記事

002:旅行ガイドブックにイノベーションを ――電子書籍サービス『たびのたね』4/6

【以下からの続きです】
旅行ガイドブックにイノベーションを ――電子書籍サービス『たびのたね』 1/6
旅行ガイドブックにイノベーションを ――電子書籍サービス『たびのたね』 2/6
旅行ガイドブックにイノベーションを ――電子書籍サービス『たびのたね』 3/6

「たね」から「花」を咲かせてほしい

―――ところで、『たびのたね』というネーミングがかわいらしくて、女子ウケしそうだなって思ったんです。

青木:ちょっとクサイんですけど、一人ひとりが自分の「たね」を作って、自分だけの花を咲かせるというか、自分だけの旅行を作ってもらうという想いを込めました。『たびのたね』がメインではなくて、あくまでも旅行者が主役で、旅自体を楽しくしてほしいです。普通のガイドブックではなく『たびのたね』を使ったから知らない地域のコンテンツに出会えて、いつもと違う旅行ができて、旅が楽しくなった、というところまでは持っていけないと意味がないですよね。

―――1冊単位だけでなく、抜粋版も買えるというサービスは、改めてすごく魅力的ですよね。「こういうのがあったらいいのに」という声が届いていたんですか?

青木:あるだろうなとは思っていたんですが、「割って付けちゃえばいい」っていう発想自体は僕自身も途中までなかったんです。むしろそういう声があると、ターゲットを絞った本を出しちゃいがちなんですよね。じゃあ今度は少し年配の方向けの落ち着いた旅の本を作ろうとか、こういう声があるからアラサー女子の何とか本にしようとか。

今回は本当に、「パーソナライズ」したサービスにしたいっていうのが一番考えていたところなんです。正直、今まで『るるぶ』に700円払っていたお客さんが、300円になってもいいと思っているんですよ。その分地域の出版社さんのコンテンツを買ってもらったほうが旅行するにはいいんだろうなって思っていて。一般的な旅行者が『るるぶ札幌』で旅をしたとして、おそらく半分くらいしか使わないんじゃないかな、実際。でもそこには作り手の思いもあって、札幌行く人って大体もう1都市くらい行くんですよね。それが小樽の人もいれば、富良野の人もいれば、旭山動物園の人もいる。そうすると、編集者としてはみんなに満足してほしいから全部入れちゃうわけです。だったらそれを別々にしちゃおうって。

リンク先を見る

「たびのたね」より(スクリーンショット)。『るるぶ北海道』やその他の旅行ガイドの中からエリアを絞った「抜粋版」を購入することも、1冊まるごと購入することも可能

―――形になってしまうとシンプルな話にも聞こえてしまいますが、ここに辿り着くまでに超えてきた壁も多かったのでは?

青木:そうですね。でもすごく会社の皆がすごく応援してくれて。予想外に、なんて言ったら怒られますが(笑)、やらせてもらえたことはすごくありがたかったなと。

今の『るるぶ』では満足できなくなった人たちに向けたサービス

―――紙の『るるぶ』を作られている部署では、インターネットとの競合関係での閉塞感みたいなものはあったのでしょうか?

青木:実は、旅行ガイドも売れなくなってきています。ただ、いわゆる出版不況というよりは、「旅行が売れれば本も売れる」という時代もあったんですよね。旅行ガイドって他の本よりも「めったにないから買うか」っていうのがまだあるんだと思うんですけど、そう思っていたら旅行ガイドも売れなくなってきたんですよ。これは完全にスマホの影響だと思っています。でも、先程も言ったようにネットで情報を得るのはすごく難しくて、旅先で本当にほしい情報をウェブで見つけるのは相当大変だと思います。

実は僕、『たびのたね』のユーザーは、『るるぶ』の読者とはほとんどかぶらないんじゃないかと思っていて。今の『るるぶ』ではもう満足できなくて買わなくなっている人がいっぱいいて、その人たちに向けたサービスなんです。やっぱり1冊のまるごとの『るるぶ』が紙で便利だよっていうのはまだまだあるニーズで、そのような人たちはこれからも大切なお客様だし、もちろんこの先も良い商品を作っていくんですけど、「いや、全部使わないし」とか「紙なんてパッケージ化されて横断できないし」と離れていっている人や「場当たり的なガイドではなくて地域のことを知りたいから、やっぱり私は口コミなのよ」って思っている人に、実は口コミよりも地域の編集者の本のほうがおもしろいよっていうことを伝える、新しいマーケットを作れるんじゃないかと僕は思っています。

―――リリースにこぎつけるまで、苦労されたことってなんですか?

青木:やっぱり、本当に良い、おもしろいコンテンツを見つけることに一番時間をかけました。
そう、すごく感動した話があって、あるラーメンの本で北海道の出版社さんの取り扱いが決まったんですよ。そうしたら、その出版社さんがスープカレーの本も出していたので、「あ、これもいいな」と思って、その本も取り扱わせてほしいと言ったら「いやウチは、ラーメンの本なら負けないけど、スープカレーの本はこっちの出版社の方がいいぞ」って、別の出版社さんを紹介されたんですよ(笑)。「え、いいの?」って思ったんですけど、そういう思いで参画してくれている人ときちんと出会えて、すごくおもしろさを感じましたね。

リンク先を見る

JTBパブリッシング 情報戦略部 企画課 青木洋高さん

5/6へ続きます(2014年1月14日更新予定)

「たびのたね」にて、内沼晋太郎による特集連載企画「本屋の旅」スタート!
 
DOTPLACE編集長の内沼晋太郎が、全国各地にある本屋を自ら訪ね、その魅力を綴っていく連載企画「本屋の旅」が「たびのたね」内の特集ページで始まります。
現在、「たびのたね」にてプロローグが公開中。今後の更新にもご期待ください!
 
内沼晋太郎「本屋の旅」

インタビュー&テキスト:二ッ屋絢子
(2014年12月26日、JTBパブリッシングにて)

あわせて読みたい

「JTB」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「スゴイ日本!」ばかりのテレビ五輪放送。在留外国人は東京五輪を楽しめるか

    Dr-Seton

    08月05日 08:29

  2. 2

    淀川長治さんが『キネマの神様』を絶賛?CMに「冒涜」と映画ファン激怒

    女性自身

    08月05日 09:07

  3. 3

    環境省がエアコンのサブスクを検討 背景に熱中症死亡者の8割超える高齢者

    BLOGOS しらべる部

    08月04日 18:05

  4. 4

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  5. 5

    中等症入院不可…専門家の意見を聞いていなかったとは

    大串博志

    08月05日 08:22

  6. 6

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  7. 7

    患者対応をめぐる行政と開業医の役割分担 国会議員がルール化する必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

    08月04日 12:14

  8. 8

    ベラルーシ選手はなぜ政治亡命したのか ルカシェンコ政権の迫害ぶりを示した東京大会

    WEDGE Infinity

    08月05日 09:18

  9. 9

    テレビ放映権中心に回り夏開催される五輪 舛添氏が改革案を公開

    舛添要一

    08月05日 08:33

  10. 10

    ワクチン完全接種5割の8月末まで好転無しか

    団藤保晴

    08月05日 09:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。