記事

ソーシャル時代に求められる”ファクトチェック”メディア

画像を見る

Duke’s Reporters’ Labが、世界のファクトチェックメディアの数が増えていると伝えています。2014年5月に行った調査では、アクティブ* なファクトチェックメディアは59ありましたが、2015年に入り、その数は89に増えているそうです。すべてのファクトチェックメディアのリストは、Duke’s Reporters’ Labのページで見ることができます。

*過去2〜3年のうちでアクティブなメディアの数。その時点でアクティブだったものは、2014年5月で44、2015年の調査で64。

ファクトチェックメディアとは、その名の通り事実確認を行うメディアのこと。政治家の発言が正しいかどうかのチェックや、オバマ大統領の政策公約達成度を追跡する「オバメーター」を行う「PolitiFact」が有名です。PolitiFactは、2009年にはピューリッツァー賞を受賞しています。

画像を見るPolitiFact

今回調査した89のファクトチェックメディアのうち、56のメディアは新聞やテレビが持つもの。残りの33は、ファクトチェックを専門に行っているとのこと。また約3分の1にあたる29のメディアは、オバメーターのように政治家の公約が守られているかを調べており、事実確認を行う対象としてはやはり政治が多いようです。

ソーシャルメディアやバイラルメディアによって誤った情報、あるいは間違いではないけれど”切り取られた事実”が広まりやすくなった――ファクトチェックメディアが増えた背景には、そのような現状があるのではないかと思いました。

ちなみに、調査によれば日本にはファクトチェックメディアはありません。日本の政治報道は政策よりも政局に寄りがちだと言われますが、ファクトチェックメディアの登場によって、報道の目をより政策に向けることができるのかもしれません。

画像を見る

画像を見る

(via Duke’s Reporters’ Lab

あわせて読みたい

「ウェブメディア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

  2. 2

    瞳から家バレ 襲われたアイドル

    阿曽山大噴火

  3. 3

    緊急事態の効果示したテレ朝番組

    水島宏明

  4. 4

    東京の移動減少はすでにNY以上か

    篠田 英朗

  5. 5

    リーマン当時と違う業界別壊滅度

    Chikirin

  6. 6

    都からの移動者 厳しい対応必要

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    買い溜めで混乱 姿を消す食品は

    BLOGOS編集部

  8. 8

    コロナの国難にも他人事な政治家

    松田公太

  9. 9

    NY化近づく東京 野党の姿勢危惧

    青山まさゆき

  10. 10

    政府は医療現場の現実見ているか

    やまもといちろう

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。