記事

弁護士を盗撮すると違法

<肖像権侵害>弁護士を盗撮、探偵業者に賠償命令 京都地裁
報道によれば、裁判所が「弁護士はいつ、どこで、誰と接触しているか第三者に知られるのを嫌う職業で、弁護士まで撮影する必要性は非常に乏しい」と述べたという。

弁護士が誰と接触しているか秘密にしたいということ自体、微妙であり、一概にそのように言えるのか怪しいものだ。強いて言うならば、弁護士と依頼人との間の秘匿特権であり、これは刑事法上も民事法上も保護されている。
しかしながら、そのことは、特に肖像権を強化する理由とはならないように思われる。

強いて言うなら、弁護士の職務上の秘密は民法709条にいう法的に保護されるべき利益に当たると言えるかもしれない。しかしそのような解釈を取るとすれば、実質的に保護に値する秘密であることが前提として必要であり、仕事中の弁護士と知っていたというだけでは足りない。

上記の判決が具体的にどう判断しているのかは報道だけからはわからないので、確定的なことは言い難いが、肖像権侵害という構成には問題が多い。

あわせて読みたい

「盗撮」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  2. 2

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    タクシーのマスク強制が嫌なワケ

    永江一石

  4. 4

    トランプ氏の側近3人 暗躍失敗か

    WEDGE Infinity

  5. 5

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    田代まさし闘病で収監延期の現在

    SmartFLASH

  7. 7

    タワマン強盗の恐怖を被害者激白

    NEWSポストセブン

  8. 8

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  9. 9

    鬼滅旋風で頭抱える映画配給会社

    文春オンライン

  10. 10

    橋下氏「否決なら住民投票無効」

    橋下徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。