記事

「市場原理」は人間の感情によって変化する

■「人間感情」によって変動する市場価格

 例えば、あなたの目の前に1万円の商品が売られているとしよう。
 あなたはその商品を買おうとして財布から1万円札を取り出そうとした瞬間、そこに2人(AとB)の客が現れて、それぞれ次のように言ったとしよう。

 「この商品、9,000円になりませんか?」

 「この商品1万円で買うよ。500円はチップとして支払うよ。」

 この3人の客を前にして、このお店の店主は誰にその商品を売ろうと考えるだろうか?

 答えは考えるまでもなく「」である。ではそれはなぜか? 「1番高く買ってくれるから」 それ以外に答えは見当たらない。
 
 ではここで決まった商品価格10,500円とは何だろうか? ある人はこう言うだろう。「それが市場原理価格だ」と。
 しかし、それは本当に市場が決めた価格と言えるのだろうか? もともと1万円で売られている商品の市場価値は1万円であり、「1万円という価格を市場原理が決めた」と言うのであれば、その通りかもしれないが、その商品は結果的に10,500円で取引されたわけだから、500円のプレミアムが付いたことになる。その500円は市場原理とは無関係に変動した市場原理の付加価格であり、その価格を決定した要因は、人間の感情と言うべきである。

 さて、なぜこのような出来の悪い例え話を書いたのかというと、前回の記事でも「デフレ」(経済現象)と「デフレ思想」(人間の感情)の違いを混同している人が少なからずいたと思われたからだ。
 私は平たく言うなら「人々の考え方によって市場原理は変わってくる」ということを述べたのだが、単に「デフレがどうのこうの」だの、「企業がどうのどうの」だの、筋違いな反論が多かった。
 「市場原理」については以前にも述べたことがあるので、詳しくはそちらの記事を参照していただくとして、例え話を続けよう。

■「市場原理」に優先する「人間感情」

 例えば、ある企業の経営者が、下請け企業2社(CとD)に対して競争見積もりを行い、次のように言ったとしよう。

 「この仕事の原価は100万円ですが、次の仕事も頼むという条件で利益無しの100万円でやってくれませんか?」

 こう言われた場合、CとDは何と答えるだろうか?
 この場合、業界の景気動向やCとDという企業の経営状況によっても大きく答えは変わってくるだろう。景気が良くて他にも仕事をたくさん抱えているような状況であるなら、わざわざそんな利益も出ないような仕事を受ける必要もないだろうし、逆に仕事が無くて困っているような経営状態であるなら、例え赤字受注でも二つ返事で引き受けるだろう。
 CとDという企業2社ともに経営状態が良好な場合、2社とも「無理です」と断ればそれで済む。その場合、100万円での取引は成立しない。しかし、問題はこの2社ともに経営状況が芳しくない場合だ。その場合、高い確率で100万円以下の見積もり競争ということになる。
 その原価割れ競争で決定した価格が、仮に90万円だった場合、その90万円という価格とは何だろうか? ある人はまたこう言うだろう。「それが市場原理価格だ」と。しかしそれが本当に市場原理価格と呼べるだろうか?

 重複するが、もう1度、繰り返そう。この取引での価格90万円を決定した要因とは、市場原理ではなく、人間の感情なのである。この感情には、取引先の要求を無碍に断れば、今後の取引も中止されかねないというような感情も含まれる。

■「市場」も「人間」も不完全なもの

 100万円の原価がかかる仕事なら100万円を境にして、100万円以上で決定される。それがまともな市場原理が機能した価格である。100万円の原価がかかる仕事を100万円以下で決定されるなどというのは、市場原理が決めているのではなく、人間の感情こそが決めているのである。

 ここでニヒルにこう言う人もいるだろう。

 「その2社が100万円で儲けにならなくても、よそ(例えば中国)でなら可能でしょ。」

 なるほど、確かにグローバルな視点に立てば、中国も日本も同じ市場であるわけだから、市場原理に照らせば、人件費の安い国に仕事を発注することは理に適っているとも言えるだろう。しかし、もしその市場原理が完全なものであるなら、日本で行われている仕事(主に製造業)の大部分は中国で行うということになり、日本国内はほとんどもぬけの殻ということになってしまうが、実際はそうはなっていない。
 中国で行えるような仕事であっても日本で行われている場合も多々ある。市場原理が完璧なものであるなら、なぜそうなるのか? その場合も、市場原理以前に最終的な決定を下しているのは人間の曖昧な感情だからである。1円でも儲かるのであれば全て中国で行うというわけではなく、ある程度のマイナスは許容しようというような人間感情があるからこそ、日本国内に留まっている仕事もあるわけだ。

 市場が完璧なものであるなら、利益がマイナスになるような価格などが付くはずがないが、実際にはそういった価格も発生する場合がある。損をして得を取れならまだ良いが、世の中には、損をして得にならないような仕事もある。その一事をもってしても既に市場は不完全なものであることを如実に物語っている。市場というものを支配しているのは人間の感情であり、人間が不完全である限り、市場も完全では有り得ない

 しかし、だからと言って、市場を否定するのは更に始末が悪い。不完全な人間が市場を動かそうとすることは、市場に任せるよりも性質(タチ)が悪い。その理由は同じく、人間は市場を理解できるほど完全なものでは有り得ないからだ。

 市場価格などというものは人間の感情によって、いとも容易く歪められてしまう。ゆえに、人間の考え方が変われば、市場も変わる。完全には成り得ないが、少しは生き易い世の中にすることは可能だと言う意味で前回の記事を書いた。
 モノの値段を本来の価値以下に引き下げる原因の1つが、人間のマイナス感情にあるということが間違っていると言うのであれば、それを納得できるように論理的に証明していただきたいものだ。

あわせて読みたい

「市場原理」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    「官邸TV監視」赤旗スクープ称賛

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  6. 6

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  7. 7

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  8. 8

    岡村隆史が結婚「素敵な方です」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  10. 10

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。