記事

野田佳彦首相は、財務官僚に操られるばかりか外務官僚の「マリオネット」か

◆野田佳彦首相は11月5日を目途にTPP(環太平洋経済連携協議)交渉参加を決定する方針という。このTPPでは、24分野(項目)について協議されるそうだが、この24分野というのが、よくわからない。外務省は、このリストはもちろん、米国オバマ大統領が24分野によりTPPにより、いかなる「戦略」を展開しようとしているのかについて、何ら具体的な情報を国民に開示していない。にもかかわらず、いかにも江戸時代の幕府さながらに「寄らしむべし、知らしむべからず」とばかり、「支持せよ」と言っている感が強い。その外務官僚の「マリオネット」となり、踊らされているのが、野田佳彦首相である。どうもこの「どぜう」は、操り人形らしい。

 それにしても、マスメディアのテレビ放送各局は10月23日早朝から、「TPP、TPP」とピーピー、キャーキャーうるさかった。とくにうるさかつたのが、フジテレビの「新報道2001」で、「緊急生討論・・・TPP参加で日本はどう変わるのか食卓安全&医療の未来推進VS慎重論客が激論」とやりあっていた。TPP参加積極派は、農業県山形選出の民主党の近藤洋介衆院議員(父・近藤鉄雄元経企庁長官よりは、かなりインテリジェンスに欠ける。)、みんなの党の江田憲司衆院議員、慎重派は民主党の山田正彦元農水相と桜井充衆院議員(医師)、加えて榊原英資元財務官が慎重派的な立場で、激論を戦わせていた。この結果、参加するにしても、民主党は経験が浅く「交渉力」が問われるという危惧だけが残った。そして、いつも言っているように、肝心要のオバマ大統領の「TPPに賭ける国際戦略」は、少しも見えず仕舞いだった。これでは、極秘裏に建造して、秘密作戦を敢行して奄美近海の深海に藻屑と消えた「戦艦大和」のときと、何ら変わらない。またまた米国の餌食になるのがオチだ。

◆ TPP論議で話題になるキーワードの1つが、「24分野」という言葉である。マスメディアが報ずるところによると、TPP交渉では、以下の「24分野」が協議されるらしい。

 1.主席交渉官協議、2.市場アクセス(工業)、3.市場アクセス(繊維・衣料品)、4.市場アクセス(農業)、5.原産地規制、6.貿易円滑化、7.SPS、8.TBT 9.貿易救済措置、10.政府調達、11.知的財産権、12.競争政策、13.サービス(クロスボーダー)、14.サービス(電気通信)、15.サービス(一時入国)、16.サービス(金融) 17.サービス(e−commerce)、18.投資、19.環境、20.労働、21.制度的事項、22.紛争解決、23.協力、24.横断的事項特別部会。

 しかし、これらの項目を見ると、OECD(経済協力開発機構=欧州諸国を中心に日・米を含め30ヶ国の先進国が加盟する国際機関)から1980年代に、日本が「各分野の規制緩和」を勧告されて以来、30年になる。私は、毎日新聞政治部にいて、厚生省記者クラブに配置されていた。このころは、製薬業界が色めき立っていた。これを受けて、厚生省薬務局を中心に、欧米から薬がドッとなだれ込んでくるのを防ごうと躍起だった。薬の許認可するのに必要な検査基準が欧米とは違うという理由を力説して、規制撤廃に激しき抵抗、拒否したのである。日本人と欧米人とは、体型も体質も違うことを考えれば、合理的な理由であった。こうして障壁を守ってきたのである。

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  3. 3

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  4. 4

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  6. 6

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  7. 7

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  8. 8

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

  9. 9

    「特攻」冬の発熱対応に医師嘆き

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。