記事

ミス・レバノンとミス・イスラエルのグループ写真、物議を醸す

リンク先を見る

先日開かれたミス・ユニバース2015でイスラエル代表のドロン・マタロンさんの自分撮り写真はレバノンで物議を醸した。写真にレバノン代表のサリー・ジュレージュさんが割り込んだからだ。一部のレバノン人はこれに不満で、サリー・ジュレージュさんの出場権の取り消しを求めた。ロイター通信が18日に伝えた。

厳格に言えば、イスラエルとレバノンの国境地帯は2006年に大規模な衝突が起こった後、衝突が少なくなったが、現在も戦争状態にある。レバノンの法律によると、レバノン人はイスラエル人と連絡を取ってはいけず、両国間の通商も全面的に禁じられている。これに基づき、一部のレバノン人はソーシャルメディアでジュレージュさんの出場権の取り消しを求めた。

これに対し、ジュレージュさんは「ドロン・マタロンさんが勝手にグループ写真に割り込んだ。ミス・ユニバース2015に参加した初日から、イスラエル代表との言葉のやりとりなどをできるだけ回避するよう気をつけていたが、彼女は私と一緒に何度か写真を撮ろうとした。日本代表とスロベニア代表と一緒に写真を撮ろうとしていたら、突然イスラエル代表が割り込んできてセルフィーを撮り、自分のソーシャルメディアに掲載した」と弁解した。

リンク先を見る

■関連記事
チョウ・ユンファ、空港でファンと自撮り 妻が搭乗するよう催促
「十万個冷笑話」、興行収入が1億元を超え、インターネット文化が映画化
グーグルグラス販売中止、ウェアラブルデバイス産業はグレードアップを迎える
チャイナ・テレコム、メキシコ進出、100億ドル以上の無線ブロードバンドプロジェクトに入札
ロシア企業と銀行は香港市場に注目-ロシアメディア

あわせて読みたい

「レバノン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  2. 2

    ドラゴンボールが儲かり続ける訳

    fujipon

  3. 3

    元慰安婦団体なぜ内部分裂したか

    文春オンライン

  4. 4

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  5. 5

    元自民議員 安倍政権長く続かず

    早川忠孝

  6. 6

    コロナ対策成功は事実 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    報ステ視聴率危機? テレ朝に暗雲

    女性自身

  8. 8

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  9. 9

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  10. 10

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。