感もあるから、今さらそれを問題にしている人がどれくらいいるかもわからない。

ただ、ステルス・マーケティングが問題になったり炎上したりした事例をいくつか見て調べたら、やっぱり「偽っていること」がその理由だったということがわかる。たとえば、実際は企業や代理店から報酬を受け取っているのに、それを隠して第三者の振りをしてその企業の商品をオススメしていたり。たとえばブログ自体が架空の人物による「やらせ」の企画だったり。

そういう意味で言えば、ここに書いてきた僕の体験談は、何の偽りもない本当のことで。僕はサム・スミス見たいぜ!と思ってツイートしたし、当選したんだったらそりゃバイラル・マーケティングで恩返しは引き受けるよ、という気もあった。どっちかと言うと「ガチマ」に近い、というか。

先輩の音楽ジャーナリスト、宇野維正さんからはこんなツッコミがあった。


そうそう。そんな感じなんです。ついでに言うと、以下の記事を書いたのは去年のこと。


AirbnbとUberとYelpを使ってNYを旅して思ったこと - 日々の音色とことば

せっかくなんで、宣伝もちゃんとしとこう。以下のリンクから登録すると2000円無料クーポンがつくそうなので(僕にも紹介者として2000円クーポンがつきます)、よろしくお願いします。


Sign Up to Ride With Uber Today | Uber


あわせて読みたい

「音楽業界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  2. 2

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  3. 3

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  4. 4

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  5. 5

    【独自】自民党総裁選4人の候補者に政策方針アンケートを実施 消費増税の可能性から夫婦別姓の是非まで

    BLOGOS編集部

    09月24日 18:49

  6. 6

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  7. 7

    野党4党の討論会で代表代行の江田憲司氏が登場 枝野氏は野党第一党を死守したいだけか

    早川忠孝

    09月24日 18:13

  8. 8

    山口FGで起きた「山口の変」が示唆する地銀改革を邪魔する根源

    大関暁夫

    09月24日 14:34

  9. 9

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  10. 10

    「スマホレジ」が変えるコンビニ店舗の風景

    内藤忍

    09月24日 10:29

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。