記事

メルカリ・フリル・チケスト…あなたはどれだけ知っている?スマホユーザーを中心に広がるC2C特化型サービスまとめ

1/2

■若者を中心に広がるC2C特化型サービスとは?

こんにちは、ソーシャルメディアラボの渕上です。

先日の改修ですっかりこのブログも様変わりし、そのデザインに驚いた方も多いのではないでしょうか?ここ最近の記事でも取り上げている通り、これからブログやメディアを運営していく上でスマートフォンに対応した仕様にすることは、もはや必須事項となります。

この度の改修でも、いかにスマホから見やすいデザインになっているかを最重要項目として考えました。当ブログへのアクセスもスマホからのユーザーが半分以上を占めているため、以前と比べて随分読みやすくなったのではないかと思います。

さて、今回の記事はそんなスマートフォンのみで操作が完結するものを中心に、『C2C特化型サービス(アプリ)』についてまとめてみました。10代~20代の若者なら日常的に使っているサービスであっても、私たちオジサンにはなかなか理解しにくいものもあります。

C2C市場(リセール市場)は成長市場と言われています。これからサービスをつくる人にとって無視できないこの市場、きっとこの記事が役立ちます。

■目次

. 1.成長を続けるC2C市場
2.フリーマーケットアプリ・サービス
3.チケット取引仲介サービス
4.クラシファイドサービス
5.総論

成長を続けるC2C市場

※C2Cとは?=一般消費者と一般消費者の間の取引

いわゆるC2C型のサービスといえば、ヤフオクなどのネットオークションを真っ先に思い浮かべる人も多いでしょう。スマートフォンが普及し始め、クラウドソーシングやクラウドファンディングといった形のC2Cサービスが登場したころから、スターアップ界隈ではC2Cに特化したアプリやサービスが盛んにローンチされ始めました。

経済産業省のデータによると、少し古いですが2012年個人向けネット通販の市場規模は、前年比13%増の9兆5000億円となっています。C2Cビジネスの勢いは加速し続け、この数値もしばらくは増えていくものと考えられます。

今回はその中から、成長が著しい若しくは成長が見込める3つの種類と代表的なサービスについてご紹介していきたいと思います。

フリーマーケットアプリ・サービス

メルカリ

ダウンロード数:1,000万(2015/2/1 現在)
リンク先を見る

「5分で商品が売れる!」と言われるほど素早い取引ができるフリマアプリ・メルカリ。幅広いターゲット層と取扱商品で、フリマ市場で圧倒的なシェアを誇ります。

つい先日2月1日にはアプリのダウンロード数が1,000万を越えたことが話題に上りました。会社の立ち上げが2013年2月1日なので、ちょうど丸2年でこのダウンロード数を達成したということになりますね。フリマ関連のサービスとして最後発に近いメルカリですが、ここまでの急成長には理由があるようです。

舐められないテレビCMの効果

メルカリのテレビCM、皆さんも見たことがあるんじゃないでしょうか?お笑い芸人のダンディ坂野さんが出演されていることもありましたね。

メルカリは2014年3月に14億5000万円、10月に23億6000万円もの資金調達を行ない、それぞれの調達後にテレビCMを打っています。一般消費者が使うサービスにテレビCMの効果は抜群だったようで、しっかりダウンロード数に反映されていることが公式に公開されているインフォグラフィックスからわかります。(下グラフ参照)

リンク先を見る

後述のフリマアプリ・フリルとデザインはそう変わらないメルカリがヒットしたのは、凋落激しいと言われるテレビCMが後押ししていたというのはポイントですね。そういえばニュースキュレーションアプリのグノシーがダウンロード数を伸ばしたのもテレビCMの効果だとされていますし、まだまだテレビの影響力は舐められないなとつくづく考えさせられますね。

決済システム

先ほどのインフォグラフィックスにはユーザーの年齢層について公開されていませんでしたが、メルカリの利用に年齢確認が不要なことと出品物から見て、メインユーザーの年齢はかなり若いと考えられます。

となると、気になってくるのはリテラシー。フリマにしろオークションにしろ個人間売買で金銭トラブルはよくあることです。その対策としてメルカリが取っているのはエスクロー決済です。

リンク先を見る

エスクロー取引例
(http://www.venture.nict.go.jp/contents/node_2755/node_8680/node_8682)

エスクローとは信頼の置ける第3者を仲介させて信用を担保すること。つまり決済の間にメルカリが入るわけですね。もう一点は支払い方法にバリエーションをもたせていること。10代の利用者が多いとなると当然クレジットカードを持っていない人も多いでしょうから、銀行振込に加えてコンビニ決済も設けています

ユーザーは操作や相手とのやりとりが面倒と感じれば、そのサービスを2度と使わないでしょう。いかにユーザーのことを考えたデザインを構築するか。メルカリの優れた手法に学ぶところは大きいかと思います。

画像を見る

フリル

ダウンロード数:300万(2015/1 現在)
リンク先を見る

メルカリと同じく、フリマアプリとして有名なフリル。基本的なUIは前述のメルカリとさほど変わりませんので、ここでは主にメルカリとの違いを中心にご紹介します。

まず大前提として、フリルは女性専用です。当然ですが扱っている品も女性向けの物に特化しています。ここが一番の大きな違いですね。そしてなんといってもフリルにはSNSの機能が付いています。自分好みのアイテムを出品しているユーザーを直接フォローすることができるので、ショッピングがより快適になると考えられますね。さらに出品者はフリル内で自分のショップを開設することができるのが特徴です。

決済の仕組みや商品購入の手順はメルカリと変わらず、スムーズなやりとりが可能で、年齢確認が必要な点と女性専用という安心感がユーザーに信頼されているのかもしれません。ちなみにダウンロード数は2015年1月に300万を突破とのことでしたので、メルカリと比べて3分の1以下ではありますが、ユーザーを女性に限定していることから単純な比較は無意味かと思います。

今後メルカリという強豪を前に、どういった舵取りをしていくのかが見ものです!

あわせて読みたい

「アプリ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  3. 3

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

  4. 4

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  5. 5

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  6. 6

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  8. 8

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  10. 10

    「マスクは有効」東大実証を称賛

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。