記事

18歳からギャンブル?

我々賭博業界にとっても大きく関係ありそうなニュースが報道されています。以下、日経新聞からの転載。
法相、民法の成人年齢引き下げ検討
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS20H0R_Q5A220C1EAF000/

上川陽子法相は20日の閣議後の記者会見で、選挙権年齢が来年の参院選から18歳以上に引き下げられる見通しになったことに関連し、民法の成人年齢の引き下げを検討する考えを示した。「(成人年齢を)投票権年齢、選挙権年齢に一致させられるよう、経過措置の要否などの諸課題について検討したい」と語った。
そもそも、民法上の成人年齢を引き下げましょうという論議は、昨年の国民投票法の制定にあたって、若者の政治参加を即すことを目的に始まったものです。昨年成立した国民投票法は、20歳以上を投票可能年齢としていますが、その附則に以下のような規定が設けられています。
国は、この法律の施行後速やかに、年齢満18年以上満20年未満の者が国政選挙に参加することができること等となるよう、国民投票の投票権を有する者の年齢と選挙権を有する者の年齢との均衡等を勘案し、公職選挙法(昭和25年法律第100号)、民法(明治29年法律第89号)その他の法令の規定について検討を加え、必要な法制上の措置を講ずるものとする。
という事で、冒頭の上川法相による会見は、「この規定に則り、粛々と検討を進めてゆきます」というメッセージであるわけですが、当然ながらこの民法上の成人年齢の引き下げは選挙権の他にも他にもアチラコチラに影響を与えるわけで、その中で大きな論議となっているのが酒・たばこ・賭博などに関する使用(利用)可能年齢の問題です。

ここで現在、我が国に合法として存在する賭博およびそれに類するサービスの利用可能年齢を見てみましょう。

 競馬: 成年者
 競輪: 成年者
 競艇: 成年者
 オートレース: 成年者
 宝くじ: 年齢制限なし
 サッカーくじ: 19歳以上
 パチンコ: 18歳以上

実は、我が国の賭博およびそれに類するサービスの利用可能年齢は、それぞれの論拠法の中で定められているものであって、各事業ごとに規定内容が異なります。

大まかな傾向でいうと、我が国で法律上「賭博」として明確に規定されている公営競技においては、その利用可能年齢は一律横並びで「成年者」となっています。一方、法律上、射幸性が賭博までには至らない娯楽行為とされている「遊技業」、すなわちパチンコは、その他の風俗営業法が規制する業態と同じく18歳以上が利用可能年齢となっています。

そして、最もトリッキーなのが法律上、賭博とはまた異なる分野の「富くじ」として規定されている宝くじとスポーツくじです。宝くじの論拠法である、当せん金付証票法は戦後直後の1948年に成立した法律ですが、その成立当初から年齢に関する規定は存在しません。よって、現在においても宝くじの購買は小さな子供であっても可能です。

一方、1998年に合法化されたサッカーくじですが、法律上は宝くじと同じ「富くじ」として扱われており、そこに横並びの「年齢制限なし」とするのが、制度上は最も「美しい」有り様です。しかし、サッカーくじの合法化当時、それに強力に反対したPTAの皆様方が「サッカー好きの子供達の教育に悪影響が出たらどう責任取るつもり、キー!!」とヒステリーを起こしたため、法の制定時にしぶしぶながら年齢制限が付けられることになりました。

しかも、年齢制限を付けることになった経緯が経緯なので、その利用可能年齢は「20歳以上」でも「18歳以上」でもありません。一般的な青少年が高校を「卒業した後」となる「19歳以上」という、なんとも中途半端な気持ち悪い設定となった次第です。



以上のように我が国の賭博およびそれに類するサービスの利用可能年齢はバラバラなわけですが、もし現在論議されている民法上の成人年齢か18歳以上に変更された場合はどうなるでしょう。

当然ながら「成年者」の利用を認めている競馬、競艇を代表とする公営競技の利用可能年齢は18歳以上に変わります。これは、公営競技の各論拠法がその条文の中に具体的な利用可能年齢を示さず、「未成年は投票権を購買し、又は譲り受けてはならない」としか定めていないが故。法の条文に「未成年」と書いて有る限りは、民法の定める成人年齢に則った運用となるわけです。一方、「18歳以上」、「19歳以上」と論拠法側に年齢が明確に定められているパチンコとサッカーくじには民法改正は影響を与えません。

そうなると、民法が改定された後の世界は、これまた非常に中途半端なキモチ悪い状況が生まれます。先に行ったのと同様に、民法改正後の各賭博系サービスの利用可能年齢を並べてみると以下のようになります。

 競馬: 成年者(18歳以上)
 競輪: 成年者(18歳以上)
 競艇: 成年者(18歳以上)
 オートレース: 成年者(18歳以上)
 宝くじ: 年齢制限なし
 サッカーくじ: 19歳以上
 パチンコ: 18歳以上

なんとも違和感満載のサッカーくじ(笑) …当時のPTAの方々はなんという罪作りな方々なのでしょう。

ただし、現在の成人年齢の引き下げ論議の中では、酒、たばこ、賭博の類の使用(利用)開始可能年齢に関しては、現状の「20歳以上」を維持すべきなどという声も出ており、上でご紹介したようなキモチ悪い世界が生まれるかどうかは、本当は未だ不明なんですけどね。

さてさて、結末はどうなるでしょうか?

あわせて読みたい

「ギャンブル」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  2. 2

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    朝日新聞170億円赤字 社長退任へ

    BLOGOS編集部

  4. 4

    渋野騒動 日テレのスポーツ軽視

    WEDGE Infinity

  5. 5

    追えないだけ?電車内の集団感染

    諌山裕

  6. 6

    共産党の式欠席に「ありえない」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    よしのり氏が秋篠宮さまを擁護

    小林よしのり

  8. 8

    やきそば名物店 コロナで閉店へ

    田野幸伸

  9. 9

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

  10. 10

    コロナ自殺を増さぬよう経済回せ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。