記事

天龍源一郎の「家内の病気のために廃業」を支持する

画像を見る

「ミスタープロレス」天龍源一郎が「廃業」を表明した。65歳だ。

記者会見を報じるニュースによると
「ここまでプロレスラーを続けてこられたのはうちの家族の支えがあった。一番支えてくれた家内の病気があったので、今、身を引いて今度は俺が支えていく番だと思った。そろそろプロレス人気も盛り上がってきて、潮時かなと思った」
とのこと。ここ数年、彼自身が腰部脊柱管狭窄症で初めての長期欠場をしたり、2度の手術を受け、リハビリなどをしていた。「家内の病気のため」と言うが、本人自身ももう十分、戦ったと思う。

彼らしい引退だと思う。
「ロックバンドの解散とプロレスラーの引退は信じちゃいけない」
というのは、大槻ケンヂの名言だが、天龍源一郎は戻ってくることは無いだろうと信じている。なんせ、潔い、気持ち良い人だから。

そして「家内の病気のため」に「廃業」というのは、社会的に良いメッセージだと考える。「絆」「つながり」なんていう言葉が薄っぺらく消費されるソーシャルメディア時代。「愛」なんて表現も、カラオケのサビや、LINEのスタンプが消費していく世の中。そういう一般的に使われる「絆」や「つながり」や「愛」を私は信じない。ただ、家族の愛は信じたいと思う。家内の病気のために、仕事をやめる自由を私は支持する。

もっとも、プロレスラーを引退するのであって、天龍源一郎を引退するわけではないようだ。会見の報道によると、芸能活動などの可能性は残しているようである。試合はしないものの、興行のゲストなどでプロレスをますます盛り上げてほしい。
「そろそろプロレス人気も盛り上がってきて、潮時かなと思った」
という言葉にも、トップレスラーとしての誇りと責任を感じた。私が知るかぎり彼は、プロレスが盛り下がっている時期にそれを盛り上げるという使命を果たしてきたのだと思う。もっとも、彼がメガネスーパーがスポンサーについたSWSに移籍したことで全日本プロレスの前途が不安になった時代はあったわけだが。ただ、彼が移ることによって、三沢・川田・田上・小橋による四天王プロレス時代が早くやってきたとも言える。

引退試合はまだこれからだが、良い引退宣言だったと思う。ありがとう。

あわせて読みたい

「プロレス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  2. 2

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  3. 3

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  4. 4

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

  5. 5

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  6. 6

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  7. 7

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  8. 8

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  9. 9

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  10. 10

    中間層や無党派層の動きが読めない横浜市長選 日本の政治状況が急展開か

    早川忠孝

    07月24日 18:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。