記事

インフレターゲットというお笑い(2)

原油安の恩恵を阻害しようとしている中央銀行について先日は書いた。

世界中の先進国のインフレ率が低下している。何も最近始まった現象ではないアメリカや日本では1990年代からインフレ上昇率の伸びが鈍化しているのだ。なぜなのだろうか。

以前紹介した ように、サービス価格は日本でもそれほど低下していないのが現実で(アメリカではこの分野がインフレ押し上げ要因になっている)、IT関連の製品や輸入されるような財の価格が低下しているのがインフレ上昇率が鈍化(もしくはデフレ状態)している原因である。

IT関連の分野は技術革新が激しいのでこの分野のモノの価格がどんどん下落しているのは容易に理解できる話だ。そして、昔に比べてはるかに安価な価格でパソコンにスマホ。タブレットなどを購入できるようになった。(昔はスマホなどなかったが。笑)

もちろん、IT関連のみならず家電製品もだ。こちらのほうはおそらく新興国の台頭の結果により安い労働コストによってより安価な価格で生産できるようになったことが大きいだろう。また機能がすでにかなりアップしてしまったのでこれ以上、新しい機能を付ける必要がなくなってきているというのも先進国よりも新興国で生産が行われるようになっている原因だろう。

いずれにしてもどちらも消費者にとっては多大なメリットをもたらしたことはいうまでもないし、数年前ならともかく円安不況に苦しむ今の日本人ならばたいていの人が理解できる事実だと思う。

なぜ物価が上がらないのか。それは世界市場が一体化しIT技術の進歩によって価格の透明性が増すことなどによってより自由で競争的な市場が実現しているからである。そして新興国の台頭によって多くのモノはより安い労働力によって生産されるようになっているからだ。

基本的にこれらは消費者としてのわれわれにとっては大きなメリットである。だから、我々は実はデフレ(あるいはインフレ率低下)によるメリットを享受しているのだ。(あるいは、してきたのだ)。誰がどう考えても20年前に比べて我々の生活は格段に便利になっている。

それがいつのまにかデフレ(低インフレ)のせいで経済が成長していないというやぶ医者の診断のもとにインフレ政策が実行されてしまった。その結果として物価は上昇し実質賃金は目減りし我々の生活は苦しくなっているのが現状だ。

成長に関しても先日書いた ように生産年齢一人当たりに直せばかなり優秀な成長率なのだ(一人当たりでもそんなに悪くない)。

格差や財政という問題をおいておけば、デフレや低インフレによる物価下落(安定)を我々は享受してきたし、実は経済成長も悪くなかった。これが現実なのだ。なのに、なぜか、「日本は20年にも及ぶ大不況に苦しんでいる」という誤った症状の認識のもとにインフレを起こせば経済が大復活するという誤った治療方法に基づいて大量の薬物が投与されているのが現実といえるだろう。

もちろん、これは日本だけの問題ではないユーロ圏でもアメリカでも同じようなことが起こっている。

世界経済がどのような結末を迎えるのかと想像すると恐ろしい限りである。

あわせて読みたい

「インフレ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「インチキはいつか必ずバレる」熱海土石流は人災か

    毒蝮三太夫

    07月29日 08:08

  2. 2

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

  3. 3

    集団免疫得られるワクチン接種率、70%程度では難しい=尾身会長

    ロイター

    07月29日 12:55

  4. 4

    五輪報道に「手のひら返し」と批判も オリンピックに沸くテレビ・新聞の報道

    ABEMA TIMES

    07月29日 09:54

  5. 5

    小池都知事“一人暮らしは自宅を病床に”発言に「一人で死ねってこと?」と怒り爆発

    女性自身

    07月29日 11:27

  6. 6

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  7. 7

    高校に通わなかった東大名物教授の独学勉強法 本や教科書は疑って読むクセ

    宇佐美典也

    07月29日 12:00

  8. 8

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  9. 9

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  10. 10

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。