記事

菅直人首相が「脱原発解散」を断行しようものなら、米国は核戦略上、絶対に許さず、闇に葬る

◆菅直人首相が、この夏に「脱原発解散」を断行するのではないかという「怪談めいた話」が永田町を駆け巡っている。菅直人首相が、政権延命を図るために、「原発に賛成か、反対を国民に聞こう」と叫んで、衆院解散・総選挙に踏み切るという話だ。菅直人首相が、小泉純一郎元首相の政治手法を真似するのではないかという憶測が生んだ仮説である。これは、落選中の自民党政治上家の心を揺さぶっている。

 この怪談話に飛びついた1人は、自民党の山崎拓元防衛庁長官である。2009年8月30日の総選挙で、民主党新人の稲富修二候補に大差をつけられ敗北し、比例復活を期待したが惜敗率の差で復活できず落選した。2010年1月28日、 自民党が参議院議員選挙比例代表での公認をしない決定をしたため、国政復帰が困難となった。このため政界引退はせず、自民党内のポストに就任する意向を示していた。それが、ここにきて、コロリと変わってきた。

 読売新聞YOMIURIONLINEが 6月26日午後12時11分、「退陣要求に対抗…ささやかれる『脱原発解散』」という見出しをつけて、以下のように配信した。
 「与野党では、菅首相が『脱・原発』を掲げて衆院を解散するのではないかという観測も出ている。『8月末に首相が《原発か非原発か》という国民投票的な衆院解散・総選挙を断行する可能性がある』自民党の山崎拓・前副総裁は23日の山崎派総会で、国民新党の亀井代表との会談で聞いたとして、こんな見通しを披露した。首相に近い民主党議員でも『原発の是非を争点に首相が解散し、与野党問わずに世代交代を進める』と同僚議員らに吹聴している若手もいる。山崎氏と亀井氏の会談は亀井氏側が申し入れたもので、『自民党と民主党の接近を防ぎたい亀井氏が、自民党内で広めようと謀った』という見方が出ている。若手議員の発言も、野党や民主党の小沢一郎元代表グループからの退陣要求の高まりに対抗するためのものだ」
 だが、この話は、やはり怪談話の域を出るものではない。また、落選組の自民党政治家の願望にすぎない。それは、原発政策については、米国の意向に反することができないからである。日本は、米国の核戦略に組み込まれており、日本の原発政策が、米国の管理下にある。今回の福島第1原発の大事故をキッカケに、米国原子力安全規制委員会からアドバイザーが派遣されて、首相官邸内に1室を与えられている。菅直人首相が、浜岡原発の運転停止を中部電力に要請したのも、このアドバイザーの実質的な圧力があったからであると言われている。青森県六ヶ所村の再処理施設では、日本全国の原子力発電所で燃やされた使用済み核燃料を集め、そのなかから核燃料のウランとプルトニウムを取り出す。最大処理能力はウラン800トン/年、使用済燃料貯蔵容量はウラン3000トン。プルサーマルにより排出される使用済み核燃料から取り出されるウランとプルトニウムは、核兵器用に使用されるという。要するに、青森県六ヶ所村の再処理施設は、核戦争に備えた核燃料製造の最前線工場の役割を課せられている。それ故に、日本政府は、米国の核戦略に反して「脱原発」政策に転換はできない。万が一、そのような政策転換のために国民有権者に賛否を問うようなことをすれば、間違いなく、ただちに闇に葬られてしまうだろう。

◆前原誠司前外相が、政権延命のためなら、何でもやりかねない菅直人首相の軽率さを危惧して、痛烈な批判をしている。朝日新聞asahi.comが6月26日午後7時26分、「前原前外相『急激な脱原発はポピュリズム』 首相を批判」という見出しをつけて、以下のように配信した。
 「民主党の前原誠司前外相は26日、神戸市内で講演し、菅直人首相が原発政策見直しに意欲を示していることについて『今の民主党は少しポピュリズム(大衆迎合)に走りすぎている。私も日本が20年先に原発をなくすことは賛成だ。しかし、振り子が急激に脱原発に振れた時、皆さんの生活が一体どうなるか考えるのが本来の政治だ』と批判した。首相が主導した中部電力浜岡原発の運転停止についても『止めることの是非と、止め方の是非を後で検証しなければならない』と語った。菅政権が検討する消費増税などについても『日本がかかっているデフレという病気を脱却し、安定した経済成長に移るまでは増税すべきではない』と慎重な考えを示した」
 前原誠司前外相は、事実上、「謹慎中」の身であるにもかかわらず、それを敢えて押して、批判したのは、菅直人首相が、いわゆる常識線から逸脱して、ハチャメチャな行動に走り勝ち性格を持って、自制が聞かなくなる傾向があると見ているためである。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  2. 2

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  3. 3

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  4. 4

    NHK党・立花孝志氏 へずまりゅう擁立も「二度と信頼しない」と支持者が続々離脱

    女性自身

    09月23日 10:32

  5. 5

    専門家の感染者数予想はなぜ実数とかけ離れてしまうのか

    中村ゆきつぐ

    09月23日 10:26

  6. 6

    新型は納車2年待ちの「ランドクルーザー」 なぜ世界中で高い信頼を得られたのか

    NEWSポストセブン

    09月23日 13:25

  7. 7

    河野氏は論戦巧者 他の候補者3人がほぼ無防備な年金問題に手を付けたのは上手い

    ヒロ

    09月23日 10:39

  8. 8

    "シニア向け"商品をヒットさせるために絶対やってはいけないこと

    PRESIDENT Online

    09月23日 15:18

  9. 9

    「レジ袋の有料化」と「レジ袋の減少化」が生んだ本末転倒な事態

    自由人

    09月22日 22:07

  10. 10

    自民党総裁選⑽ 河野候補の発言で誤解を招かないように 党部会は日本型民主主義の根幹

    赤池 まさあき

    09月23日 11:26

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。