記事

新党「日本を元気にする会」の発足!

どんな政党ですか?

一言で答えるとしたら「国民と向き合い、議論し、その結果を尊重する党」です。

「他のどの政党も国民の為と言っているじゃないか」と思われるかもしれません。

しかし、私たちは再選したいから、選挙で勝ちたいから、といって甘い言葉だけを羅列するようなことはしません。

この国の将来を真剣に心配している皆さんと共に、自立自尊の精神で、厳しい課題も先送りせず、正面から取り組んでいきたいと考えています。
その為には国民への各重要政策の徹底した解説、そして話し合いが必要になります。

そのプロセスを経なければ、国民主権の民主主義とは言えませんし、自分たちが決めたこととして身を削ってでも頑張ろうと思えなくなるからです。

そこが今までの政党と圧倒的に違うところだといっても過言ではないでしょう。

現在の日本型間接民主制の問題を修正するためにも、補完的に直接民主制の考え方を取り入れて政策を推進していきたいと思っています(その具体的なオペレーションは、1月20日に予定されている記者会見の場で説明をさせて頂きます)。

以上のことをぶれずに実現するためには、参加する国会議員の質が大変重要になります。

そこで、今回重視したのは「政治屋」ではない「真の政治家」でメンバーを構成していくということ。となると、其々が民間の世界で真のプロフェッショナルとして活躍してきた議員だけに絞る必要があります。正論を言って改革を推し進めるのは並大抵のことではありません。潰される可能性が高くなります。最後まで闘って残念ながら国会議員でいられなくなった場合。民間の世界に戻って、しっかりと生活をしていける自信がないと、再選だけを気にする政治屋になってしまうのです。

今回集まった最初の5人の顔触れを見て頂ければご理解いただけると思います。

これ以上の詳細については1月20日にしっかりと説明をさせて頂きます。

私が国会議員になった直後から温めてきた構想を形にするために、国民の皆様とこの新党を育てていきたいと思っています。

この国をもう一度元気にしたい!という想いのもとで一所懸命やりますので、益々のご支援を宜しくお願い申し上げます!

あわせて読みたい

「日本を元気にする会」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    米ロ間で緊迫するウクライナと状況が似ている日本 国家戦略が乏しい“平和ボケ”の現状

    宇佐美典也

    01月25日 12:00

  2. 2

    年金が0.4%引き下げされてプンプンお怒りの皆さまへ

    永江一石

    01月25日 16:27

  3. 3

    「芸能改革元年」なるか 公正取引委員会が芸能界を狙い撃ち?

    渡邉裕二

    01月25日 09:01

  4. 4

    日本政府は歴史の事実をしっかり世界に説明する勇気と度量を持つべきだ

    深谷隆司

    01月25日 10:29

  5. 5

    男子高校生に暴行の男は、優先席に寝転んでたばこを吸っていた 父親の怒り

    ABEMA TIMES

    01月25日 09:16

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。