記事

Franceにおける中絶合法化40周年

ベイユ法と呼ばれる中絶合法化法(IVG)が施行されたのが1975年1月17日、その40周年を記念して、フランスの国民議会サイトは特集ページを設けている。

ベイユ法と呼ばれるのは、もちろんシモーヌ・ベイユが保健相として主導したことに由来する。

上記の特集ページによれば、フランスで中絶が禁止されたのは1556年にさかのぼるが、ナポレオン法典でも拘禁または罰金をもって刑法上の罪とされていた。
その後も、第一次大戦後の出産奨励により中絶禁止が強化され、Vichy体制下でも強化された。

戦後、女性の性的自己決定権が次第に承認されるようになった世界的な潮流の中で、ピルの解禁が1956年にドイツで、1960年にアメリカでなされ、1967年にはフランスでもloi « Neuwirth »がピルを解禁した。
このピル解禁は中絶の事前防止という目的もあったが、その当時、毎年30万人もの女性が非合法中絶あるいは隣国での中絶を行っていて、その防止にはつながらなかったという。

中絶解禁への歩みは、1960年頃からの女性解放運動の中で進み、1973年には中絶と避妊の自由化を求める運動が組織された。

1971年には« Manifeste des 343 »という、343人の女性たちが中絶経験を公にすることや、1973年には« Le Manifeste des 331 »という、331人の医師たちが中絶を施術したことを公にするというNouvelle Obsの特集が組まれた。これらはいずれも刑事罰を受けることを覚悟した告白である。
さらに、1972年、16歳の少女が強姦ののちに中絶したことを持って訴追され、無罪となる事件が起こり、Marie-Claireのボビニー訴訟と呼ばれた。彼女自身は無罪釈放されたものの、家族の中絶幇助は執行猶予付き有罪判決を受けた。

1974年7月、ジスカールデスタン大統領は中絶を理由とする訴追を行わない旨を表明し、恩赦法が制定されたが、なお刑事上罰すべきとの法制度自体を廃することが求められ、同年末に議会で中絶禁止の削除法案が可決され、40年前の1月17日に発効したのである。

実はこの当初の法律は5年間の時限立法で、最終的に中絶を自由化するかどうかはさらなる審理に委ねられていた。そして最初の10週のうちは中絶ができることを最終的に認めた法律は1979年に制定されている。

40年が過ぎて、女性の中絶に対する権利が基本的な権利であることの認識はすっかり定着し、2014年11月26日には、国民議会において中絶に対する権利が再確認される決議がなされている。
この決議を主導した議員グループの筆頭がカトリーヌ・クテル議員で、ポワチエ選出の下院議員さんだ。

個人的には、井上匡子・神奈川大学教授およびモネ・ポワチエ大学教授とともに、昨年春にクテル議員に面会し、フランスの女性と法の問題に関する意見交換を行えた。貴重な機会だった。

画像を見る

あわせて読みたい

「フランス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  2. 2

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  3. 3

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  4. 4

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  7. 7

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  8. 8

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  9. 9

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  10. 10

    世界初の自動運転「レベル3」登場も複雑化する使用条件

    森口将之

    08月03日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。