記事

アメリカにおけるソーシャルメディア動向——ネットユーザーの7割がフェイスブック利用

画像を見る

(出典:ピュー・リサーチ・センターより)

65歳以上のネット利用者の半数がフェイスブック利用

ピュー・リサーチ・センターが1月9日に公開した調査によれば、アメリカにおけるネット利用者(成人)の7割がフェイスブックを使っているとのことです(N=1597)。上のグラフを見てみると、リンクトインとピンタレスト、インスタグラム、ツイッターは横並びとなっています。

先日、「ウェブメディアに一番アクセスをもたらすソーシャルメディアは『フェイスブック』——2位ピンタレストの4倍以上」という記事でもフェイスブックが強いなと感じたのですが、利用者がそもそも多いことからでしょうか。

なお、これまでの調査のなかではじめて、65歳以上のネット利用者の半数がフェイスブックを利用し、同じくはじめて18〜29歳のネット利用者の半数以上がインスタグラムを利用する結果が出ました。

画像を見る

(出典:ピュー・リサーチ・センターより)

フェイスブック利用者の人口統計も出ています。女性のほうが割合が多いことや、18〜29歳の割合もそれほど落ちていないのが意外でした。

画像を見る

(出典:ピュー・リサーチ・センターより)

利用頻度も興味深いです。フェイスブック利用者の7割が毎日利用していること、インスタグラムも5割とかなり多い数字を記録しています。

画像を見る

(出典:eMarketerより)

急進するスナップチャットとインスタグラムの割合

また、eMarketerによるSNS利用者への2012〜2014年の調査では、9割がフェイスブックを利用、4割がツイッター、グーグルプラスといった感じです。ただここ3年ではフェイスブックの割合は微妙に(3%)減っています。

ここ3年ではスナップチャットは2%から18%といちばんの伸びを記録。インスタグラムも15%から32%と順調に伸びていることがわかります。

年代別のデータでは、18〜19歳のグループはほかの年代とは異なる結果となっており、インスタグラムやスナップチャット、タンブラー、ティンダーなどの利用が50%を超えています。

別のピューの調査では、フェイスブックはアメリカ成人の30%にニュースを配信しているといった興味深いデータもあります。「YouTubeを使用するアメリカの成人の50%のうち、10%はそこでニュースを見ている」というのもスマホ時代ならなのかもしれません。

引き続き、国内外問わずメディアまわりのデータは押さえていきたいところです。


2015年のメディアづくりに参考になりそうなスマホや動画に関するデータ10選 - メディアの輪郭

2018年には米広告費の26%を占めるモバイル広告、半分以上が表示されないディスプレイ広告 - メディアの輪郭

あわせて読みたい

「Facebook」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    内側から見た西野サロンの炎上

    森山たつを / もりぞお

  2. 2

    「支持できない」枝野代表に直撃

    たかまつなな

  3. 3

    生活保護を含め制度改善が必要

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    裕福な高齢者層 TVは消費を煽れ

    毒蝮三太夫

  5. 5

    マルチで家庭崩壊…勧誘法に愕然

    fujipon

  6. 6

    ゲームストップ株暴騰 市場の宴

    ヒロ

  7. 7

    神社の行事負担に町内会「限界」

    紙屋高雪

  8. 8

    銀座クラブ報道に蓮舫氏「迷惑」

    立憲民主党

  9. 9

    通勤電車に触れぬマスコミの事情

    川北英隆

  10. 10

    菅首相を推した田原氏が語る失望

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。