記事

ウクライナ停戦発効

ウクライナ東部の、ウクライナ政府軍と親ロシアはとの戦闘が続いていた地域で、15日午前0時(日本時間同日午前7時)に、停戦が発効しました。

この停戦合意は、ウクライナ、ロシア、ドイツ、フランスの首脳が、12日徹夜の会議でまとめたものです。

昨年9月にも、停戦合意に署名しましたが、すぐに崩壊しています。

今回の合意には、重火器の撤退が含まれています。

ウクライナの主権と領土保全を尊重しつつ、東部の自治権を拡大することなどがうたわれています。

日本では、日本人が関わったイスラム国のテロなどは集中して報道されますが、遠い国ウクライナの戦闘についての関心は低いように思います。

昨年秋で、戦死者が3千人を超えていて、現在は、約5千人にのぼっています。

特に、最近の戦闘で急増していると報じられています。

今度こそ、停戦合意の実現に全力で当たってほしいと思います。

ロシアは、東部地域にロシア軍を展開し、親ロシア派へ武器を供与していて、欧米から批判されていましたが、ほとんど改善せず、ロシアの責任は大きいと思います。

ウクライナ政府も、親欧米派の政権が、武力による制圧を改めて、東部の住民との信頼を取り戻すことが必要です。

停戦まで24時間をきっても、親ロシア派とウクライナ政府軍の間で、激しい戦闘が続いていて、停戦合意は重大な危機にあるとウクライナの大統領が批判していました。

停戦が実現するのか危ぶまれましたが、停戦発効後、散発的に交戦はありますが、おおむね順守されている、とのこと。

今後、停戦が合意通りに維持されるかが焦点になっています。

この合意が壊れ、アメリカがウクライナに武器供与などの関与を強めるようなことがあれば、米ロの代理戦争のようになり、さらに泥沼化してしまいます。

戦闘があると、一番の犠牲者は子どもなど弱い立場の人たちになるので、何としても停戦を維持してほしいと思います。

あわせて読みたい

「ウクライナ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。