記事

小沢一郎元代表は、総理大臣就任を目指し、若手政治家の下馬評を酒の肴に酒席を盛り上げて結束強化中!

◆「言い訳せず、人の悪口を言わず」という家訓を堅く守っているのが小沢一郎元代表の最大の特徴であり、また、最も誤解を招いているところである。もちろん、政策的なこととなると、舌鋒は厳しくなるのは、政治家として当然のことである。
 
 ところが、このところ、連日連夜の如く、小沢派の政治家と懇談している際に、ポツリポツリと漏らしている言葉のなかに、小沢一郎元代表が、次世代の総理大臣を担う政治家について、何を考えているか、その「本音」が見え隠れしているのが、わかってきている。
 
 この点に着目して報じたのが、毎日新聞である。8月4日付けの東京朝刊で
「◇海江田氏『泣いちゃったなあ』/野田氏『堅いんだよなあ』/鹿野氏『誰が推してるの?』/馬淵氏『仙谷氏と似てる』」
という見出しをつけて、以下のように伝えた。
 「民主党の小沢一郎元代表が、自らに近い議員との会合で、ポスト菅候補の情報収集や、人物評の披露をしている。グループ内に有力候補がいないなか、次期政権で影響力を残すために『勝ち馬』に乗ろうと、品定めに入ったようだ。海江田万里経済産業相、野田佳彦財務相、鹿野道彦農相、馬淵澄夫前国土交通相。小沢元代表が1日夜、国会近くの居酒屋で会合を開いた際、これまで党代表選出馬を取りざたされた4人について語った。『泣いちゃったなあ』。国会審議で辞任を迫られ涙を流した海江田氏への論評だ。野田氏は『堅いんだよなあ」。鹿野氏の動きには関心を持っているようで、『誰が推しているのか』と出席者に質問した。また、馬淵氏を『若い議員から評価されている』と分析した上で、いち早く代表選に意欲を示したことについて『民主党の中ではああいう(首相の座に突き進む)人間は珍しいよな』と指摘。また、『(権力欲を表に出すところが)仙谷(由人官房副長官)と似ている』と話した。各種世論調査で名前の挙がる前原誠司前外相や枝野幸男官房長官には触れなかったが、どの候補者についても明確な『不合格』は出さなかった。【葛西大博】」
◆しかし、品定めのような発言をしているからと言って、この記事が示しているように「明確な『不合格』は出さなかった」とは言えない。はっきりと「ダメ」という烙印を押されている政治家ばかりである。
 
 ○海江田万里経済産業相−「泣いちゃったなあ」→野党に追及されて、公の場で泣くような政治家は、総理大臣は務まらない。
 
 ○野田佳彦財務相−「堅いんだよなあ」→石の地蔵さんのようなコチコチでは、総理大臣に向いていない。
 
 ○鹿野道彦農相−「誰が推しているのか」→少なくとも私(小沢一郎)は、担ぎ上げようとは思っていない。
 
 ○馬淵澄夫前国土交通相−「若い議員から評価されている」「民主党の中ではああいう(首相の座に突き進む)人間は珍しいよな」「(権力欲を表に出すところが)仙谷(由人官房副長官)と似ている」→ワシがワシがと私利私欲を剥き出しにしては、総理大臣にはなれない。総理大臣は、大勢の人から担ぎ上げられてなれるものなのだ。
 
 このほかに前原誠司前外相や枝野幸男官房長官には触れなかったというが、これらの政治家について、小沢一郎元代表は、小沢派のメンバーにも公言できない思いを抱いていることを忘れてはいけない。
 
 ○前原誠司前外相→ポスト菅の有力候補者であるが、米国の要求に応えて仙谷由人代表代行を切ることができるのか。
 
 ○枝野幸男官房長官→極左すぎるので、総理大臣にはなれないし、そもそも総理大臣の器ではない。やはり、米国の要求に応えて仙谷由人代表代行を切ることができるのか。
 
 さらに、原口一博元総務相と小沢鋭仁元環境相についても、品定めの俎上には乗っていない。これは、どう言う意味であろうか。
 
 ○原口一博元総務相→小沢派「一新会」のメンバーを引き抜こうとしたのがバレてしまい、怒りを買い、ビビッた後、詫びを入れてきた。だが、まだ本当に許されているとは言えない。
 
 ○小沢鋭仁元環境相→小沢一郎元代表と同姓だが、ほとんど眼中にない。

◆毎日新聞のこの記事は、
「グループ内に有力候補がいないなか、次期政権で影響力を残すために『勝ち馬』に乗ろうと、品定めに入ったようだ」
と勝手に述べている。

けれども、民主党内最大派閥(衆参140人→200人)を率いている小沢一郎元代表は、「勝ち馬」をつくり上げても、「勝ち馬に乗る」ということはあり得ない。それどころか、だれかを担ぎ上げようという考えは、いまや持っていない。念頭にあるのは、自分が総理大臣になることである。この点でこの記事の論評は、間違っている。
 
 そのために、現在、親衛隊を表部隊と裏部隊に分けて、多数派工作の真っ最中である。夜の懇談の席は、あくまでも酒席であり、小沢派の結束を強化するのが目的だ。総理大臣候補者の品定めなどはしていない。若手政治家の下馬評を酒の肴にして、話をコロコロ、ころがしながら座を盛り上げて、楽しんでいるにすぎないのである。

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  3. 3

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  4. 4

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  5. 5

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  6. 6

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  7. 7

    急速に進みだした日本企業のM&A

    ヒロ

  8. 8

    ユニクロ+J高額転売でも売れる訳

    南充浩

  9. 9

    日本沈没ドラマ化に思わぬ批判

    女性自身

  10. 10

    相次ぐ遅刻 憲法を軽んじる自民

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。