記事

後藤健二さん殺害

イスラム国に拘束されていた、フリージャーナリストの後藤健二さんが、多くの 人の願いにもかかわらず、殺害されてしまいました。

1月29日の日没までに ヨルダンに収監されている死刑囚との交換が実行されなければ、まずヨルダン人 パイロットを殺害する、という予告からまる2日、音信が途絶えていましたが、 今日2月1日の早朝に、後藤さん殺害の動画がインターネットに公開されました。

ことばに表しようもない残忍な行為で、怒りのことばを、どう発してよいのか、 わかりません。

後藤さんは、戦場になった国で、弱い立場に置かれている、 子どもたちを中心に、暮らしの現状を、世界に発信していました。本を出版し、 また、日本国内では、学校やユニセフなどの場での講演を行っていました。

戦場になっている国の人々に寄り添って、その現状を、悲しみや喜びなどを 伝えていました。

国境を越えて、多くの人が、後藤さんの生還を願って、様々な メッセージを発していたことからも、その人柄が偲ばれます。彼でなければ 伝えられなかったものが、たくさんあったであろうのに、47歳の若さで命を 絶たれた無念さは、いかばかりだったでしょう。

そして、私たちにとっても、 こうしたジャーナリストは、かけがえのないものだったはずです。

もう一人の 殺害された湯川さんの情報も求めて、2人目のお嬢さんが生まれて3週間後に 日本を発ったとのこと。心が痛みます。

後藤さんが、伝えようとしたことを、 受け継いでいけるようになれば、と思います。イスラム国は、日本をイスラム国を 攻撃する国々の連合の一員とみなしているようで、今後も日本人をターゲットに する、と言っています。

今回の日本の対応、一生懸命あたっていることは わかりましたが、情報網もなく、ヨルダンに頼るしかありませんでした。今回の 残念な結果になった事件を、専門家も含めて検証する、と菅官房長官は会見で 言っていました。徹底的に検証してほしいと思います。国会が開かれているの ですから、国会の場でも、話し合い、知恵を出し合ってほしいです。安倍総理の 積極的平和主義が、誤ったメッセージにならないように、と思っています。

あわせて読みたい

「IS(イスラム国)」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  3. 3

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  7. 7

    処理水の安全 漁業側が自信持て

    山崎 毅(食の安全と安心)

  8. 8

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  9. 9

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  10. 10

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。