記事

「豊かさ」ってなんだろう。――THE NOVEMBERS小林祐介氏と考える

1/3
画像を見る
「豊かさ」ってなんだろう。

ふと、そういう疑問を持った。ちょっと大きなテーマなんで、なかなか手に負えないんだけど、それについて今のポップミュージックを通してちゃんと考えてみようと思ったのが年の暮れの頃。ほんとは正月にブログにアップしようと思ったんだけど、いろいろ忙しくて、ぼやぼやしてるうちに2月下旬になってしまった。

今日はそういうテーマの記事です。とはいってもちゃんと結論が出てるわけじゃないんだけど。

■ポップソングと「豊かさ」と「多様性」について

ここ数年、「豊かさ」ということを考えてみようというきっかけになったのが、THE NOVEMBERSというバンドの音楽を聴いたこと。というのも、彼ら、作品をリリースするごとに、ブログなどでこのことについて書いていたので、ずっと気になっていたのです。たとえば下記。
僕は心身の健康や、人生の豊かさに価値を置いています。

何を持って“健康”なのか、何が人生の“豊かさ”なのか。それは生きている人が自分の目で選び、自分の手で勝ち取っていくものだと、僕は思います。

なので、例え僕と他の誰かの“健康”や“豊かさ”が違ったとしても、それは自然な事であり、誰にもそれを奪う権利はありません。しかし、あまりにおせっかいで、お人好しで、図々しい人というのはそれを許しません。

お互いが違うという事を認めず、自分の“健康”や“豊かさ”を他人にも強要します(提案にとどめるのが良心というものです)。それは時に争いを生みます。

「僕達は同じになれる」「きっと話せばわかりあえる」という気の利いた(?)言い方をする人もいるかもしれませんが、それが叶わなかった時、その人は怒ったり悲しんだり蔑んだりします。悪気はないのです。だからたちが悪いのです(どちらもマジだから)

僕達はどこまでも違ったまま、わかり合えないまま、つるんだり、離れたりします。
「今日も生きたね/ブルックリン最終出口」によせて « THE NOVEMBERS
THE NOVEMBERS「今日も生きたね」 - YouTube

でも、とくにJ-POPのアーティストが「心身の健康や人生の豊かさ」をキーワードに曲を作ることって、ほとんどないと思うのですよ。むしろシンプルな「切なさ」とか「恋しさ」や「焦燥感」の方が多いと思う。もしくはもっと本能的な「楽しさ」とか。なぜなら、そのほうが共有しやすいし、共感しやすいから。

上に書かれてるとおり、何をもって「人生の豊かさ」なのかという感覚は人によって違う。そして、よく言われてる通り、その満足感を他者との比較によって得ようとすると悲惨なことになる。「ママカースト」みたいな話とかね。

たぶん、数十年前はみんなが共通して持ちうる「豊かさ」のイメージがあったんだと思います。それが社会のムードを一つにする物語を作っていたんだと思う。60年代の東京オリンピックとか『三丁目の夕日』的な話でね。でも、そこから時代は変わった。一つのゴールに向かって一斉に走っていくような社会ではなくなった。多様性を持った人たちが、バラバラのまま認め合うような社会が理想とされるようになった。

もちろん、ホームレスや難民の人みたいに、雨露をしのぐ場所すらままならない、食べていけるかどうかもギリギリ、みたいな状況だったら「豊かさのイメージ」とかしゃらくさいこと言ってんじゃないよ、って感じかもしれない。

でも僕が「なんだかなあ」と思っているのは、そういうわかりやすい経済的な困窮の話じゃなくて。むしろ、ここ数年ネットなどで散見される、そういう弱者に対しての振る舞いから透けて見える「貧しさ」なのです。たとえば、生活保護を受けている人へのバッシングをしていたり、マイノリティや特定の人種や信条を持つ人に対して簡単に「◯◯は出ていけ」と言い放ってしまうような人。そういう人が持つ「余裕のなさ」なんですよ。

そういうことを言っている人は、得てして、困窮しているわけではなくて、それどころか、むしろ当面暮らすには申し分ない収入や社会的な地位を持っていることもある。歳もそれなりに高齢だったりする。そういう人が、他者に対する攻撃性を発揮している。ということはその当人は決して「衣食足りて礼節を知る」という状況になく、むしろ「満たされていない」「我慢ならない」というメタメッセージを発しているわけで。つまり、60年代にみんなが目指していたゴールラインの向こう側に、そういう「余裕のない」人たちが沢山いるのが今の時代とも言える。

そういう時代における「豊かさ」って、一体なんだろう?と思うわけなのです。

あわせて読みたい

「幸福度」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    報ステ編集謝罪 印象操作するTV

    かさこ

  2. 2

    進次郎氏のCOP25演説に「失笑」

    舛添要一

  3. 3

    桶川事件20年 警察が隠した怠慢

    BLOGOS編集部

  4. 4

    アナ雪2騒動 黙秘の電通に苦言

    やまもといちろう

  5. 5

    英語試験批判にキーマンが大反論

    NEWSポストセブン

  6. 6

    宮川花子の後悔 医師信じず失敗

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    韓国の元徴用工「差別なかった」

    NEWSポストセブン

  8. 8

    いきステ不調 改善には社長交代?

    永江一石

  9. 9

    野村克也氏 大谷は下半身を磨け

    幻冬舎plus

  10. 10

    忘年会やめて「ボーナス増やせ」

    かさこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。