記事

旅行ガイドブックにイノベーションを ――電子書籍サービス『たびのたね』6/6

【以下からの続きです】
旅行ガイドブックにイノベーションを ――電子書籍サービス『たびのたね』 1/6
旅行ガイドブックにイノベーションを ――電子書籍サービス『たびのたね』 2/6
旅行ガイドブックにイノベーションを ――電子書籍サービス『たびのたね』 3/6
旅行ガイドブックにイノベーションを ――電子書籍サービス『たびのたね』 4/6
旅行ガイドブックにイノベーションを ――電子書籍サービス『たびのたね』 5/6

駄菓子屋感覚で楽しんで

―――ユーザー数は着実に伸びているのでしょうか?

青木:まだまだユーザーを増やしている時期ですが、購入されている方は着実に増えています。出ている数字でいいところは、1人のお客さんが複数のコンテンツを買ってくれていることですね。ほとんどのお客さんが抜粋版を買ってくれていて、また、一冊ではなく複数のコンテンツを出版社や媒体の枠を超えて横断的に買ってくれている。きちんと『たびのたね』のコンセプトが支持されているのかなと思っています。結局まるごと一冊の本を買っているのでは、僕らの果たす役割は何もないですからね。

―――ユーザーから「生の声」は届いていますか?

青木:生の声がこちらに届くのがなかなか難しくて、どこを歩いてどこで飲んでいたら声が届くのか知りたいくらいなんですけど(笑)、「こういうのがあってよかった」「好きなところだけでまとめられてよかった」という感想はウェブ上で見ますね。お叱りもぜひ聞きたいと思っています。先程もお話ししたように「自分のガイドブックだから好きな写真を使いたい」という意見は複数あがったので、そこは本当に早くやりたいですね。もうひとつ数字的なところでいうと、うちの本よりもご当地の出版社さんの本のほうが圧倒的に売れているのもよかったなと思います。売れた本の8割ぐらいは他社さんの本ですよ。でも実はこれ、もっと増やしたいんですよ。『るるぶ』が主ではなくて、ご当地の本がどんどん集まってくればそれでいいと思っています。

―――たしかに、サイトを見ていても、見慣れない本の表紙が先に目に留まりますね。

青木:意図的にそうしています。できるだけ、地域で一生懸命作っている本が届くようにしたいなと思っています。それから、他の電子書籍サイトにはなかなかないと思うんですけど、サイトの中には出版社ごとの個別ページを設けていて、そこから各出版社のホームページに飛べるようにしているんです。結局、「デジタルが嫌で紙を買いたい」という人も中にはいると思うんですよ。だったら、その出版社さんに直接連絡して紙の本を買うっていう流れがあっても、それもまあいいかなって思ってます。

リンク先を見る

「たびのたね」内に設けてある、出版社ごとの個別ページ(スクリーンショット)

 まだなかなかユーザーの属性をつかめていないんですが、ほとんどの人が抜粋版を買われていて、しかも、80円の本を買って終わり、ではなくて、何冊も買ってくれている……このことにはすごく「よしよし」というか、まとめて使ってくれてるんだろうなと推測できるのでうれしいです。

―――単価が数十円だと、何冊も買おうという気になりますよね。

井野口:これをいうと怒られてしまうかもしませんが、駄菓子屋感覚で、「これもおもしろそう。あ、これも」ってなってるんですよね(笑)。そういう風に楽しんでいただけるのもうれしいです。

リンク先を見る

JTBパブリッシング 執行役員 情報戦略部長 井野口正之さん

青木:いくら安いといえど、これは地域の出版社さんにとって、――やっぱり明るいとはいえない状況の中で――、マネタイズするためのひとつの大きな方法として、電子書籍という形がすごくよかったんです。まずは出版社さんに早くきちんと恩返しがしたい。100円だとしたって売上としてきちんと出版社さんに戻すっていうところはかなり意識しています。みなさん自社のホームページやSNSなどで「『たびのたね』でこれを売り始めました」という告知をしてくれるんですよ。多くの出版社さんが、この『たびのたね』を自社媒体のように使ってくださっているケースはおもしろいですね。紙の本にPRを載せてくれちゃうところまであります。そういう部分には本当に支えられていますね。ほかの出版社さんを紹介されるケースも結構あるんですよ。地域の出版社さんってつながってるんですよね、すごく。

―――いい流れができていますね。

青木:ご当地出版社さんが自分たちの本にすごく自信をもっているから、僕も『たびのたね』に自信をもたなきゃな、と思います。「いやぁ、最初はまだまだ売れなくて……」っていうスタンスではいけないなって。新規でアプローチするときも、サービスとしてしっかり自信があるものなんだというスタンスに変えましたね。

 それに『たびのたね』は、地域に人を呼ぶツールにもなっていると思うんです。ゆくゆくは、たとえば『るるぶ札幌』を買った人には、「ちょっと足を伸ばして近くにある恵庭という街にも行きませんか?」というふうにリコメンドしてガイドブックを提供したり、といったこともしたいですね。「この本を買っているということはこの地域に行こうとしているんだから、ちょっと離れたここに行くともっとこんな楽しみ方ができるよ」みたいなことを、もっと主体的にできるような仕組みを搭載したいと思っています。

リンク先を見る

JTBパブリッシング 情報戦略部 企画課 青木洋高さん

[DOTPLACE TOPICS 002 了]

「たびのたね」にて、内沼晋太郎による特集連載企画「本屋の旅」スタート!
 
DOTPLACE編集長の内沼晋太郎が、全国各地にある本屋を自ら訪ね、その魅力を綴っていく連載企画「本屋の旅」が「たびのたね」内の特集ページで始まります。
現在、「たびのたね」にてプロローグが公開中。今後の更新にもご期待ください!
 
内沼晋太郎「本屋の旅」

インタビュー&テキスト:二ッ屋絢子
(2014年12月26日、JTBパブリッシングにて)

あわせて読みたい

「JTB」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「スゴイ日本!」ばかりのテレビ五輪放送。在留外国人は東京五輪を楽しめるか

    Dr-Seton

    08月05日 08:29

  2. 2

    淀川長治さんが『キネマの神様』を絶賛?CMに「冒涜」と映画ファン激怒

    女性自身

    08月05日 09:07

  3. 3

    環境省がエアコンのサブスクを検討 背景に熱中症死亡者の8割超える高齢者

    BLOGOS しらべる部

    08月04日 18:05

  4. 4

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  5. 5

    中等症入院不可…専門家の意見を聞いていなかったとは

    大串博志

    08月05日 08:22

  6. 6

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  7. 7

    患者対応をめぐる行政と開業医の役割分担 国会議員がルール化する必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

    08月04日 12:14

  8. 8

    ベラルーシ選手はなぜ政治亡命したのか ルカシェンコ政権の迫害ぶりを示した東京大会

    WEDGE Infinity

    08月05日 09:18

  9. 9

    テレビ放映権中心に回り夏開催される五輪 舛添氏が改革案を公開

    舛添要一

    08月05日 08:33

  10. 10

    ワクチン完全接種5割の8月末まで好転無しか

    団藤保晴

    08月05日 09:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。