記事

コカコーラ、起死回生を狙いミルク市場に参入

Coca-Cola Got Milk To Boost Its Revenue.

新年早々に大規模リストラを発表したコカコーラ、業績不振に泡を吹きまさかの起死回生策に打って出ました。

炭酸飲料メーカーが満を持して飛び込んだのは、何とミルク市場。健康志向が強まるアメリカ人に合わせ、栄養たっぷりなプレミアム・ミルクのブランド”フェアライフ(fairlife)”の販売を開始しました。ろ過した牛乳を低温殺菌した”フェアライフ”なら、通常の牛乳よりプロテインが50%、カルシウムも30%多く含まれています。それでいて、糖分は50%少なめ。高いクオリティと滑らかな口当たりで、お子様をもつ奥様方を中心に話題になること間違いナシ?

タイプは低脂肪、チョコレート風味、スキムミルク、レギュラーの4種類。

リンク先を見る
(出所:Fairlife)

問題は、お値段。52オンスで4.59ドル(約540円)と64オンス2.18ドル(約260円)と比較すると約2倍に相当するんですね。オーガニック・ミルクの平均価格である3.99ドル(約470円)も、ゆうに上回ります。毎日飲むものなので、余裕がない庶民がポンポン買い物かごに入れられるような代物ではございません。

コカコーラといえばすっきり爽やかな広告戦略で知られる半面、”フェアミルク”の戦略はひと味違います。カバー写真にあるように。1930年代のピンナップ写真のごとくお色気ムンムンで、マリリン・モンローを世界に知らしめた舞い上がるスカートを連想させるコピー文句が散りばめられています。

広告は、レトロなピンナップ風。
リンク先を見る
(出所:Independent)

家族向けというイメージからかけ離れており、むしろジム通いの独身貴族に焦点を当てているのかもしれません。

あわせて読みたい

「コカ・コーラ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  2. 2

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  3. 3

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  4. 4

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  5. 5

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  6. 6

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  7. 7

    次の総理・世論調査 「立憲支持者も河野1位」の驚愕

    田中龍作

    09月27日 14:50

  8. 8

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  9. 9

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  10. 10

    「自粛を求め続ける政治家にこそ責任がある」"気の緩み"に怒る人たちに考えてほしいこと

    PRESIDENT Online

    09月26日 14:06

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。