記事

なぜ男性は不幸で女性は幸福か?

なぜ男性は不幸で女性は幸福なのだろうか?

今年のアメリカの年末商戦はかなり好調だったようだ。 だが、同時にかつてないほどの厳しい値引き競争だったともいわれているようである。

なるほど…。

値段が下がれば需要は喚起される。消費は活気づく。それはどこの国でも同じのようだ。

もちろん、売れないから値段を下げる場合よりも、供給側が頑張ってコストカットを行って値段を下げた場合に消費者にとっては実質ベースでそれは収入の増加(使えるお金が増える)ことを意味するからより消費は活気づくだろう。

おそらく、ネットの普及・進歩によって容易に価格を比較することが可能になったので売る側は今まで以上に厳しい値下げ競争にさらされているようである。まあ、日本も同じだ。

もちろん、これは労働者にとっては大変なことで、より効率的に仕事をすることが求められる。より厳しい客からの要求にこたえていかなければいけないことを意味するわけだ。

市場がより非効率であった時代とかなり効率的になっている時代との差ということだろうと思う。

状況は日本でも同じだろう。

とすると…。なるほど世界中どこでもそうだが、特に日本では主となって働くのは男性である場合が多い。ビジネスの社会はますます厳しい競争にさらされ、労働者はより会社に貢献することが求めらている。客からの要求も厳しくなっている。コストという観点からは新興国の安価な労働者に単純労働のみならず頭脳労働においても競争にさらされている。

なるほど、こんな状況で男性は幸福にはなれないだろう…。「サラリーマンは気楽な稼業」な時代とは全く違うようだ。

一方で、消費者の側からしたらどうだろうか?

同じ収入でより多くより安く変える時代だ。選択肢の対象もたくさんある。消費者にとってはますます夢のような時代。楽しくて仕方がないだろう。贅沢をするにしても、ケチるにしてもだ。

もちろん、特に日本では消費は女性の役割。

そりゃ女性のほうが楽しいに決まっているし幸福度も高いだろう。

だから、男性は不幸になるし女性は幸福になる。もっといえば、労働者は不幸だし消費者は幸福な時代ということなのではないだろうか?

あわせて読みたい

「幸福度」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    豊田章男氏が断言「雇用を守る」

    片山 修

  2. 2

    緊急事態宣言も緊迫感ない芸能界

    渡邉裕二

  3. 3

    コロナより東京五輪重視したツケ

    WEDGE Infinity

  4. 4

    東京都が休業を要請する施設一覧

    AbemaTIMES

  5. 5

    反日中国人にも愛される蒼井そら

    PRESIDENT Online

  6. 6

    給付制度に橋下氏「分からへん」

    橋下徹

  7. 7

    国民の理解得ぬコロナ議論は不毛

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    石破氏 緊急事態煽る報道に疑問

    石破茂

  9. 9

    野党共闘を牽引する山本太郎氏

    内田樹

  10. 10

    どうぶつの森を使い中国に抗議か

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。