記事

ピケティ教授が東大で講義「累進課税が文明的な解決策」

2015年1月31日(土)、世界中でベストセラーとなった『21世紀の資本』の著者トマ・ピケティ氏が、東京大学伊藤謝恩ホールで講義を行った。東京大学の学生200人を含む約500人の前で『21世紀の資本』を解説した。

リンク先を見る講義冒頭、ピケティ氏は来日にあたって「学生の前で講義をし、『21世紀の資本』について議論したかった」と述べた。

講義では同書で語られた所得と富の分配をめぐる議論を、特に日米欧の3地域に焦点を当てて解説し、富の格差は世界的に拡大していると主張した。ピケティ氏は「富の格差と課税の問題は、歴史的遺産の一部であり、冷静に議論すべき」と指摘した上で、「累進課税が文明的な解決策ではないか」と結論づけた。

講義終了後には、質疑応答の時間も設けられた。「どういった累進課税の方法が望ましいか」という質問に対しピケティ氏は、「所得税・相続税・財産税の3つに対して、バランスを持って課税することが重要だ」と述べた。

※講義と質疑応答の詳細は、後日レポートします。

(文・荒川拓)

あわせて読みたい

「トマ・ピケティ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    尾身氏の述べる感染対策が具体的

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    河井夫妻疑惑 報道鵜呑みは危険

    ビデオニュース・ドットコム

  3. 3

    天才は「How型」で物事を考える

    幻冬舎plus

  4. 4

    韓国 慰安婦像前で三つ巴の戦い

    文春オンライン

  5. 5

    宇垣が豪語 告白は「させない」

    SmartFLASH

  6. 6

    ホスト「昼の世界も感染者いる」

    文春オンライン

  7. 7

    独立続出の芸能界 裏に金と圧力

    渡邉裕二

  8. 8

    舛添氏 複合災害の対策急ぐべき

    舛添要一

  9. 9

    感染増加で若者を批判する愚かさ

    文春オンライン

  10. 10

    日本は米中どちらを取るべきか

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。