記事

歴代総理の「阪神淡路大震災追悼式典」への欠席に思う

阪神淡路大震災から20年の今日、安倍総理は中東歴訪の為に記念式典を欠席する。

私は震災10年目に兵庫県会議員となり、以来、15年目は国会議員としても式典に参列をしてきたが、私の在任中は自民党政権下で総理がこの式典に参加したことはなく、いつも「代読」だった。

その度に何か軽んじられている感じがして、違和感を持った。

15年目は民主党政権下であり総理が出席している。

その折には皇太子ご夫妻も参列し、子どもを亡くした遺族の方の思いに、雅子様が涙を拭われていたことが印象的でもあった。

以前にも書いたが、多くの国民が心を寄せる日は、少なくとも政治関係者は行事や予定をぶつけてはならないと思う。

「どうしてもこの日」でなければならないのだろうか。

「それ以上に大切なこと」なのだろうか。

「20年」という月日を考える。

例えば私は終戦から20年目に生まれた。

戦争を感じさせるものはほぼなかった。

「20年」は街の傷つきの記憶を忘れるに十分な時間かもしれない。

だからこそ、なのだ。

国のリーダーは大切なこの日、犠牲となった多くの方々、そして阪神淡路大震災だけでなく、この国で災害にあい、苦しい思いをしている人々と心をかわすことが必要なのだと思う。

そして、「幸せ運べるように」と支え合って来た人々に心からの敬意を示すべきなのだ。

あわせて読みたい

「阪神・淡路大震災」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。