記事

サム・スミスとUber、そして新しい時代のマーケティングについて

1/3

■貴重なライブと、その先への期待

サム・スミスのライブを観てきました。しかもUberのキャンペーンで当選して、黒塗りハイヤーで行ってきた。めちゃ貴重な体験をしました。というわけで、今日はその話。

[画像をブログで見る]

待望の初来日。場所は鶯谷の東京キネマ倶楽部。感想から言うと、本当に素晴らしかった。圧倒的に歌が上手い。もうそれ以上余計なこと言わなくていいんじゃない?ってくらいのパフォーマンス。チェロ、ピアノ、ギターというシンプルなバンド編成で、リズム楽器のないアコースティックなアレンジだからこそ、彼の声が持つ色気と浸透力がストレートに伝わってくる。

リンク先を見る

セットリストは6曲。

  1. ニルヴァーナ
  2. アイム・ノット・ジ・オンリー・ワン
  3. グッド・シング
  4. ラッチ
  5. レイ・ミー・ダウン
  6. ステイ・ウィズ・ミー

あっという間だった。おそらく、今回のライブはあくまでショーケース的な意味合いの強いものなんだろう。でも、痛感したのはグラミー賞を受賞して時代の寵児になっている今の彼に対して、こんな小さな場所でショーケース的なライブをするということのもったいなさ。貴重なライブを目撃できた喜びはすごくあるんだけど、その一方で、これはもっと沢山の人が、みんなが観るべきものだという思いはぬぐえなかった。

『スッキリ』に出演したというのは「いかにも」と思ったけれど、それだけじゃなく、それこそ『Mステ』にも出てほしいし、夏フェスの大きなステージにも立ってほしいと思った。時代を代表する、みんなが知ってるスターになり得る器だと思った。

「レイ・ミー・ダウン」の前のMCで、サムは「自分の人生はアルバムをリリースして大きく変わった」と言っていた。ゲイであることも含め、彼は自分の「ありのまま」をさらけ出して音楽という表現にした。それが世界中で受け入れられた。そのことは、これからの社会をイメージする上で象徴的なことである、とも思うのだ。

少なくとも、アメリカのエンタテインメントの世界は変わりつつある。マイノリティがキワモノとして取り沙汰されるのではなく、それぞれの違いを認めつつ「イコール」な存在として、その多様性が認められるように変わりつつある。前にも、グラミー賞とからめてそのことは書いた。


サム・スミスとグラミー賞、アメリカと日本について - 日々の音色とことば

もちろん、彼自身は別に社会的なスタンスやメッセージ性を持ったシンガーというわけじゃない。それでも、サム・スミスみたいな人がヒーローに成り得る世の中って、すごく素敵だと思うのだ。だからアメリカだけじゃなく日本でも売れてほしい。もっともっとブレイクするだろうし、すごく期待してる。

あわせて読みたい

「音楽業界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「レジ袋の有料化」と「レジ袋の減少化」が生んだ本末転倒な事態

    自由人

    09月22日 22:07

  2. 2

    賃上げ・労働分配率向上策は、河野氏の法人税減税よりも高市氏の人材育成投資が有効

    赤池 まさあき

    09月22日 09:04

  3. 3

    アメリカの輸入規制撤廃に福島から喜びの声 「菅首相の置き土産?」指摘も

    BLOGOS編集部

    09月22日 16:26

  4. 4

    横浜市長就任後も疑惑について説明しない山中竹春氏 ウソと恫喝の追及は続く

    郷原信郎

    09月22日 10:56

  5. 5

    菅さんの水面下での仕事の成果が今になって出て来たようだ

    早川忠孝

    09月22日 15:52

  6. 6

    サンドウィッチマン、かまいたち、千鳥…Googleで検索されている芸人ランキング

    放送作家の徹夜は2日まで

    09月22日 10:48

  7. 7

    河野太郎氏は、国会議員投票でも一位を取るべく全力を尽くしべし

    早川忠孝

    09月22日 17:41

  8. 8

    ワクチンパスポートの目的は差別じゃない~区別と差別を明確に切り分ける重要性~

    山崎 毅(食の安全と安心)

    09月22日 08:19

  9. 9

    鳩山由紀夫氏“民主党は内ゲバで崩壊”と的確な分析に賛同も「急にまとも」と困惑続出

    女性自身

    09月22日 14:37

  10. 10

    公明・山口代表 給付金を選挙公約に掲げるも「何をいまさら」と呆れ声

    女性自身

    09月22日 16:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。