記事

厚労省の「年金の世代間格差」についてのマンガに批判が殺到(イケダハヤト)

厚労省がウェブサイトにアップしている「世代間格差の正体~若者って本当に損なの?」というマンガに批判が殺到しています(参考リンク:ツイッター検索)。

「今の若い世代が豊かに暮らしている」?

個人的に資料のなかでまず気になったのは、「今の若い世代が豊かに暮らしている」という点。

画像を見る

そのおかげで今の若い世代が豊かに暮らしていることを考えると

受け取る年金に差があったとしてもそれだけで若者が損とは言えないと思いませんか?

登場人物の女性は「確かにあたしたち好きな大学に行かせてもらってるしなあ」と納得しています。

が、そういった恵まれた人もいる一方で、奨学金の返済に苦しんでいる方々も増えています。生活に困窮している若者が増加していること、申請すれば保険料の減免も可能であることについても、ぜひともマンガ内でアナウンスしてほしかったところです。

「結婚してたくさん子どもを産めばいいのよ」?

また、「結婚してたくさん子どもを産めばいいのよ」という発言も気になるところです。

画像を見る

マンガの中では「これからの日本を支える若い人達が 安心して子どもを生み育てられる社会にすることも必要ですね」という発言もありますが、感情的には「無茶を言わないでください」と言いたくなってしまいます。

この発言に関連して、日本は諸外国に比べて「家族関係支出」のGDPが低いことも知られています(内閣府サイトより)。調査『若者の住宅問題』では、低所得であるがゆえに実家を出られない若者が数多くいることもわかりました。首都圏では待機児童の問題も根深く、若者が「結婚してたくさん子どもを産む」ことができる社会には、まだまだ程遠いといえるでしょう。

画像を見る

違和感を抱く一方で、「世代間格差」という観点で「老人=悪」という反発感情を抱くことは避けなければいけない、という文脈には同意できます。若者VS老人、という対立軸を描いても、明るい未来は描けない気がします。

すでに多く語られていることですが、経済成長・人口増を前提にした制度設計からバージョンアップすることが求められているのでしょう。このマンガをきっかけに、年金制度、社会保障制度はどうあるべきかの議論が進むことを期待します。

最後に、「少子高齢化、ライフサイクルと公的年金財政」などの研究がある中田大吾さんのツイートも転載させていただきます。考えを整理するよき材料となるかと思います。

あわせて読みたい

「格差社会」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  3. 3

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  4. 4

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  5. 5

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  6. 6

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  7. 7

    「"おじさん構文"でも大丈夫」部下とのLINEが苦手な人がやるべき"シンプルな解決策"

    PRESIDENT Online

    07月31日 09:40

  8. 8

    全国の新規感染者が1万2000人超、4日連続で過去最多

    ABEMA TIMES

    07月31日 20:13

  9. 9

    ゆうちょ銀行 東証の新区分プライム市場に不合格 上場株式は量よりも質の時代へ

    川北英隆

    07月31日 09:49

  10. 10

    「彼らを誇りに思う」アイリスオーヤマ会長が感激した"クビ覚悟"という社員の行動

    PRESIDENT Online

    07月31日 14:54

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。