記事

第5回 菊池健×鈴木みそ:あまり多くない読者とともにマンガ家が生きていくには「どうでもいい作品が大量にセルフパブリッシングされる未来も、また自由である。」

【前回記事】
「『電子出版めんどくさい』と言っていた大御所も市場に入れば、歯車が回りだす。」

名のあるプロもアマチュアも横一線

――――お話を伺いながら、われわれ(株式会社ボイジャー)のことを振り返っていました。実はボイジャーは(インプレスによってデータが集められるずっと前の)1992年から電子出版をやっていたので、やっぱりトライが大事だと思いました。いろんな可能性があるし、頭で考えることももちろん大事でしょうけど、やっぱりやることやらないといけない。でも、その敷居が低くなったということですよね。

鈴木:今では技術屋さんが、すごく面倒くさかったことを簡単に可能にしてくれる。コンテンツを持っている人たちが簡単にそれらを電子化できるようになると、販売しやすい、そういう環境がどんどん整って、また次の世代を押し上げていくと思うんです。逆に、マンガ家は収入が分散して、お金は入りにくくはなるんですけれども。アマチュアで作品をいっぱい見てほしい人たちの作ったものの中で爆発的に売れるものが出てくると思うんです。そういう意味では(貧富の)二極化のモデルは変わらないんですけど、チャンスはあるし、マンガ家になりたい人たちが電子でどんどん読んでもらえるようになる、それは間違いないと思います。

リンク先を見る

(左から)鈴木みそさん、菊池健さん

――もう一つお聞きします。22年間電子出版をやってきたボイジャーが、有名な作家さんと提携するようになって、たとえば池澤夏樹さんの小説などをうちで電子出版することになったんですが(※編集部注:2014年7月から順次刊行されている「impala e-books」のこと)、こういった知名度のある最強の人たちと、(セルフパブリッシングを始めたての)無名の人たちの両方とわれわれは今付き合っている……それが非常に面白くて。しかし、真ん中の層の人たちがいないんですよ。真ん中の層の人たちは、出版社に電子化の権利を押さえられていますから、われわれは手が出せないんです。

鈴木:そうですね。出版業界は「才能のある作家を育てて、爆発的に売れるようにして、そのメリットをみんなに回す」みたいなことがもうなくなってしまうので、そういう意味では、どこからどんな作家が飛び出してくるかわからない、名のある人もアマチュアも横一線のような状況なんだと思います。

――最後に、お二方からみなさんに一言いただいて終わりにしたいと思います。

菊池:作家さんにとって「どこで描くか」は食っていくための売上として、とても大事ではあるんですが、もう一方で、「ここでなら描きたい」と思えるかどうかも結構重要です。当たり前ですけど若い作家のほとんどはみんな『ジャンプ』で描きたいんですよ。そうはいかないんですけどね。「なぜここでなら描きたい」のか。たくさん売れるからなのか、いい取り組みをしているからなのか、いい編集者がいるからなのか……そういう根拠になるものが電子出版界にも出てきたときに、かなり破壊力があるんじゃないかと思うんです。それがこれからどうなっていくのかが、すごく私の関心あるところです。

鈴木:今までは、マンガを描いて発表するのも、もの書いて発表するのも、出版は紙の本があって、編集者がいて、印刷して……という手順を踏んでやってきたわけですが、その手順がなくなることによるマイナス面ももちろんあります。クオリティの問題やら。なので、今後どうでもいい作品が大量に出てくるだろうなということも想像されるんですけれども、それもまた自由である、ということで、描きたい人が描きたいように描く。ブレーキをかける人もいないということです。どうでもいい作品が増えてきたときに、「これ面白いよ」って見つけるキュレーターのような役割も増えていくんじゃないかと思います。これから先は環境が激変すると思うんですよ。全然予想もつかなかったことが起こりえると思っているので。ただ、頭の中でものを考えて作っていく、というその作業は変わらないと思うので、マンガ家の原点「面白いものを描く」という、そこについては僕は変わらないように、ブレないようにしていきたいと思っています。

菊池:それは間違いないですね。


※動画中の0:53:36から0:59:40ごろまでの内容がこの記事(「どうでもいい作品が大量にセルフパブリッシングされる未来も、また自由である。」)にあたります。

[あまり多くない読者とともにマンガ家が生きていくには 了]

構成:長池千秋 / 編集協力:猪俣聡子
(2014年7月4日、第16回国際電子出版EXPOのボイジャーブースにて行われた講演「KDPが私の道を拓いた!」より)

あわせて読みたい

「電子書籍」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  2. 2

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  3. 3

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  4. 4

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  7. 7

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  8. 8

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  9. 9

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  10. 10

    世界初の自動運転「レベル3」登場も複雑化する使用条件

    森口将之

    08月03日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。