記事

ヨルダン政府と日本の離反を画策するISISにどう対処すべきか

ヨルダン政府とISIS側に直接の交渉の窓口が開かれているのかどうかが、まったく分からない。

ユーチューブへの投稿で自分たちの要求を突き付けてきているのだから、やはり交渉の窓口はないと考えるのが相当だろう。
交渉の窓口がどこにもなく、交渉の担当者、交渉人がどこにもいそうでない、というのは交渉事を進めるのには最悪の状況だと言っていい。

要求を呑むか、呑まないかの択一しかないのだから、まさに究極の選択が迫られているということだ。
要求を呑んだからと言ってテロリストが人質を解放するとは限らない。

約束事を守るような相手なら、大体は相手が呑めるような条件を提示してくるものだ。

ISIS側は、今回、後藤さんとヨルダン政府に捕えられている死刑囚の1対1での交換を要求してきている。
ヨルダンのパイロットの釈放については言及せず、24時間が過ぎた場合は後藤さんの処刑が行われることを示唆し、その前にヨルダンのパイロットの命が奪われるだろうと言っているのだから、いわばヨルダンのパイロットの命よりも日本人の後藤さんの命の方を優先すべしと言っているに等しい。

ヨルダン政府やヨルダンの国民にとっては到底受け容れられない話だが、日本政府としても絶対にヨルダン政府側には言えないような話である。

明らかに日本側が呑めない条件を出してきた、というのは、やはり政治的なメッセージを出すためだ、と考えておいた方がいいだろう。
このようなおよそ受け容れがたい要求を突き付けてくるのは、ヨルダンと日本を離反させることに主たる目的がある、と考えて対処した方がよさそうである。

となると、自ずから日本政府としての対処方針が決まってくる。

日本政府としては、ヨルダン政府の判断を尊重し、ヨルダン政府に事件の解決を一切委ね、どんな事態になってもヨルダン政府の決定を支持し、ヨルダン政府に対しあらゆる協力を惜しまない、と言わざるを得ないはずだ。

あわせて読みたい

「IS(イスラム国)」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  3. 3

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

  4. 4

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  5. 5

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  8. 8

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  9. 9

    日当7万円 公務員と比較したのか

    橋下徹

  10. 10

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。