記事

茨木政彦(集英社取締役)+岡本正史(集英社デジタル事業部副課長)「『試し読み』の現在形」1/2

1/2

画像を見る

かつての本屋での立ち読みに取って替わる存在としての、ディスプレイ上での“試し読み”――。出版社のウェブサイトで何気なくマンガなどの試し読みを利用したことがみなさんにもあるのではないでしょうか。環境を問わずウェブブラウザ上で本が開けるBinB(Books in Browsers)の強みを活かし、試し読みのできる場所や期間をあえて限定することで、どのような売り上げ効果をもたらすことができるのか。アグレッシブなマンガのプロモーション施策の現在について、集英社取締役の茨木政彦さん、集英社デジタル事業部副課長の岡本正史さんにお話しいただきました。

※2014年7月3日に第18回国際電子出版EXPOの株式会社ボイジャーブースで行われた茨木政彦氏+岡本正史氏の講演「時間と場所に連動したデジタルコミックスのウェブブラウザ・リーディング」を採録したものです。元の映像はこちら

マンガもブラウザ上で簡単に読めれば……

茨木政彦(以下、茨木):こんにちは、集英社の茨木です。

 今、デジタルコミックは本当に順調に伸びていまして、うちの売り上げで言うと、紙の売り上げの10%くらい――何十億円単位の売り上げになってきているんですね。「時間と場所に連動したデジタルコミックスのウェブ・リーディング」というタイトルのこのトークセッションですが、それについては現場の人間である岡本がよくわかっておりますので、彼が後ほどきっちり話すと思います。今日はよろしくお願いいたします。

岡本正史(以下、岡本):こんにちは。集英社デジタル事業部の岡本です。今回は特に試し読みのプロジェクトのお話をさせていただきたいと思います。

リンク先を見る

茨木政彦さん(左)、岡本正史さん(右)

 集英社ではデジタルマンガの試し読みポータルサイト「集英社 Manga Broadcast Channel」、略してMBCというものを立ち上げています。

リンク先を見る

集英社 Manga Broadcast Channel」トップページ

 今ちょうどドラマ化されている作品や、今月アニメが始まる作品など、いろいろなマンガの試し読みがここでできるようになっています。例えば今は(2014年)7月からアニメが始まる「東京喰種」(石田スイ著、『週刊ヤングジャンプ』にて連載中)などのマンガが簡単にブラウザ上で試し読みができるようになっています。この仕組みをボイジャーさんのBinB[★]を活用させていただきながら作っているということです。タップするとメニューが出まして、試し読みをしたマンガをSNSなどで共有できたり、ネット書店で紙の本やデジタル版を買ったり、あるいは他の新刊に飛んだり、いろいろなことができるようになっています。

 YouTubeに代表されるように、音楽や動画は非常にアクセスがしやすい状況です。だけどマンガもやっぱり簡単にブラウザ上で読むことができた方がいいということで、うちはMBCの他に「S‐MANGA.net(集英社マンガネット)」というサイトでもBinBを使用させていただいております。S-MANGA.netが紙のコミックスの総合情報サイトで、MBCがデジタルコミックスの総合情報サイトとなっております。これ、「1つのサイトにすればいいじゃないか」ってみなさん思われるかもしれません。ですが、作品によってデジタル版しか出していなかったり、紙版しか出していなかったりといろいろなパターンがあるので、わかりやすくするために2つに分かれています。

 では、さまざまなウェブにおける試し読みについて、去年行ったことからちょっと振り返りたいと思います。

★BinB:Book in Browsersの略で、ボイジャーが開発した新しい読書システム。ウェブブラウザだけで読書を可能にするシステムで、専用プラグインのインストールも、新たなアプリケーションのインストールも必要ない。

「10巻まるごと試し読み」という大胆さ――「キングダム」10巻試し読みキャンペーン

リンク先を見る

岡本:2013年の4月と5月に、中国の戦国歴史ロマン「キングダム」(原泰久著、『週刊ヤングジャンプ』にて連載中)の10巻分試し読みのキャンペーンをさせていただきました。コミックスの1巻だけ試し読みできるというのはよくあると思うんですけど、1巻から10巻を全部試し読みさせる企画はなかなかないと思うんですね。編集部と宣伝部がメインになって仕掛けたものです。「キングダム10.jp」というサイトを作りまして、アクセスするとコミックスが10巻並んでいて、クリックするとBinBを利用したビューワが開いて読めるという仕組みでした。

 このキャンペーンを2回の期間に分けて実施した結果、どれくらいの人が見たかというと、4月の最初の2週間で行った第1回目でユニークユーザーが21万人、試し読みされた総冊子数は179万冊という結果でした。同様に第2回はユニークユーザーが18万人、試し読み総冊子数は215万冊です。

 茨木さん、この結果を見てどうですか。

茨木:ありがたいことですね。でも、この後に実際に単行本を買ってもらわなければいけない(笑)。なので、このキャンペーンが実売にどうつながったのかというお話を続けてお願いします。

岡本:はい、ではそのあたりの話に移ろうかと思います。

 デジタル版で10巻まで試し読みをしてもらって、その結果11巻以降がどれくらい売れたのかというのがこのグラフです。

リンク先を見る

 細かく並んでいる細い棒がそれぞれ巻数を表していて、左端が11巻で右端が当時の最新刊の28巻です。一番左の5分の1の塊がキャンペーンを始める前の3月末の売り上げデータですね。そして、左から二つ目の塊を見ていただければわかるように、キャンペーンの第1回(2014年4月1日〜4月14日)を始めてデジタル版の売り上げがドカーンと伸びました。11巻以降、途中で脱落していく人もいるんですけど、最新刊がまたガッと売れたりもして。キャンペーンを始める前の10倍くらいの売り上げになっています。キャンペーンが終わった後には売り上げも落ちるんですが、それでも始める前の2、3倍の売り上げはキープしています。そしてキャンペーンの第2回(2014年5月13日〜5月26日)が始まって、また売り上げが急増。トータルでかなりの売り上げにつなげることができました。

 ここで問題になってくるのが、1から10巻までの売り上げです。「タダで読ませてしまったら買ってくれないんじゃないか」と思うかもしれません。しかし、ブラウザビューワで読むと読者の手元にデータが残らないので、きちんと手元に置いて読み返したいという読者が相当数いるようで、キャンペーンを始める前の3倍くらいの人が、1巻から10巻を買ってくれています

リンク先を見る

 ……という形で、デジタル版の方では無料で公開した部分も含めて、非常に売り上げが上がりました。そして紙版の方も、公開した部分の続きを含めて買ってくださる方がかなりいらっしゃいました。現時点で「キングダム」は紙の方が累計1,100万部、デジタル版が130万部ほど売れています(2014年7月時点)。

“引きの強いマンガ”だからこそ?

岡本:「キングダム」のキャンペーンのおかげで、期間限定かつ無料でも何巻か公開することによって、売り上げにつながるということが見えました。キャンペーンの後、他社さんでも次々と1巻無料とか3巻無料とかのキャンペーンが出てきましたね。集英社でも不定期に無料公開はやっていたんですけど、やっぱり社全体で大きく盛り上げたいということで「春マン!! 集英社 春のデジタルマンガ祭」というキャンペーンをこの春に実施させていただきました。

リンク先を見る

 これは毎週10作品程度のコミックス1巻無料公開を継続してやりつつ、他にもキャンペーン割引など、いろいろなキャンペーンを同時展開するというものです。ジャンプコミックス、ヤングジャンプコミックス、マーガレットコミックス、りぼんマスコットコミックス、クイーンズコミックス……といういわゆる集英社のすべてのマンガレーベルに横断して、週替わりで作品を無料公開していきました。集英社のMBCでご覧になった方もいらっしゃると思います。実はこれを始めてから、同じくBinBを使われているYahoo!ブックストアさんなど、いろいろな電子書籍ストアさんの方でも企画に乗っていただけるようになりました。いろいろなパターンがあるので一概には言えないのですが、大体の売り上げのグラフはこういった形になることが多いです。

リンク先を見る

期間限定1巻無料・売り上げパターン例

 1巻を無料で公開しているので、2巻の売り上げがドーンと上がります。その後にどれくらいの“引き”があるかなんですけど、だんだんと下がっていって、最終巻でまた上がります。だから1巻を無料で読んだ後に、終わりが気になって先に終わりだけ買う、みたいな人が結構いるのではないでしょうか。1巻から継続して読んでいく人だけではなく、終わりを読んでしまった後にまた戻ってくる、という人もいそうな感じがします。どうでしょう、茨木さん。

茨木:マンガの種類にもよりますよね、たぶん。“引きの強いマンガ”って言うんですかね。「キングダム」とかはそうで、最初をタダで読むとだんだんと惹き込まれていって続きが気になっちゃうんでしょうね。これが毎巻読み切りの「こち亀」とかだとまた違ったパターンになってくるのかもしれませんが、“引きの強いマンガ”はこういう形で無料の試し読みをやっていくと効果があるんじゃないかなと思います。

あわせて読みたい

「集英社」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ホロコースト揶揄を報告した防衛副大臣に呆れ 政府のガバナンスは完全崩壊か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月23日 10:46

  2. 2

    不祥事続く東京五輪 大会理念を理解せず、市民の生活を軽視した組織委員会

    森山たつを / もりぞお

    07月23日 10:25

  3. 3

    累計8700億円「日本一レコードを売った男」酒井政利氏の〝武勇伝〟

    渡邉裕二

    07月23日 13:02

  4. 4

    「BTSって誰?」今さら知らないとは言えないので、初心者が通ぶれる小ネタ集めてみた

    放送作家の徹夜は2日まで

    07月23日 08:07

  5. 5

    将来的に車検で印紙払いが廃止 キャッシュレス払いによる一括払いにも対応

    河野太郎

    07月23日 21:36

  6. 6

    感染爆発は起こらないことが閣議決定されました

    LM-7

    07月23日 22:45

  7. 7

    東京2020オリンピック競技大会の開幕にあたって

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    07月23日 17:52

  8. 8

    橋本会長、「選手のプレイブック違反」証拠をお見せします 出場資格を取り消せますか

    田中龍作

    07月23日 08:33

  9. 9

    五輪の失敗 誘致直後から「復興」の大義名分が迷走していたからか

    片岡 英彦

    07月23日 10:09

  10. 10

    電通・博報堂の価値観のままで、オリパラを乗り切れるか

    篠田 英朗

    07月22日 12:16

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。