記事

米成人ネットユーザーの7割が「フェイスブック利用者」 今後はどうなる?

ICT総研が行った調査によると、日本のSNS利用者は2014年末に6023万人。このうちフェイスブックを利用していると答えた人の割合(複数回答)は39.9%で、LINE(47.6%)、ツイッター(41.9%)に次ぐ人気でした。

一方、米国ではフェイスブックの利用者が圧倒的に多いようです。ピューリサーチセンターの2014年の調べによると、成人ネットユーザーの71%の人が利用しており、リンクトインやピンタレスト(ともに28%)、インスタグラム(26%)やツイッター(23%)よりもかなり普及しています。(文:沢水 蛍)

米国では若い世代で「実名疲れ」の兆しも

出典:ピューリサーチセンター

出典:ピューリサーチセンター

調査結果には、その内訳まで記されています。男女別では男性の66%に対し、女性は76%もの人がフェイスブックを利用しており、女性の方が10ポイントも高いそうです。

年収別で見てみると、年収350万円以下の人のフェイスブック利用率が77%、350~579万円が69%、580~869万円が74%、870万円以上が72%となっています。中間層の350~579万円で利用率が低いのは、仕事が忙しすぎるからでしょうか。

学歴別に見ると、最終学歴が高卒・高校中退の人のフェイスブック利用率は70%、大卒の人は71%、大学院など大卒以上の人は74%で、学歴とともにわずかに利用率が上がる結果となりました。前年度比では、大卒以上の利用率が6ポイントと大きく伸びています。

この傾向から見て、日本でもフェイスブックの普及率はもっと上がるといえるでしょうか? その余地は大きいようにも見えますが、その一方で米国では、上記調査ではカバーしていない若い世代で「実名によるフェイスブック疲れ」が見えるようです。

Mediumには19歳の男性の声として、フェイスブックは「僕らにとっては死んだようなもの(It’s dead to us.)」「退席できない厄介な家族のディナーパーティ」という酷評が掲載されています。

その一方で、写真共有SNSのインスタグラムは「僕らの世代で最も使われているソーシャルメディア」だとか。短時間で消える写真や動画を親しい友人同士で送り合うスナップチャットも、「社会的プレッシャーの少なさ」で人気があるといいます。

(参照)Demographics of Key Social Networking Platforms (Pew Research Center)

関連記事

あわせて読みたい

「Facebook」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  2. 2

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  3. 3

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  4. 4

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  7. 7

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  8. 8

    中国が支配するディストピア 香港の大量国外脱出「英国だけでも5年で最大83万人超」予測

    木村正人

    08月02日 18:29

  9. 9

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  10. 10

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。