記事

第5回 菊池健×鈴木みそ:あまり多くない読者とともにマンガ家が生きていくには 「従来とはちょっと違うタイプの読者たちと一緒に作家は歩いていく。」

【前回記事】
「売れていく過程がすごくリアルで面白いから、ずっと日記に書いていて。」

電子書籍のセルフパブリッシングは作家を救うか

鈴木:その話全体が面白かったのでマンガにしました(『ナナのリテラシー』)。

リンク先を見る

 もともとそんなに売れているマンガ家じゃなかったので、生活に困って電子書籍を始めたという話とか、(初版が)2万部を切って1万部くらいになると紙の単行本を出すのも厳しいという話とか、紙の本で1万部売っても原稿料がペイしない、みたいな話もこの中に盛り込んで。マンガの中にもグラフを持ち込んだりしたんですけど、「電子書籍は『来る』んでしょうか」という質問に対して、

リンク先を見る

 主人公の山田仁五郎が「ない」といきなりマンガの中で言っています。このマンガは「KDPは作家を救うんです」という結論にいくので、これはフリなんですが。

リンク先を見る

 縦軸に年収、横軸にマンガ家の数を取ったグラフもマンガの中に入れ込みました。

リンク先を見る

 つまり、マンガ家というのはものすごく売れる人と売れない人がいて、売れる人のトップ100人の年収が億を超えるだろうと。実際に後で聞いたら、上位の100人の平均年収は7,000万円くらいで、全部で5,300人ほどいるマンガ家のうちの残りの5,200人の平均年収が350万円くらいだそうです。このように、マンガ家は非常に貧富の差が激しい。ものすごく稼いでいる人たちが中心となって(マンガ業界を)動かしている。その二極化がどんどん進んで、僕らみたいな中間層が減って、グラフがL字型に近づいていく。ということで「これから先、マンガ家は飯を食うのが難しいぞ」と言っているのがこのマンガなんですよ。

リンク先を見る

(左から)鈴木みそさん、菊池健さん

作家の原稿料は何部売ればペイできるのか

 この『ナナのリテラシー』がどのくらい売れたのか。紙の本では2万部刷ったのですが、1万ちょっとしか売れないので、「連載を長く続けるのは難しいよ」と(編集者に)現在言われてます。紙の単行本が売れないといけないんです。
 一方で、この作品の電子書籍化権はを僕が持ってたので、紙と電子を同時に出したんです。電子書籍は最初2,000部くらい売れたんですけど、Amazonの1日だけの安売りセールで3,000部売れまして、トータルで6,000部ぐらい、今売れているんですね。
 紙の単行本の場合は、1冊600円の本が2万部売れたとすると、印税が10%ですからマンガ家に入ってくるのは120万円くらいです。それに対して電子書籍は印税が70%ですから、400円の電子書籍を6,000部売ったら、180万円ほどの印税になる。すでに電子のほうが印税が大きくなっているんですね。
 でも、1ページあたりの原稿料が2万円だとすると(単行本およそ1冊分の)193ページで400万円くらいの原稿料を出版社は用意しなくてはいけないし、そのお金は単行本として紙の売上でペイしなければいけないというのが従来の出版社のやり方です。仮に(紙で)2万部売ったとしてもペイしきれない。もし、紙ではなくてAmazonでいきなり描き下ろして連載をしたとしても、6,000部売ってもまだ足りない。多分、電子書籍で2万部販売できるようになると、原稿料と単行本印税全部まとめた金額をペイできるだろう、と。そこまで市場が上がってきてくれないと、まだいろんなところで何とかやっていくしかないんです。
 だから僕らは、紙と電子のどっちかではなくて、どっちも一緒に使っていって、読者につながるチャンネルをたくさん持てるといいと思います。『限界集落(ギリギリ)温泉』が1,000万円を売り上げて、それ自体がニュースになって、自分自身がこうやってまたメディアに登場することで、初めてマンガに興味を持ってくれるような人たちが市場を回してくれる。これが売上につながるといいな、という風に思ってます。

noteによるマンガ家の「タレント化」

鈴木:先ほど挙げた「note」では、とても短い作品――例えば6ページから8ページのマンガ――を100円で売ると、結構買ってくれる人たちが多いという、新しい可能性を持った媒体なんですね。電子書籍というより「こんなの描いてるよ」というイラストでも、面白がって100円で買ってくれるみたいな、同人誌の売買のように展開しているすごく面白い媒体。あそこで例えば、雑誌に発表した僕のすべての作品を、1ヶ月遅れで読ませることもできるし、単行本も実はnoteで読める――そういう仕組みを、月500円で毎月発表していったら、それは原稿料の代わりになるんじゃないかみたいなことを今考えていて。これはまさにファンページみたいなことでもあるんですが、1,000人くらいの固定の読者を持つことによって、売れないマンガ家でも、小さな村でこつこつと生活していくということが一つの選択肢になるんじゃないかと考えてます。電子でなら、たくさんお金を出してくれる優良読者を持てば、そういう生活はできるんです。100円の本を100人が買ってくれるのも、1万円の本を1人が買ってくれるのも、金額は同じですから。そういう風に、(従来のマンガ読者とは)ちょっと違うタイプの人たちと歩いていく。そのために、マンガ家である僕自身もマンガだけでなく日記も書き、「◯◯さんと一緒にごはん食べたよ」みたいなことを写真つきでアップしたり、それを見る権利をまたnoteで販売したり、半分自分がタレント化したようなものなんですけど、そういったいろんな売り方をこれからは展開できるんじゃないかと今考えてます。


※動画中の0:37:11から0:44:32ごろまでの内容がこの記事(「従来とはちょっと違うタイプの読者たちと一緒に作家は歩いていく。」)にあたります。

[6/7に続きます](2015年2月5日更新予定)

構成:長池千秋 / 編集協力:猪俣聡子
(2014年7月4日、第16回国際電子出版EXPOのボイジャーブースにて行われた講演「KDPが私の道を拓いた!」より)

あわせて読みたい

「電子書籍」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「スゴイ日本!」ばかりのテレビ五輪放送。在留外国人は東京五輪を楽しめるか

    Dr-Seton

    08月05日 08:29

  2. 2

    淀川長治さんが『キネマの神様』を絶賛?CMに「冒涜」と映画ファン激怒

    女性自身

    08月05日 09:07

  3. 3

    環境省がエアコンのサブスクを検討 背景に熱中症死亡者の8割超える高齢者

    BLOGOS しらべる部

    08月04日 18:05

  4. 4

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  5. 5

    中等症入院不可…専門家の意見を聞いていなかったとは

    大串博志

    08月05日 08:22

  6. 6

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  7. 7

    患者対応をめぐる行政と開業医の役割分担 国会議員がルール化する必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

    08月04日 12:14

  8. 8

    ベラルーシ選手はなぜ政治亡命したのか ルカシェンコ政権の迫害ぶりを示した東京大会

    WEDGE Infinity

    08月05日 09:18

  9. 9

    テレビ放映権中心に回り夏開催される五輪 舛添氏が改革案を公開

    舛添要一

    08月05日 08:33

  10. 10

    ワクチン完全接種5割の8月末まで好転無しか

    団藤保晴

    08月05日 09:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。