記事

習近平の反汚職運動に怯える北京のエリートたち - 岡崎研究所

米ニューヨーク大学のジェローム・コーエン教授が、1月1日付フィナンシャル・タイムズ紙掲載の論説において、習近平の反汚職運動は、単なる権力闘争にとどまるのか、方向性が分からず、北京のエリート、特に経済人の間で不安が高まっている、と分析しています。

 すなわち、習近平による反汚職運動は、党の組織、大規模国営企業、中国の実業界のみならず、政府のあらゆる階層にいる党員たちの日常的慣行にも具体的な影響を与えている。あらゆる人々が、長年にわたり中国の経済的・社会的発展の潤滑油となってきた、賄賂の授受に慎重になっている。

 共産党は、現在と過去の政治局員を含む最高位の指導者も、反汚職運動の対象から免除されないと主張しているが、多くの者はそれに懐疑的である。これまでに捕えられた主な「トラ」、周永康と薄熙来は、習近平の派閥の敵対者であった。明らかに捜査対象の候補と思える、もっと高位の指導者が他にもいる。

 習近平と王岐山は、さらに大胆にターゲットを選び、反汚職運動が都合の良い復讐劇に過ぎないとの疑惑を払拭できるであろうか。問題は、追及対象の選択基準である。現指導部の支持者の中の「トラ」も標的にすれば、反汚職運動は公共の利益に基づいて行われていると国民に信じさせることが出来るかもしれないが、追及を進めれば、現在は安定している党指導部に危険な混乱を招くリスクを冒すことになる。習は、このリスクにつき、少なくとも党内から暗黙の警告を受けている。

 多くの北京のエリートが、不確実さ、怖れ、フラストレーションを感じているとしても不思議ではない。現在の反汚職運動がどのような方向に向かっているのか、誰の身が安全なのか、何がなされ得るのか、誰にもわからない。中国のエリート、特に新興経済人にとり、北京は、外国人が考えているよりも遥かに心配な場所である、と指摘しています。

出典:Jerome Cohen,‘Xi’s crackdown on corruption has hit the obvious targets’(Financial Times, January 1, 2015)
http://www.ft.com/intl/cms/s/0/32b90fd8-8129-11e4-b956-00144feabdc0.html#axzz3NYiKZNLK

* * *

 習近平の反汚職キャンペーンが、権力闘争の色合いをますます濃くしつつあることを指摘した論説です。習近平の所属する「太子党」からは摘発者はなく、江沢民・胡錦濤の各グループからのみ摘発者が出ていることは、反汚職キャンペーンが政治闘争の度合いを強めつつある証拠である、と見るのは妥当なところでしょう。

 薄熙来、徐才厚、周永康、令計画らの逮捕・訴追は、政治局員ないしそれに近いレベルの対立を意味していますが、これらの事例を以て今回のキャンペーンが終了するのか、あるいは、さらに拡大するのかについては、まだ判然としません。前三者がどちらかと言えば、江沢民に近い党幹部であるとすれば、令計画は胡錦濤の側近として弁公庁主任という枢要なポストを長年務めた人物であり、令の失脚は、新たに「共産主義青年団」のグループへの攻勢を意味するものかもしれません。その点では、令の訴追事件が、今後、特段の注意をもって見守るべき事項でしょう。

 中国では、伝統的に科挙の制度の下で、権力と財力が結びつくことが普通でしたが、一党独裁体制の下で、このような古い中国の制度が復活ないし拡大し、これを打破することが容易ではない状況となっています。その結果、反汚職というスローガンは、政治闘争や復讐劇の口実として利用されることが多くなっているのです。

 「多くの北京のエリートたちが先行きの不透明さに対し、不確実さ、恐れ、フラストレーションを感じているに違いない」という本論の指摘は、そのとおりであると思われます。

■関連記事
習近平VS胡錦濤 加熱する権力闘争の行方
習近平の腐敗撲滅運動は「権力闘争」 裏で糸引く胡錦濤の「復讐」と「野望」
ジャッキー・チェン息子逮捕は芸能界の取締り序章か、権力闘争か
想像以上に減速している中国経済
監査で発覚 中国での国有地売却で消えた15兆元!

あわせて読みたい

「習近平」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    民家に犬164頭「最悪のケース」

    清水駿貴

  3. 3

    ペイパルの衝撃 仮想通貨新時代

    ヒロ

  4. 4

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  5. 5

    伊藤と交際報道の山本舞香は号泣

    女性自身

  6. 6

    女子陸上盗撮 複数人が被害相談

    NEWSポストセブン

  7. 7

    鬼滅効果でも厳しい消費氷河期に

    新潮社フォーサイト

  8. 8

    陰性の「安心感」に尾身氏がクギ

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    橋下徹氏 都構想で命を狙われた

    PRESIDENT Online

  10. 10

    伊藤健太郎の不心得を諭した女性

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。