記事
  • Lilac

マタニティ英語

1/3
さて、前記事とは打って変わって違う話題で。

皆さんは、日本語でははっきりわかっているのに、英語で分からない・通じないで悲しい思い、悔しい思いをしたことはありますか?私は数えきれないほどあります。

昔、別ブログMy Life After MIT Sloanでも書いたので、興味があれば是非こちらも読んで頂ければと思いますが、どんなに勉強していたり、知っていることでも、固有名詞や専門用語が英語圏で使われているものと異なるため通じず、悲しく寂しい思いをしてしまうことが、海外の人と話しているとよくある。

私にとって初めての海外経験だった、大学4年生でのドイツの研究所でのインターンの時のこと。インド人の学生から「シャルルマーニュ」と言われて誰だかわからず、思わず「誰?」と聞いたところ「日本人は余り世界史を知らないんだね」と決めつけられてしまった。
後で、神聖ローマ帝国のカール大帝(Karl der Grosse、実は日本語のほうがドイツ語に忠実)のことを英語圏ではシャルルマーニュと呼ぶことが知るが、自分の無知のために日本人全体を否定されたような気がして、大変悲しい思いをした。
その後も、社会人になってからや留学中など、科学系の専門用語、現代哲学、歴史上の人物や事象などが全く外人に通じず、悲しくつらい思いを何度もした。

それ以来、何か新しいことを勉強するときは、私は必ず英語と日本語の両方で学ぶようにしている。

というわけで、長い前置きでしたが、今回も、妊娠が分かってから、英語圏の記事なども読み、英語で何ていうのかを覚えるようにしていたので、仕事などで外人と話すなどの時に使えそうな英語表現をご紹介する、というのが当記事の趣旨です。

まずは基本編から。


これは、自分が妊娠していなくても、同僚などに妊婦がいれば普通に使う表現。

1. I am expecting/I am expecting a child(私は妊娠している)
pregnantという形容詞は直接的すぎて、日常会話では余り使われないのはよく知られている。
pregnantを使う場合でも、I got pregnantなどと言い、Be動詞は使わないことが多いようだ。で、代わりにexpecting という表現を使う。
この表現は英米欧、その他ヨーロッパの英語通話でも、普通に使われるので間違いないI am expecting だけで通じるし、I am expecting my first child(第一子を妊娠中です)などと明確に表現してもよい。

逆に、expecting を単独に使うと、そういう意味にしかならないので注意。先日、私の後輩(♂)が「期待してます」というつもりで、I am expecting. で言葉を止めてしまい、外人パートナーを一瞬??という顔にさせていた。男だし、文脈的に誤解されることは無いと思うが。I am expecting XX to happenなど、目的となる言葉を入れないと「期待する」という意味にはならない。

2. Due date (出産予定日)/ When is your due ? (ご出産はいつ?)
] これもよく使う。私の妊娠が会社内で知られるようになってから、海外の人によくこう聞かれることが増えた。Due date も「締切」という意味があるが、単独で使う場合、妊婦やその家族に使う場合は出産予定日のことを指す。When are your due? と聞かれたら、My due date is March 8th. とか I am due in early March などと答えれば良い。

3. Morning sickness (つわり)
英語圏はつわりは朝だけの人が多いのか、というのは冗談だが、朝の空腹時に特に気分が悪くなることが多いため、こう呼ばれるらしい。日本では、つわりは一日中続くイメージが多いので、不思議に思うが、英語圏で一日中つわりを感じる人も、Morning sicknessと言っている。Morning sickness in the evening, Morning sickness at night などでググると、午後以降つわりに苦しむ人の数の多さがわかる。

少なくとも、英語圏では、食べづわり(食べないと空腹で気持ち悪くなるつわり)が多いのかもしれない(冗談です)

4. First trimester (妊娠初期)/ Second trimester (妊娠中期) / Third trimester (妊娠後期)
これは言い方の違いだけなので、覚えれば良い。どこまでを初期とするか、どこまでを中期とするか、などは日本国内でも医者によって異なるくらいなので、気にする必要はない。
I am in the first trimester といえば、つわりの多い時期、不安定な時期。
The second trimester なら安定期。
The third trimester ならお腹も大きいし、もうすぐ生まれるのね、
という認識は全世界共通なので、これらをちゃんと覚えていれば、とりあえずは問題ない

あわせて読みたい

「英語」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    15日で変異 コロナの性質に驚愕

    大隅典子

  2. 2

    春節が日本での感染爆発防いだか

    岩田健太郎

  3. 3

    米医の「コロナ99%予防」に感心

    原田義昭

  4. 4

    外出禁止 日本人の消えたハワイ

    荒川れん子

  5. 5

    エコバッグ禁止令 全米に拡大か

    後藤文俊

  6. 6

    朝日は布マスク記事を撤回せよ

    青山まさゆき

  7. 7

    迅速な現金給付を阻む野党に疑問

    宮崎謙介

  8. 8

    志村さん 最後の収録と夜遊び姿

    NEWSポストセブン

  9. 9

    現金給付 収入減の証明は難しい

    大串博志

  10. 10

    「1世帯30万円」報道に不信感

    藤田孝典

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。