記事

サム・スミスとUber、そして新しい時代のマーケティングについて

1/3

■貴重なライブと、その先への期待

サム・スミスのライブを観てきました。しかもUberのキャンペーンで当選して、黒塗りハイヤーで行ってきた。めちゃ貴重な体験をしました。というわけで、今日はその話。

[画像をブログで見る]

待望の初来日。場所は鶯谷の東京キネマ倶楽部。感想から言うと、本当に素晴らしかった。圧倒的に歌が上手い。もうそれ以上余計なこと言わなくていいんじゃない?ってくらいのパフォーマンス。チェロ、ピアノ、ギターというシンプルなバンド編成で、リズム楽器のないアコースティックなアレンジだからこそ、彼の声が持つ色気と浸透力がストレートに伝わってくる。

リンク先を見る

セットリストは6曲。

  1. ニルヴァーナ
  2. アイム・ノット・ジ・オンリー・ワン
  3. グッド・シング
  4. ラッチ
  5. レイ・ミー・ダウン
  6. ステイ・ウィズ・ミー

あっという間だった。おそらく、今回のライブはあくまでショーケース的な意味合いの強いものなんだろう。でも、痛感したのはグラミー賞を受賞して時代の寵児になっている今の彼に対して、こんな小さな場所でショーケース的なライブをするということのもったいなさ。貴重なライブを目撃できた喜びはすごくあるんだけど、その一方で、これはもっと沢山の人が、みんなが観るべきものだという思いはぬぐえなかった。

『スッキリ』に出演したというのは「いかにも」と思ったけれど、それだけじゃなく、それこそ『Mステ』にも出てほしいし、夏フェスの大きなステージにも立ってほしいと思った。時代を代表する、みんなが知ってるスターになり得る器だと思った。

「レイ・ミー・ダウン」の前のMCで、サムは「自分の人生はアルバムをリリースして大きく変わった」と言っていた。ゲイであることも含め、彼は自分の「ありのまま」をさらけ出して音楽という表現にした。それが世界中で受け入れられた。そのことは、これからの社会をイメージする上で象徴的なことである、とも思うのだ。

少なくとも、アメリカのエンタテインメントの世界は変わりつつある。マイノリティがキワモノとして取り沙汰されるのではなく、それぞれの違いを認めつつ「イコール」な存在として、その多様性が認められるように変わりつつある。前にも、グラミー賞とからめてそのことは書いた。


サム・スミスとグラミー賞、アメリカと日本について - 日々の音色とことば

もちろん、彼自身は別に社会的なスタンスやメッセージ性を持ったシンガーというわけじゃない。それでも、サム・スミスみたいな人がヒーローに成り得る世の中って、すごく素敵だと思うのだ。だからアメリカだけじゃなく日本でも売れてほしい。もっともっとブレイクするだろうし、すごく期待してる。

あわせて読みたい

「音楽業界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  3. 3

    コロナ感染急拡大で日本医師会が緊急声明、全国への宣言検討を

    ロイター

    07月29日 20:40

  4. 4

    「ここまでのコロナ対策が失敗だったと認めた方がよいのではないか」杉尾秀哉議員

    立憲民主党

    07月29日 19:13

  5. 5

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

  6. 6

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  7. 7

    太陽光発電を推進することは、国家安全保障上危険

    赤池 まさあき

    07月29日 10:12

  8. 8

    菅首相 SNSでメダリストを祝福も感染爆発には“取材拒否”「総理辞めて」の大合唱

    女性自身

    07月29日 14:00

  9. 9

    部下に怖いと思われるのは、「等身大の自分」を分かち合えていないから

    サイボウズ式

    07月29日 17:00

  10. 10

    高校に通わなかった東大名物教授の独学勉強法 本や教科書は疑って読むクセ

    宇佐美典也

    07月29日 12:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。